Page top

S8V-NF

ノイズフィルタ(単相250V 3A/6Aタイプ)

S8V-NF

制御盤に最適なDINレール取り付けタイプ。スリム形状で省スペース。プッシュイン接続で安全&簡単配線

※ Web特別価格提供品

ノイズフィルタ

ノイズ・サージの低減を最小限の手間とスペースでより安全に実現

警告表示の意味

S8V-NF ご使用の前に 1

図記号の意味

S8V-NF ご使用の前に 2
S8V-NF ご使用の前に 3
S8V-NF ご使用の前に 4

安全上の要点

設置環境

・振動・衝撃の激しい場所では使用しないでください。特にコンタクタなど振動源となる部品や装置から離して設置して
 ください。
・強い高周波ノイズやサージを発生する機器からは離して取り付けてください。

使用環境および保管環境

・周囲温度-40~+85℃、相対湿度95%以下で保管してください。
・内部部品の劣化・破損が稀に起こる恐れがありますので、ディレーティング曲線の範囲を超える状態では使用しないで
 ください。
・相対湿度が95%以下の場所で使用してください。
・直射日光のあたる場所では使用しないでください。
・製品内に液体や異物、腐食性ガスが入る可能性のある場所では使用しないでください。

取り付け方法

・取り付けにあたっては、機器の長期信頼性を向上させるために、放熱に十分留意してください。製品本体周辺に空気が
 対流するよう十分留意いただき、ディレーティング曲線内でご使用ください。
・取り付け加工中に切粉が製品内に入らないようにしてください。

S8V-NF ご使用の前に 8

配線

・アースは完全に接続してください。安全規格で定められたPE(保護接地)端子のため、アースが不完全な場合、感電や
 誤動作の恐れがあります。
・配線挿入時またはリリースホールへのマイナスドライバ挿入時に40N以上の力で端子台を押さえつけないでください。
・リリースホールには配線しないでください。
・リリースホールにマイナスドライバを押し込んだ状態で、マイナスドライバを傾けたり、ねじったりしないでください。
 端子台が破損する恐れがあります。
・リリースホールにマイナスドライバを押し込むときは斜めにして入れてください。まっすぐに入れた場合は端子台が
 破損する恐れがあります。
・リリースホールに押し込んだマイナスドライバを落下させないようにご注意ください。
・電線は無理に曲げたり、引っぱったりしないでください。断線する恐れがあります。
・端子(挿入)穴1つに複数の電線を挿入しないでください。
・電線の先端を予備はんだしないでください。正しい接続ができなくなります。
・通電前には、加工時に覆ったシートなどを必ず取り外して放熱に支障がないことを確認してください。
・振動・衝撃のかかる可能性のある場合は、フェルール端子付き電線、より線をご使用ください。
・配線材の発煙・発火を防ぐために、電線の定格をご確認の上、下表の線材をご使用ください。

推奨使用線径

S8V-NF ご使用の前に 10

・本製品は渡り線による配線が可能です。
・ただし、定常時に端子に流れ込む総電流が10Aを超えないようにしてください。
 また、上表は製品1台あたりでの推奨電線を示しております。
・渡り配線時には端子に流れる総電流を考慮して線材の選定をしてください。

被覆剥きしろ

S8V-NF ご使用の前に 11

使用上の注意

DINレール取り付け

DINレールに取り付ける場合は、レールストッパがカチッと音がするまで下げ、(A)部をレールの一端にひっかけ(B)方向に押し込んでレールストッパを上げてロックしてください。

S8V-NF ご使用の前に 13

取り外す場合は、(C)部にマイナスドライバを差し込み、引き外してください。

S8V-NF ご使用の前に 14

プッシュインPlus端子台への接続

端子台の各部の名称

S8V-NF ご使用の前に 16

フェルール端子付き電線、単線の接続方法

端子台に接続するときは、単線またはフェルール端子の先端が端子台に突き当たるまでまっすぐ挿入してください。

S8V-NF ご使用の前に 17

・細い単線で接続しにくい場合は、より線の接続方法同様にマイナスドライバを使用してください。

より線の接続方法

端子台に接続するときは、以下の手順により行ってください。
(1)マイナスドライバを斜めにし、リリースホールに押し込んでください。
   押し込み角度は、10°~15°が適切です。マイナスドライバを正しく押し込むと、リリースホール内のバネの反発を
   感じます。
(2)リリースホールにマイナスドライバを押し込んだ状態で、電線の先端が端子台に突き当たるまでまっすぐ挿入して
   ください。
(3)マイナスドライバをリリースホールから抜いてください。

S8V-NF ご使用の前に 19

接続確認

・挿入後、軽く引っ張って電線が抜けないこと(端子台に固定されていること)を確認してください。
・導体長さ10mmのフェルール端子を使用し、端子台に挿入後、導体部の一部が見える場合もありますが、製品の絶縁
 距離は満足しています。

プッシュインPlus端子台からの取り外し

電線を端子台から取り外すときは、以下の手順により行ってください。
取り外し方法は、より線/単線/フェルール端子とも同じです。
(1)マイナスドライバを斜めにし、リリースホールに押し込んでください。
(2)リリースホールにマイナスドライバを押し込んだ状態で、電線を端子(挿入)穴から抜いてください。
(3)マイナスドライバをリリースホールから抜いてください。

S8V-NF ご使用の前に 21

推奨フェルール端子・工具

推奨フェルール端子

S8V-NF ご使用の前に 23

注1. 電線被覆外径は推奨フェルール端子の絶縁スリーブ内径より小さいことを確認してください。
 2. フェルール端子の加工寸法は、以下の形状に従っていることを確認してください。

S8V-NF ご使用の前に 24

推奨マイナスドライバ

電線の接続と取り外しには、マイナスドライバを使用します。
マイナスドライバは、下表のものを使用してください。
下表は2015年12月時点でのメーカと形式です。

S8V-NF ご使用の前に 25
S8V-NF ご使用の前に 26

*SZF 0-0,4×2,5(フエニックス・コンタクト製)は、オムロンの専用購入形式(形XW4Z-00B)より手配可能です。

無償保証期間と無償保証範囲

〔無償保証期間〕

納入品の保証期間は当社工場出荷後5年と致します。

〔無償保証範囲〕

次の範囲を使用条件とします。
1. 平均使用温度40℃以下(本体周囲温度)*
2. 平均負荷率80%以下*
3. 取り付け方法:標準取り付け
*ただし最大定格はディレーティング曲線の範囲内とします。

上記保証期間中に当社側の責により故障を生じた場合は、その製品の故障部分の交換または修理を、その製品のご購入あるいは納品場所において無償で行わさせていただきます。
ただし、次に該当する場合は、この保証の対象範囲から除外させていただきます。
(1)本カタログまたは別途取り交わした仕様書などにて確認された以外の、不適当な条件・環境・取り扱い並びに使用
   による場合。
(2)故障の原因が納入品以外の事由による場合。
(3)当社以外による分解・改造または修理による場合。
(4)製品本来の使い方以外の使用による場合。
(5)当社出荷当時の科学・技術の水準では予見できなかった事由による場合。
(6)その他、天災、災害など当社側の責ではない原因による場合。
   なお、ここでいう保証は、納入品単体の保証を意味するもので、納入品の故障により誘発される損害は保証
   範囲外です。