Page top

NX-TC

NXシリーズ 温度調節ユニット

NX-TC

状態変化を自ら捉え、制御を最適化し生産性と品質を簡単両立

※ Web特別価格提供品

熟練者の調整をAIで自動化

人の手を煩わせず最適な温度制御を自動で実現、生産性と品質を簡単に両立します。

E5□D/NX-TCシリーズ シール面の温度を測定する「包装機用温度センサ」「包装機用温度センサ」

包装機の速度・包材変化などの温度変動要因に影響されず、ヒートバー表面の温度を正確に計測します。(2分11秒)

E5□D/NX-TC 「適応制御技術」

従来は、装置変化などによる不良発生後にATや手動でPID調整が必要でしたが、E5□D/NX-TCでは装置変化などに追従してPID値を自動調整し最適な温度制御状態を維持することが可能です。(1分0秒)

NX-TC 「外乱抑制機能」

予期可能な外乱に対し、あらかじめ温度変動を抑制する制御機能です。
 外乱発生前に温度調節器ユニットに信号を入力することにより、本機能が動作し操作量を加算または減算します。
 外乱オートチューニングにより、FF(フィードフォワード)操作量、FF動作時間とFF待ち時間を自動調整します。(55秒)

E5□D/NX-TCシリーズ 表面温度測定での揺れを抑える「自動フィルタ調整機能」

包装機用温度センサと自動フィルタ調整機能を使用することで、シール温度で品質を管理しながら、人の調整によらず、温度調節器のみで温度揺れを抑えることができます。(0分57秒)

E5□D/NX-TCシリーズ 成形機向けアルゴリズム「水冷出力調整機能」

水冷式の押出機では、高速化することで様々な原因で温度揺れが発生し、品質を安定させるために現場では繰り返しのバルブ調整が必要でした。E5□D/NX-TCでは水冷出力調整機能で温度揺れを最小限に抑え、品質を維持したまま生産能力を高めます。(1分16秒)