複数色の段ボールの通過検知

  • 複数色の段ボールの通過検知
  • 現場の課題

    搬送工程で複数色の段ボールの通過を透過形の光電センサで検知しています。設置や光軸合わせ、配線などの工数とコストを低減したいので、反射形にしたいのですが、一般的な反射形光電センサは、「検出距離が短い」「ワークの色の影響で誤検出する」「センササイズが大きい」といった課題があり、導入できません。

    改善

    TOF方式(*1)を採用した距離設定形の反射形光電センサ E3AS-Fシリーズで複数色の段ボールの通過検知を行います。
    (*1) TOFとは“Time of Flight” の略称です。

    お電話でのお問い合わせ

    0120-919-066 クイック オムロン

    改善の内容

    E3AS-Fシリーズの検出距離は50~1500mmと従来の拡散反射形や距離設定形に比べて長距離を実現。光がワークで反射し、受光するまでの時間差を距離に換算して検出するTOF方式のため、ワークの色・材質の影響を受けません。さらに、少ない受光量でも検出できるため、黒ゴムなどの低反射ワークであっても、長距離検出が可能です。取付穴ピッチは業界標準25.4mmの小型サイズ。従来の透過形に比べ、設置や光軸合わせ、配線などの工数が削減でき、購入コストも低減できます。

    • 複数色の段ボールの通過検知
    • 複数色の段ボールの通過検知
    複数色の段ボールの通過検知 複数色の段ボールの通過検知

    改善のポイント

    距離設定形の反射形光電センサ E3AS-Fシリーズは、色や材質の影響を受けずに設定距離で検出するため、ワーク毎の評価や調整時間を削減します。さらに透過形と比べて取りつけ工数を1/2にできるので、立上げ時間を短縮することができます。
    また、今までの長距離反射形センサはサイズが大きく、取りつけ箇所に制約がありましたが、圧倒的な小型化を実現したE3AS-FシリーズならAGV内にも取り付けることができます。

    事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

    事例番号
    ap10012

    使用している商品