Page top

警告表示の意味

1568_b_1_1 ●警告レベル
正しい取扱いをしなければ、この危険のために、軽傷・中程度の傷害を負ったり、
万一の場合には重傷や死亡に至る恐れがあります。また、同様に重大な物的損害を
受ける恐れがあります。
安全上の要点 製品を安全に使用するために実施または回避すべきことを示します。
使用上の注意 製品が動作不能、誤動作、または性能・機能への悪影響を予防するために実施または
回避すべきことを示します。

図記号の意味

1568_b_2_1 ●一般的な禁止
特定しない一般的な禁止の通告

警告

E3S ご使用の前に 4
E3S ご使用の前に 5

安全を確保する目的で直接的または間接的に人体を検出する用途に本製品は使用できません。
人体保護用の検出装置として本製品を使用しないでください。

安全上の要点

以下に示す項目は、安全を確保する上で必要な項目ですので必ず守ってください。

(1)破損、発火の恐れがあります。下記の設置場所では使用しないでください。

  ・直射日光のあたる場所

  ・湿度が高く、結露する恐れがある場所

  ・腐食性ガスのある場所

  ・衝撃や振動が定格の範囲を超える場所

  ・蒸気のあたる場所

  ・強電界・強磁界のある場所

(2)引火性、爆発性ガスの環境では使用しないでください。

(3)使用電圧範囲を超えて使用しないでください。使用電圧範囲以上の電圧を印加したり、または直流電源タイプの
   センサに交流電源を印加すると、破裂したり、焼損する恐れがあります。

(4)破損、発火、爆発、火災、機械故障の恐れがあります。

  ・筐体、もしくはケーブルが破損した状態で使用しないでください。

  ・製品の分解、修理・改造をしないでください。

  ・誤配線をしないでください。

(5)負荷を短絡させないでください。破裂したり焼損する恐れがあります。

(6)コードが油などの液体に浸る状態など、センサ本体に液体が浸入する可能性のある環境では使用しないでください。
   焼損の恐れがあり、特に可燃性の液体は発火に及ぶ恐れがあります。

(7)水中や屋外では使用しないでください。

(8)廃棄するときは産業廃棄物として処理してください。

使用上の注意

(1)定格を超える周囲雰囲気・環境では使用しないでください。

(2)センサの取りつけはM4ねじを使用し、締めつけトルクは1.2N・m以下としてください。

(3)コード部に加わる力は下記の値以下としてください。
   引っ張り40N以下、トルク0.1N・m以下、押圧20N以下、屈曲29.4N以下

(4)コネクタを確実に締めてください。

(5)電源投入直後は使用環境に応じて受光量/ 測定値が安定するまで時間がかかる場合があります。

(6)火傷の恐れがあります。使用条件(周囲温度、電源電圧、他)によってはセンサ表面温度が高くなります。
   操作時や洗浄時にはご注意ください。

形E3S-Rの場合、検出物体に金属面や光沢がある場合、誤動作することがあります。このときは、光電センサの角度を検出物体面に対して垂直にならないように調整すると防止できます。

E3S ご使用の前に 8

スリット/形E39-Sの取りつけ方

・スリットは破線のように縦向きと横向きもできます。投・受光器とも向きを合わせてください。

・パッキンをサポータに納めて光電センサヘッドの凹部につめを入れてください。

・サポータが取りつけ面にあたるときは付属のスペーサをご利用ください。(スリット外形図参照)

・動作位置精度はスリットをつけないで透過形の場合、0.1mm以下が得られます。

E3S ご使用の前に 9

スリット取りつけの場合

E3S ご使用の前に 10

オープンコレクタ・シリーズについて

オープンコレクタ・シリーズ

E3S ご使用の前に 12

形式は次のとおりになります。
(例)形E3S-DS10E4(Eタイプ)
   形E3S-DS10C4(Cタイプ)
   形E3S-DS10B4(Bタイプ)

E3S ご使用の前に 13

注1. C42タイプはダイカストケースタイプのみシリーズ化されています。
   2. C4タイプの透過形は投光器がE4タイプと共用です。(例:形E3S-5LE4)
   3. C、Bタイプで負荷短絡、過負荷状態になりますと出力トランジスタがOFFとなります。
      負荷状況をご確認のうえ、電源を再投入してください。

検出方向の異なるシリーズ

(納期、価格については弊社販売社員までお問合せください。)

形E3S-5、形E3S-DS30、形E3S-R2については検出面方向が異なるタイプを製作可能です。

E3S ご使用の前に 15