曲面、凹凸の複雑な形状、光沢など検出が難しい金属ワークの有無検出

  • 曲面、凹凸の複雑な形状、光沢など検出が難しい金属ワークの有無検出
  • 現場の課題

    汎用の光電センサでニードルケージやローラベアリングの有無検出をする場合、スポットビームだと曲面や凹凸などワークの表面形状の影響を受け、反射光がセンサに返ってこないことがあります。そのため検出が不安定になり、設計・立上げ時の誤検出でセンサの再選定や設置調整が必要になります。

    改善

    距離設定形光電センサ E3AS-HLのラインビームタイプなら、曲面や凹凸のある金属ワークを安定検出できます。

    お電話でのお問い合わせ

    0120-919-066 クイック オムロン

    改善の内容

    E3AS-HL のラインビームタイプは、ワークの表面形状が曲面や凹凸であっても、いずれかの面からセンサに反射光が返ってくるラインビームなので、表面形状の影響を受けにくく検出が安定します。

    • 曲面、凹凸の複雑な形状、光沢など検出が難しい金属ワークの有無検出
    • 曲面、凹凸の複雑な形状、光沢など検出が難しい金属ワークの有無検出
    曲面、凹凸の複雑な形状、光沢など検出が難しい金属ワークの有無検出 曲面、凹凸の複雑な形状、光沢など検出が難しい金属ワークの有無検出

    改善のポイント

    E3AS-HLのラインビームタイプを使えば、曲面や凹凸など表面形状が複雑で検出が難しい金属ワークを安定検出できるため、設計・立上げ時の誤検出によるセンサの再選定や設置調整が不要となり、設計・立上げの期間を短縮できます。

    事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

    事例番号
    ap10048

    使用している商品