Page top

E2EQ NEXT

スパッタ対策タイプ近接センサ

E2EQ NEXT

「長距離検出」により突発停止を起こさない設備へ。IO-Link標準搭載

※ Web特別価格提供品

近接センサ形式検索

検出距離/材質/サイズなどの必要な条件を選んでいくだけで近接センサの形式を検索できます。

安定稼働

「長距離検出」により突発停止を起こさない設備へ

従来の近接センサで発生していた誤検出や故障・破損による設備の突発停止を削減します。

E2EQ NEXT 特長 2

装置の振動でドグが離れても検出ミスが起きにくい

E2EQ NEXT 特長 3

ワークの着座位置のばらつきがあっても衝突が起きにくい

E2EQ NEXT 特長 4

長距離安定検出技術 ”サーモ・ディスタンス・コントロール × IoT”

E2E NEXTシリーズでは、近接センサを長距離化する際に課題となっていた温度変化による影響やセンサの個体差を、長距離安定検出技術 ”サーモ・ディスタンス・コントロール” とアナログデジタルハイブリッドICで解決しています。

直流2線式の長距離タイプ (サーモ・ディスタンス・コントロール)

従来のアナログICではできなかった、「出荷時における温度補正値の書き込み」をアナログデジタルハイブリッドIC”PROX2”に対して行い、温度変化による検出距離への影響を最小化。

【NEW】【特許出願中】直流3線式の超長距離タイプ (サーモ・ディスタンス・コントロール × IoT)

IoT化された生産工程で、個々のセンサの温度特性をインライン計測し、独自のアルゴリズムに基づいて計算された最適な補正値をアナログデジタルハイブリッドIC”PROX3”に書き込むことで、温度変化による検出距離への影響とセンサの個体差を最小化。

E2EQ NEXT 特長 8

最短復旧

「ユーザビリティ向上」によりスキルレスで短時間に 復旧できる設備へ

故障から復旧にかかる時間(MTTR)を削減します。

表示灯の向きを気にせず取り付けできる

E2EQ NEXT 特長 11

自由度向上

「小型化」により設備設計の自由度を向上

長距離化を実現したことで、検出距離を落とすことなく1サイズダウンでき、空きスペースへのセンサ追加や設置部の省スペース化に貢献します。

※検出距離はすべて2線式の場合です。

E2EQ NEXT 特長 13

溶接治具に配置しやすい

E2EQ NEXT 特長 14

注:周囲金属の影響をご確認のうえ、設計してください(詳しくはカタログの「設計時:周囲金属の影響」をご覧ください)。

機種を集約して在庫機種を統一できる

E2EQ NEXT 特長 15

【NEW】情報化

3線式なら「IO-Link」により異常箇所と現象の早期発見が可能

IO-Link 対応のセンサとコントローラをIO-Link マスタで接続すれば、異常箇所と現象をリアルタイムに発見でき、復旧時間を削減します。

1箇所でセンサの異常箇所と現象をリアルタイムに把握

近接センサとコントローラをIO-Link マスタで接続すれば、近接センサ故障時にモニタ(HMI)で故障箇所と現象の早期発見が可能です。

E2EQ NEXT 特長 18

「状態監視」により設備の予知保全を実現

安定稼働のために必要な情報をセンサとコントローラをIO-Link マスタで接続することで上位に通信。センサの状態監視や異常検知を可能にし、装置・設備の予知保全に貢献します。
さらにデータベースに情報を蓄積し分析結果を現場の装置にフィードバックすれば、より生産性の高い設備を作ることも可能です。

E2EQ NEXT 特長 19