事例番号
ap00054
情報更新

光沢パッケージのピックアンドプレースの外乱光対策

現場の課題

光沢のある素材の位置確認がうまくいかないことがあり、画像センサでの検知を検討しているが、パラメータの設定に時間がかかりそうだ。

改善の内容

外乱光の影響に強いサーチ処理を搭載した・画像処理システム 形FHなら、照明やパラメータ設定の調整時間を短縮しながら、検査の安定性を向上できます。

  • 光沢パッケージのピックアンドプレースの外乱光対策

改善のポイント

形FHシリーズの物体検出アルゴリズム「形状サーチⅢ」により、高速に安定して、光沢パッケージを検出可能です。高速に検出できるのでリードタイム短縮にも貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品