用途別商品紹介 産業用PC
プラットフォーム

お客様の環境に最適な一台をご提供するために、豊富な選択肢をご用意しています。 オムロンの産業用PCプラットフォームは、単なるハードウェア製品ではありません。オムロンが長年培ってきた制御ノウハウを機能としてソフトウェアで提供し、これを組み合わせることで、一つのプラットフォームハードウェアで市場要求にマッチした専用コントローラを作り上げることが可能になるのです。

注. すべての組み合わせの形式がご用意できるということではありませんのでご注意ください。詳細は当社販売員にお問い合わせください。

  • 2種類のハードウエア
  • 4種類の製品構成
  • 充実したフィールド機器
産業用PCプラットフォーム

産業用ボックスPC と
産業用パネルPC

お客様の製造現場や既存システムに合わせて、PC、モニタ、一体型の3つの型から最適な一台を選択できます。

ボックスタイプの産業用ボックス型PC

ボックスタイプの産業用ボックス型PC

タッチパネル方式を採用した産業用モニタ

タッチパネル方式を採用した産業用モニタ

PCとモニタを一体化した産業用パネル型PC

PCとモニタを一体化した産業用パネル型PC

用途に合わせた
製品ラインナップ

  • 製造現場でいまお使いのPCの置き換えや、産業用PCの導入に最適な「産業用PC」
  • 装置制御用途に最適 な「IPC マシンコントローラ」
  • イベント・ドリブン型の真の「リアルタイム」制御の実現を目指す 「IPC RTOS コントローラ」
  • ナンバーワンへの最短距離、オンリーワンシステムを構築できる「IPC プログラマブル多軸モーションコントローラ」

用途にあわせて多彩なラインナップから最適なモデルを選択できます。

産業用PC

Windows を搭載した産業用PCです。Windows の豊富なアプリケーションを活用した、製造現場データの可視化やデータ処理、計測、制御が可能です。
また、内部ケーブルレス構造やシンプルな熱設計、堅牢な筐体など、ロバスト性と柔軟性を両立しているため、製造現場でいまお使いのPCの置き換えや、産業用PCの導入に最適です。

産業用PC
ロバスト性と高い信頼性
オムロンの品質基準に基づき、産業用途で求められる高いロバスト性や信頼性に対応できるよう設計されています。
稼働時間を増やすシンプルな構造
内部ケーブルレス構造を採用し、故障を低減して稼働時間を最大限に確保し、コストを低減します。
保守・メンテナンスが簡単
保守が必要な構成品(HDD/SDD、FAN、電池、PCIeカード)にシステムの外側から簡単にアクセスできます。電子部品の収納部を開ける必要がないため、故障のリスクを減らせます。
Windows OS を搭載
Windows Embedded Standard 7 - 32 ビット版
Windows Embedded Standard 7 - 64 ビット版
Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB - 64 ビット版
Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC - 64 ビット版
* OSなしモデルもご用意しています。詳細は当社販売員にお問い合わせください。
産業用ボックス型PCの外形
3レイヤー構造

3レイヤー構造
NYB1E、NYB17、NYB25、NYB1C

2レイヤー構造

2レイヤー構造
NYB35、NYB2C

1レイヤー構造

1レイヤー構造
NYB35、NYB2C、NYB2A

IPC マシンコントローラ

豊富な実績を誇るマシンオートメーションコントローラ NJ/NX シリーズのマシンオートメーションコントロールソフトウェアが、Windows とともに一台の産業用PC上で動作します。2つのプラットフォームは同時に動作しますが、それぞれが独立しているため、Windows側に異常が発生した場合でも制御側は動作を継続。生産ラインを止めません。

また、統合開発環境 Sysmac Studio により、コントローラ部はラダーやST言語で設計ができるため、これまでPLCをお使いのお客様にも安心してお使いいただけます。

PLC並みの高い信頼性やロバスト性に、ビッグデータやNUI(Natural User Interface)、IoT(Internet of Things)などの活用が加わったことにより、モノづくり革新の扉を開きます。

Sysmac による制御とICTの融合
マシンオートメーションコントロールソフトウェアが、Windows とともに一台の産業用PC上で動作。
ハードウェアのリソースを適切に振り分け、相互干渉を防ぐソフトウェア(ハイパーバイザー)を搭載しているため、Windows側に異常が発生した場合でも、制御側は保護され、動作を継続します。
Sysmac による制御とICTの融合
Sysmac オートメーションプラットフォーム
Sysmac オートメーションプラットフォームは、サーボドライバや、I/Oをはじめとするフィールドネットワーク機器をひとつにつなぐEtherCAT®をマシン制御ネットワークとして採用、高速高精度な制御を可能にします。
IPCマシンコントローラはEtherCAT®と情報通信ネットワーク EtherNet/IPのポートを標準搭載。このふたつのネットワークをひとつに接続することで、高度なマシン制御と設備情報の管理を実現します。
オムロンの豊富なI(Input)、L(Logic)、O(Output)、R(Robot) + S(Safety) 機器と接続、連携し、ワンネットワークでシステムを構築できるから、お客様オリジナルのソリューションが構築できるのです。
Sysmac Automation Platform

