人を超える自働化

AI官能検査

  • 制御
  • AI

課題

検査精度と歩留まりを両立する目視検査の自動化

市場での品質要求が高まり、検査精度と歩留まりを両立させた目視検査の自動化が必須になりました。その実現には、過剰な不良判定を防止し、検査基準設定を安定化させる技術が不可欠です。検査基準が緩すぎれば不良品を見逃してしまい、厳しすぎると良品の歩留まりが低下してしまうからです。

解決策

匠の技や感性をAI画像検査によって再現。
過剰な不良判定を防止し、良品破棄の最小化を実現

オムロンは、AIによる画像検査技術と画像パラメータの自動調整技術を駆使し、匠の技と感性を再現する自動外観検査ソリューションを提供します。目視検査の高いスキルを持つ匠は、良品にも一定のばらつきがあることを念頭に置き、経験の中で培った絶妙なさじ加減で合否を比較・判断しています。匠と同様の技や感性をAI画像検査によって再現。良品のばらつきの範囲を学習し、許容できる復元画像を生成し、検査対象をこれと比較・判断することで、過剰な不良判定を防止します。これにより検査時の良品破棄の最小化を実現します。

このソリューションを動画で解説