Page top

本文

高度な専門性を必要としない、わかりやすい操作性

検査PGの高速/垂直立上げ

①良品基準

最初に“良品”を明確に規定し、それ以外を“不良”とするため
突発・微妙な不良の見逃し・見過ぎを防止

オムロン“良品基準”

②デバック内容の確からしさを保証するしくみ

デバック内容の確からしさを保証

検出された実不良が
サンプルとして保存、表示

基準を調整し、過去不良で
検証してから確定

③デバック基準の横展開が簡単・スムーズ

デバックした基準は自動で展開

異なる部品も同じサイズの品番として登録することで
簡単に検査プログラムの横展開が可能

基板外観検査装置(AOI)、高速CT型X線自動検査装置(AXI)に関するご相談・ご質問はこちらから

オムロン株式会社 検査システム事業部
営業部

東 京
03-6718-3550
中 部
052-561-0156
西 部
06-6347-5840

受付時間 9:00~17:30(土日祝は休)

お気軽にご相談ください。