システム構成例

IPC RTOSマシンコントローラ

リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)は様々な組み込みシステム(エンベデッドシステム)開発の現場で採用されています。多くの組み込み機器では、イベント発生時に一定時間内で決められた処理を完了しなければなりませんが、マルチタスク制御やイベント・ドリブン制御が可能なRTOSはこれを容易にします。

オムロンのIPC RTOSコントローラは、グローバル・スタンダードな VxWorks または Linux をOSとして、高速制御ネットワークEtherCATに対応。統合開発環境や技術相談等のサポートサービスのご提供なども充実しているため、すぐに開発着手していただけます。アプリケーションはプログラマ人口が多い世界共通言語であるC/C++言語で開発できるため、ソースコードの流用性が高く、設計資産の継承が可能。チェンジングコストを最小限に抑えられます。

IPC RTOSマシンコントローラ
選べるリアルタイムOS(RTOS)
Wind River VxWorks 7 with Acontis EtherCAT Master
Wind River VxWorks は高い信頼性や安全性が求められる分野をはじめ、広く組み込みシステム用RTOSとして採用されています。Wind River VxWorks 7 は各機能をパッケージ化し、個々のアプリケーション単位で更新することが可能。時代の変化に合わせた柔軟な拡張ができる、IoT対応のRTOSです。
  • リアルタイム性
  • 高速動作し高い開発効率
  • ロバスト性
Wind River Linux 7 with Acontis EtherCAT Master
Wind River Linux は商用組み込みLinux市場で広く採用されています。オープンソースソフトウェアの柔軟性と自由度を持ち、IoT対応で求められる柔軟性、信頼性、拡張性のニーズに対応できます。
  • オープンソースソフトウェア(OSS)が豊富
  • 書籍、Web等から、関連情報の入手が容易
  • ロバスト性
イベント・ドリブン制御
スキャンの概念がなく、高速で入力を取り込み直ちに出力するイベント・ドリブン制御により、真の「リアルタイム」制御の実現を目指します。
マルチタスク制御
高速制御と低速制御が共存するタスク管理が自由にスケジューリングできるマルチタスク制御が可能。
アプリケーション資産を継承
プログラマ人口が多いC言語(C/C++)でアプリケーション設計資産を継承できます。
安心のサポート体制
オムロンなら、専門技術知識を持った専任のサポートチームによるテクニカルサポートをご提供しますので、RTOS導入が初めての方でも安心して導入いただけます。また、VxWorks 搭載モデルでは統合開発環境 Workbench のライセンスを提供、Linux 搭載モデルでは Eclipse ベース統合開発環境を無償提供しますので、ランニング・コストメリットがあります。
  Linux VxWorks
統合開発環境 Eclipseベース統合開発環境 (無償提供) Workbench (ライセンス提供)
年間パスポート 形NY000-SA110 形NY000-SB110
高速制御ネットワーク EtherCAT通信に対応
EtherCATに標準対応しているため、すぐにEtherCAT接続対応機器と構成したシステム開発に着手可能。オムロンでは豊富なEtherCAT接続対応機器をご用意しています。
システム構成例

システム構成例

IPC プログラマブル
多軸モーションコントローラ

Windowsオペレーティングシステム(OS)と、オムロングループである米国デルタ タウ データ システムズ社が開発した世界最高レベル*1 のモーション制御性能を持つProgrammable Multi Axis Controller を搭載し、コンピュータ数値制御(CNC)が可能です。臨場感あふれる高精細なグラフィックスにより、高度なCNC加工を視覚的に行うHMIアプリケーションなども実現できます。

また自由度が高いプログラムにより、最大128軸のユーザ独自のモーション制御を自由に作り込むことができます。

Windowsアプリケーションとモーション制御が連動したシステムは、ハイパーバイザー*2 の機能により、OSの異常発生時にも制御は継続する安定した動作を提供します。

IPC プログラマブル多軸モーションコントローラ
高速多軸制御
最大128軸の多軸制御、モーション制御周期 250μs/16軸。*3
高信頼性
モーション制御とWindows アプリケーションを並列に実行します。ハイパーバイザー*2 の機能で、OSに異常が発生した場合でも、制御部は動作を継続します。
フレキシブル
Gコード/C言語/専用言語が使用可能で、高い機能開発自由度を持つため、お客様独自の制御プログラムを作り込むことができます。また、EtherCAT通信に対応し、自由度の高いシステム構成ができます。
Programmable Multi Axis Controller
米国デルタ タウ データ システムズ社(DT社)はモーション制御に特化したコントローラの専業メーカーで、世界最高水準*1 のモーション制御をお客様にご提供してきました。
DT社が開発したProgrammable Multi Axis Controllerは、その高速演算能力により、超高応答性能が求められる精密リニアモータ駆動制御、ナノメータ位置決め制御等、半導体製造装置に代表される先端生産技術の現場で高い評価を得ています。
2015年9月1日、オムロングループに、DT社が加わり、ますます変化するモノづくりに柔軟に対応するオートメーション技術を進化させ、「高い生産性」と「高品質なモノづくり」の実現に貢献していきます。
システム構成例

システム構成例

*1. モーション性能16.6μs/1軸、50μs/8軸を指します。(2016年7月現在 当社調べ)
*2. IPCのハードウェアリソース(ポート、CPUコア等)を各OSへ適切に振り分け、相互干渉を防ぐソフトウェア。Windows側の異常発生時にも制御側は保護され、動作を継続します。
*3. 当社調べの参考値です。