Page top

New

E3ASシリーズ

距離設定形光電センサ

E3ASシリーズ

搬送ラインに最適な50-1,500mmの検出範囲、TOF方式を搭載しワークを選ばず安定検出できる光電センサ    ※コード引き出しタイプ、M8/M12 コネクタ中継タイプは、2019年12月発売予定です。

※ Web特別価格提供品

クラス最小・最長1,500mmの検出距離

TOF方式を搭載し、ワークの特徴を問わない高い検出安定性と、業界初のセンサ検出面に施した防汚コーティングの効果を動画で紹介

反射形光電センサの使い方が変わる

これまでの反射形光電センサは、「検出距離が短い」「ワークの色の影響で誤検出する」「センササイズが大きい」といった課題があり、使用用途は限られていました。TOF方式を採用したE3AS-Fなら、これらの課題を解決し、「搬送物の色や形が異なる多品種搬送ライン」や「センサの設置スぺースに制約がある組み立てライン」など、反射形光電センサの使用用途を拡大します。
※コード引き出しタイプ、M8/M12 コネクタ中継タイプは、近日発売予定です。

E3ASシリーズ 特長 1

ワークを選ばず安定検出できるTOF方式

E3ASシリーズ 特長 2

この1機種で分岐、合流搬送ラインを設計

E3AS-Fは色、材質の影響を受けずに設定距離で検出するためワーク毎の評価や調整時間を削減します。
さらに透過形、回帰反射形と比べて取りつけ工数を1/2にできるので、立上期間を短縮することができます。

E3ASシリーズ 特長 3

組み立てラインの取りつけ制約を解消

組み立てエリアにセンサが設置されていると、工具やワークとの衝突で、センサの故障や光軸のズレにより誤検出が発生していました。E3AS-Fなら長距離検出により、組み立てエリア外から検出できるので、不要なトラブルによるライン停止頻度を削減。また、小型サイズにより場所を選ばず設置が可能です。

E3ASシリーズ 特長 4

選定・設定時間を短縮

E3ASシリーズ 特長 5
E3ASシリーズ 特長 6

センサ清掃時間と交換頻度の削減

E3ASシリーズ 特長 7
E3ASシリーズ 特長 8

立ち上げ・段取り替え時間を短縮

E3ASシリーズ 特長 9