Page top

New

S8V-CP

DC電子式サーキットプロテクタ(DC24V 4分岐出力/8分岐出力タイプ)

S8V-CP

DC回路の安全設計を簡単に実現 短絡・過電流発生時の確実な保護が可能 マルチチャンネルで省スペースを実現 分岐出力の順次起動で起動時トラブル回避

※ Web特別価格提供品

S8V-CP DC電子式サーキットプロテクタ

DC24V機器の短絡・過電流時の確実な保護を実現します。

DC24V機器の 短絡・過電流時の 確実な保護を 実現します。

DC機器の増加で電源の高容量化が加速するなか、分岐系統毎の安全設計と異常発生した系統の確実な保護が求められています。

S8V-CP 特長 1
S8V-CP 特長 2
S8V-CP 特長 3

Value Design for Panel
制御盤内の商品仕様に対する共通の考え方Value Design for Panel ( 以下、Value Design)は、お客様の制御盤に新しい価値をもたらします。Value Designに対応した商品を組み合わせて使用することで、制御盤の価値がさらに高まります。

S8V-CP 特長 4

電気回路の安全設計でお困りではありませんか?

設計

【従来】
● 分岐設計と安全確保の設計が難しい。
● 扱いやすい小径ケーブルを使いたい。

S8V-CP 特長 6

選定

【従来】
● メカ式のサーキットプロテクタの遮断特性は温度環境や個体のバラツキが大きく、選定が難しい。

S8V-CP 特長 7

組立て

【従来】
● 分岐系統が増えると、スペースを大きく取ってしまう。

S8V-CP 特長 8

立上げ・メンテナンス

【従来】
● 異常発生時、メカ式のサーキットプロテクタの遮断より電源の保護機能が早く動作し、全系統停止してしまう。

S8V-CP 特長 9

メカ式のサーキットプロテクタからの置換も安心

サーキットプロテクタ(メカ式)の特徴をそのままに、バラつきの誤差を少なく。

S8V-CP 特長 10

アラーム信号出力で、異常発生を上位コントローラに出力可能。

S8V-CP 特長 11

起動時は分岐系統毎の突入電流の起動トラブルを最小化。

S8V-CP 特長 12

UL認証取得の手間と費用を削減
UL Class2[ S8V-CP0424S ]

S8V-CP 特長 13

UL Class2出力とは?

「電圧・電流・電力が感電や火災が起こらないレベルに制限されている安全な出力を持つ電源あるいは電源関連商品」であることを意味する言葉(区分)であり、UL1310により評価されます。
UL Class2出力は電圧・電流・電力が以下の通り規定されています。

● 出力電圧 … DC30V以下
● 出力電流 … 8A以下
● 出力電力 … 100VA以下

このUL Class2出力に接続される負荷・部品はUL認証を取得していない場合でもご使用いただけます。

S8V-CP0424S(UL Class2出力タイプ)とは?

このUL Class2出力の条件を満足させるために定格出力電流を3.8Aに固定しております。

● 出力電圧
 24V → DC30V以下を満足
● 出力電流
 3.8A → 8A以下を満足
● 出力電力
 24V*3.8A = 91.2VA → 100VA以下を満足

装置の安全規格申請の工数・費用を削減

S8V-CP0424SはUL Class2出力の認証を取得していますので、この出力に接続される回路のUL評価が不要となり、UL認証取得のための工数や費用削減に貢献します。また接続される負荷・部品はUL認証を取得していない場合でもご使用いただけます。さらに制御盤内では配線材もUL認証品以外のものも使用可能となるため、部品の選定し易さやコストダウンに貢献します。