Page top

本文

サムロータリスイッチ 概要


サムロータリスイッチとは、数字が書かれた円板状の部品を回して選択した数値を複数の接点回路のオン/オフ信号の組み合わせで2進数/10進数/16進数などのコードに変換・出力する設定用スイッチです。ここではサムロータリスイッチの概要を解説します。

概要用語解説

関連情報


サムロータリスイッチとは

サムロータリスイッチとは、数字が書かれた円板状の部品を回して選択した数値を複数の接点回路のオン/オフ信号の組み合わせで2進数/10進数/16進数などのコードに変換・出力する設定用スイッチです。

特長

サムロータリスイッチは、2進、10進、16進へのコード変換が容易です。

初期値を視覚で確認選択した数値をそのまま表示するので、常に設定値を視覚で確認でき、
誤操作を防ぎやすくします。
設定値を維持メカ機構だけでコード変換を行っているので、通電の有無にかかわらず
設定値を維持します。
容易にデジタル変換コード変換が簡単に行えるため、回路や配線がシンプルになり、
制御系の信頼性や保全性が向上します。
種類

サムロータリスイッチは、搭載される機器・設備の規模に合わせられるように外形サイズを中心に製品ラインアップしています。そして、取り付け方法でねじ締めとワンタッチの2タイプに分けられています。設定値をロックして操作できなくするロック機能を備えたタイプやペン先のような細いものでしか操作できないタイプもあります。
搭載機器や設備に合わせて、まず外形サイズから選びます。

構造

代表的なサムロータリスイッチは、ケース、押ボタン、摺動子、ロータ、シール板、パッキン、プリント基板、取り付け板などの部品から成り立っています。

ケース構成部品を収納します。スイッチ同士をワンタッチで連結するための機構が側面に形成
されています。
押ボタン正転(+)と逆転(ー)の押ボタンがあり、数値を設定します。それぞれにクリック感を
つくる機構と1回押すたびにロータが1段ずつスムーズに回転する機構を備えています。
摺動子ロータに固定され、回転に伴って先端がプリント基板上を摺動します。基板上に形成
された導体パターンと接触することでスイッチ回路をオン/オフする可動接点の役割を
担います。基板と接触する先端部分には金合金を採用し、接触信頼性を高めています。
ロータ円板状の部品で、円周面に設定する数値が書かれています。これを回転させて数値を
設定します。
シール板透明の樹脂製部品で異物の進入を防ぎます。表示窓のカバーも兼ねます。
パッキン弾性のあるゴム製の部品です。プリント基板とシール板に挟まれて摺動子とプリント
基板の接触部分に異物が進入するのを防ぎます。
プリント基板導体パターンに耐食性の高い金めっきを施し、摺動子との間で高い接触信頼性を維持
します。回転角度に対応したパターンを形成することで数値コードの変換を行います。
取り付け板スイッチの両側面に取り付けられ、穴にワンタッチで取り付ける機構が形成されてい
ます。

最終更新日:2019年11月18日