Page top

設定時システム構成例

WebLinkPCを使用した設定には以下の接続が必要となります。

V410-H システム構成 1

運用時システム構成例

USB

V410-H システム構成 3

RS-232

V410-H システム構成 4

RS-232Cケーブル配線図(形NJ/CJシリーズとの接続)

NJ/CJとRS232接続される際は、お客様にて変換ケーブルをご用意いただく必要があります。

V410-H システム構成 5

RS-232Cケーブル配線図(形NAシリーズとの接続)

USBポートに接続してキーボードエミュレーションデバイスとして使用可能です。
(デフォルトは[IBM AT Notebook] カントリーコードのプログラミングシンボルを読み込むことで変更可能です。)

V410-H システム構成 6