Page top

E3S-DC

カラーマーク光電センサ

E3S-DC

包材を選ばないカラーマーク検出能力。細い投光ビームと大型レンズ搭載で、傾きの多いワークでも安定検出

※ Web特別価格提供品

受光範囲が広いから光沢包材も余裕

真上からの簡単設置でアルミ蒸着の光沢包材を安定検出

E3S-DC 特長 1

反射率99%の光学ミラーでも飽和しないハイダイナミックレンジ(広い受光範囲)

飽和しない受光範囲を調整レスで実現

高輝度RGB3色LED投光素子の搭載によって投光量が飛躍的に向上。一方、ノイズ量はファイバセンサに搭載されたSmart Noise Reduction技術の応用で低減したことにより、光量の調整なしで鏡面でも飽和しないハイダイナミックレンジを実現しました。

E3S-DC 特長 4

※光学ミラー、アルミ蒸着包材は最大受光量となる距離(13mm)で測定、グレースケールは最小受光量となる距離(7mm、もしくは13mm)で測定。

高いS/N比で微妙な色差を判別

わずかな色差しかない同色系の色も安定検出

E3S-DC 特長 5

わずかな色の違いを見極める高S/N比システム設計

高S/N比を生み出す3つのN-Smartテクノロジー

ファイバアンプは高輝度白色LEDで、光電センサは高輝度なRGB3色LEDと高効率光学系の設計で、ハイパワーを実現。さらに、受光アルゴリズム「Smart Noise Reduction」と、高速高精度IC「N-Core」により、ノイズの影響が劇的に低減しました。受光量が増えノイズが減ることで、微妙な色差でも高いS/N比を得ることが可能になりました。

E3S-DC 特長 7

包材印刷色ばらつきの可視化で問題解決がスムーズに

包材印刷色のばらつきに対応し、ダウンタイム削減に貢献

E3S-DC 特長 8

色のばらつきを見える化するRGBデータ伝送機能

ロットごとにカラーマークや下地のRGB情報を上位に伝送し、定量化。データベースで管理することにより、最適なしきい値の設定や、問題発生時の早期原因解明が可能になります。

立ち上げ時

従来、立ち上げ時のしきい値設定は熟練者の知見に頼っていましたが、包材のRGB比率を登録することで、最適な設定が可能になります。

メンテナンス時

センサ誤検出時に、包材ロットによるばらつきが発生しているかどうかを数値で確認でき、原因の把握と対策が容易になります。

E3S-DC 特長 12