Page top

次世代スカラロボット i4Lシリーズ

i4Lシリーズ は、最小のTCOで高いパフォーマンスを提供できる、コンパクトなスカラロボットです。
・ コンパクト設計で、ロボットシステムをシンプル化可能
・ 壁またはテーブルへ簡単に取付け可能
・ 上位システムとEthernet接続またはEtherCAT接続が可能
・ インタラクティブなメンテナンスアラームおよびRGBステータスライトによって、稼働時間を最大化

i4L 特長 1

注: EtherCAT接続とインターラクティブなメンテナンスアラームは、2021年の夏リリース予定。

軽量用途で最小のTCOを実現するスカラロボット

このクラスで、性能比最小コストを実現

i4Lシリーズは、お客様のアプリケーションに必要とされる、速度、慣性、および再現性に関する、高度な機能を提供。これにより、最高のパフォーマンスを実現可能です。

• 高速サイクルタイム:従来にない、動作範囲と繰返し精度
• パワフルなサーボモータの採用:搬送を容易に処理することが可能
• 先進的で堅牢な工業デザイン
• TCO:最小限

i4L 特長 4

稼働時間を最大化できるスカラロボット

稼働時間を最大化し、計画外のダウンタイムを減らす、インタラクティブなメンテナンス機能で保守が簡単。

i4L 特長 6

i4Lシリーズは、インタラクティブなメンテナンス機能により、稼働時間を最大化し、かつ動作精度を高精度化することが可能です。
インタラクティブなメンテナンス機能は、RGBステータスライトとオムロンのソフトウェアACEからのアラートで、ロボットを監視可能です。以下に役立ちます。

• 計画外のダウンタイムを削減
• メンテナンスを簡素化
• 事故を未然に防ぐ

i4L 特長 7

* FPGA(Field Programmable Gate Array):設計者が自由に論理回路設計可能なデバイス

シンプルなシステムに統合可能なスカラロボット

シンプルな統合と高レベルの同期で、作業を迅速に開始可能

i4Lシリーズは、小さな占有面積でありながら強力機能を提供。コンパクトで設置が簡単。
また、EtherCAT接続またはEthernet接続が可能。
壁またはテーブルへの取付けが可能です。
また、ロボットコントローラがロボットベースに内蔵されているため、配線費用削減し、取付けも簡単です。

i4L 特長 9

生産ライン全体を統合して自動化可能

統合ソフトウェアSysmac Studioで、i4Lシリーズロボットと他のオムロン製デバイスを統合可能

i4Lシリーズロボットは、オムロンの他のデバイス(ビジョン、モーション、I/O、セーフティ)と一緒に、オムロンの統合ソフトウェアSysmac Studioから簡単にプログラミングできます。

さらに、オムロンの統合ソフトウェアSysmac Studioは、生産全体をシミュレートすることもできます。これにより、トラブルシューティングに要する時間を短縮し、EtherCATを介して接続された、複数のロボット間、またはロボットとサーボ間で、非常に高レベルの同期を実現できます。

i4L 特長 11

注:EtherCAT接続とインターラクティブなメンテナンスアラームは、2021年の夏リリース予定。