Page top

New

D41D

高コード非接触式セーフティドアスイッチ

D41D

機械のデザインに調和。一括ペアリングで設計時の立ち上げ工数削減

※ Web特別価格提供品

機械安全信頼性データ提供

SISTEMAとは、IFAが無償提供している機械安全信頼性データからPLを計算するソフトウェアです。

不正な無効化による生産現場での労働災害をなくしたい

安全機器は正しく使われて初めて安全機能を果たします。いま生産設備にお使いの安全機器は正しく使われているでしょうか。
安全用の扉(可動ガード)に使われるインターロック機器の不正な無効化(だまし行為)が原因で、防げるはずの事故が防げなかったといったことがたびたび問題になってきました。こうした労働災害は、各国でも課題となっており規制の動きがあります。各国で整合される規格ISO 14119(JIS B 9710)は、インターロック機器の不正な無効化の防止を要求しておりこれが世界の標準になりつつあります。

インターロック機器の無効化(だまし行為)防止による人為的リスクの最小化

インターロック機器の典型的な無効化の方法に、扉を開けた状態でスペアのアクチュエータを使用し、扉が閉じた状態を擬似的に再現するというものがあります。これが原因となり生産現場で事故が発生するリスクがあるため、無効化を防止するためにISO14119(JIS B 9710)に従って対応することが推奨されます。

【無効化が可能】扉を開けた状態での機械の動作が容易

D41D 特長 3

潜在的な労働災害のリスク大
無効化を行い、扉を開けたままの危険な状態で作業を行うことで、労働災害につながる可能性があります。

事業継続リスクへ拡大
無効化を防ぐ方策を採らずに労働災害が発生した場合、各国の行政機関は事業者に対して、作業の中止命令、機械設備等の使用停止または変更命令などを命じる可能性もあります。

【無効化の防止】扉を開けた状態で機械を動作させられない

D41D 特長 4

労働災害のリスクを低減
作業者無効化が行えず、安全が確保された状態で作業をすることになり、事故を減らすことができます。作業者にとって安全・安心な現場環境が実現するだけでなく、経営的なリスクを低減できます。

国際規格対応の方策
各国の安全規格とも整合された国際規格のISO 14119(JIS B 9710)に準じた無効化防止方策を採っていれば、行政機関から方策の妥当性の説明を求められた場合にもエビデンスとして示すことができます。

無効化のリスクを低減する高コードセーフティドアスイッチ

オムロンの高コードセーフティドアスイッチD41シリーズを使えば無効化のリスクを低減できます。D41シリーズのスイッチ(本体)とアクチュエータの組み合わせはティーチングによって1対1に固定されます。このためスペアのアクチュエータを使うことはできません。

D41シリーズでISO 14119に対応した無効化防止方策の設計工数削減へ

非接触式D41D

・機械の内側の狭いスペースにも収まる小型サイズで開口部のアクセスの障害になりません。高い作業性の実現とデザインとの親和性を保つことができます。

・ティーチングを短時間で終了できるため、多数のセーフティドアスイッチが使用されるシステムでは設計・立ち上げ工数を削減できます。

D41D 特長 7

従来のセーフティドアスイッチで無効化を防止するには

低コードのセーフティドアスイッチを使用した機械での無効化の可能性を低減するの手段については以下サイトをご覧ください。
icon_01https://www.fa.omron.co.jp/iso14119_point