Page top

E2EW

溶接工程向け近接センサ

E2EW

鉄とアルミが混在しても安定検出。GOOD DESIGN AWARD 2019受賞

※ Web特別価格提供品

近接センサ形式検索

検出距離/材質/サイズなどの必要な条件を選んでいくだけで近接センサの形式を検索できます。

警告表示の意味

E2EW ご使用の前に 2

図記号の意味

E2EW ご使用の前に 3
E2EW ご使用の前に 4

安全上の要点

以下に示すような項目は、安全を確保する上で必要な項目ですので必ず守ってください。

(1)引火性、爆発性ガスの環境では使用しないでください。

(2)製品の分解、修理、改造をしないでください。

(3)定格電圧範囲を超えて使用しないでください。定格電圧範囲以上の電圧を印加すると、破壊したり、焼損したりする恐れがあります。

(4)電源の極性など、誤接続しないでください。破裂したり、焼損する恐れがあります。

(5)負荷なしで電源を直接接続すると内部素子は破裂したり、焼損する恐れがありますので、負荷を入れて配線してください。

(6)この商品は該当する規制(法令)に従って廃棄してください。

使用上の注意

定格を超える周囲雰囲気・環境では使用しないでください。

使用環境

(1)下記の設置場所では使用しないでください。
        ①屋外(直射日光・雨・雪・水滴等の直接かかる場所)での使用。
        ②化学薬品、特に溶剤や酸性の雰囲気での使用。
        ③腐食性ガスがあるところでの使用。

(2)高周波電界を発生するような超音波洗浄装置、高周波発生装置、トランシーバ・携帯電話やインバータなどの近くでは誤動作することがあります。代表的な対策は「共通の注意事項」を参照してください。

(3)高圧電線、動力線と近接センサの配線が同一配管あるいはダクトで行われると誘導を受け、誤動作あるいは破壊の原因となる場合もありますので、別配管または単独配管でのご使用をお願いします。

(4)清掃について
        シンナー類は、製品表面を溶かしますので、使用しないでください。

(5)温度環境の影響で電源投入時に出力誤パルスが発生する場合があります。ご使用の際には、電源投入より300ms経過後の安定した状態でご使用下さい。

(6)高精度にセンサが調整されていますので、急激な温度変化を与えないでください。また、急激な温度変化のある環境でのご使用は控えてください。

(7)当社のIO-Link マスタで動作確認をしています。他社のIO-Linkマスタでご使用の場合は、事前に動作確認をしてください。

(8)IO-Link非対応機種をIO-Linkマスタに接続する場合はSIOモードで接続してください。

(9)IO-LinkモードではIO-Linkマスタとセンサ間のコード長は20m以下としてください。

(10)油圧シリンダや油圧バルブなど、検出面に定常的に圧力がかかるような埋め込み状態での使用はできません。

設計時

周囲金属の影響

近接センサを取り付ける際には、下表に示した値以上でご使用ください。
ナットを使用する場合は、本体付属のナットを使用し、検出面からナットまでの距離を下表の寸法L以上としてください。
周辺金属が他の非磁性金属の時も、アルミ材と同様の影響を受けます。事前に動作確認してください。

E2EW ご使用の前に 9

近接センサを金属に埋め込む際には、下表に示した値以上でご使用ください。

E2EW ご使用の前に 10

相互干渉

2個以上の近接センサを対向または並列に配置される場合は、下表に示した値以上でご使用ください。

E2EW ご使用の前に 11

アルミ切削屑について

通常、アルミの切削屑が検出面に付着・堆積しても検出信号がでません。次の場合は、検出信号を出すことがありますので、ご注意ください。
また、このときは切削屑を取り除いてください。

E2EW ご使用の前に 12

取りつけ時

締め付け強度

ナットは過大な力で締め付けないでください。
締め付け時は必ず歯付座金を使用してください。
下表の締め付け強度以下としてください。

E2EW ご使用の前に 14