Page top

A22NK

キー形セレクタスイッチ

A22NK

φ22mmキー形セレクタスイッチ。短胴化、配線方向変更による制御盤の小型化を実現。簡単配線のプッシュインPlus端子台タイプを追加

※ Web特別価格提供品

制御盤に新たな価値を

制御盤内の商品仕様に対する共通の考え方“Value Design for Panel” をはじめ各種取組により、制御盤の進化とプロセス革新を実現していきます。

作業性

• 1段に3スイッチユニットが取りつけられ多段の増設も可能
• 丸形圧着端子に対応した、端子ねじホールドオン構造(ねじ端子台タイプ)
• スイッチユニットを積み重ねた場合においても端子の増締めが可能(ねじ端子台タイプ)
• スイッチユニットの方向性を無くして組立が容易

小型化

• 配線方向を変更し横スペース不要(プッシュインPlus端子台タイプ)
• 短胴設計

安全性

• 確実かつ簡単に操作できるロックレバー機構を採用
• フィンガープロテクト構造により安全性を追求
• 配線の緩みの発生がなく、メンテナンスフリーを実現(プッシュインPlus端子台タイプ)

品揃え

• グローバル商品としての安全規格/電圧仕様対応
• φ22.3、φ25.5の2種類のパネル加工寸法に取付可能
• ボタン、ベゼルにおいて色/形状/材質ともに豊富な品揃え
• 保護構造として、 IP66、NEMA 13に準拠