本文

統合プラットフォーム

オートメーションの統合
Sysmacオートメーションプラットフォーム

A fully integrated platform ~オートメーションのすべてを統合へ~

オートメーションの構築に必要なさまざまな機器をひとつにつないで制御し、一つのソフトウェアで管理。Sysmac オートメーションプラットフォームはこのようなコンセプトのもと、マシン内の制御ネットワークに接続された機器と、製造現場の情報通信ネットワークをシームレスに接続します。
さらに、これらの機器はオートメーションソフトウェア Sysmac Studioで一元的に操作が可能で、開発生産性の高いプログラミング環境を実現しています。

オートメーションの統合 NJ/NXシリーズを動画でみる

オートメーションプラットフォーム
  • データベースサーバと直結
  • サーバとの通信に障害が発生しても、自動スプール機能によりデータ欠損を防止
  • ビッグデータにも対応可能な1000エレメント/100msのアクセススピードで、生産性向上、予防保全に貢献

* 参考値です。

オートメーションプラットフォーム
 
  • コントローラと同期した高精度なマシン制御が可能
  • 国際標準規格PLCopenRに準拠したファンクションブロックとオムロンオリジナルの多彩なモーションファンクションブロック
オートメーションプラットフォーム
  • セーフティを統合し、生産性と安全性を両立
  • PLCopenR準拠のファンクションブロックで安全回路を部品化し、標準化・再利用することで設計効率を大幅に向上
  • 高速高精度なセンシング技術が高速な制御周期を実現
  • 形状サーチテクノロジーにより、対象を正確に安定して検出
オートメーションプラットフォーム
  • 1台のコントローラで8台までのパラレルリンクロボットを制御
  • ロボティクスファンクションブロックで簡単に制御プログラムを作成
  • コントローラと同期した精密な位置検出が可能
  • オンラインでセンサパラメータの設定や、予兆保全に役立つセンサ出力のモニタリングが可能