Page top

共創型現場データ活用サービス

第2弾 現場課題の見える化・分析サービス i-BELT TOPに戻る

第1弾設備の異常予兆監視サービス

装置の異常につながるデータを収集し、オムロン独自の分析技術を用いて解析、導入後もお客様に寄りそい、より正確で早期に異常が発見できるように支援し続けるサービスです。

導入後の効果

  • 1. 設備異常の抑制により、品質不良の未然防止に繋がります。
  • 2. 保全サイクル期間の適正化により、ランニングコストを削減します。
  • 3. “匠の技”を超える“設備診断”技術により、“いつもと違う”設備の異常を検知します。

対象となる機構

ベアリングによる回転機構を含む装置

例)回転・インデックステーブル、ベルト&プーリ、スクリュー、ロータリカッタなど
TOPに戻る

サービスメニュー

i-BELTサービスメニュー

* 今後、提供を予定しています。

TOPに戻る

設備の異常予兆監視システムの基本構成

設備の異常予兆監視システムの基本構成図解(現場と事務所)

i-BELTは、オムロン株式会社の登録商標です。
Microsoft、Windows、SQL Server は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
EtherNet/IPはODVAの商標です。
EtherCAT®は、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。
その他、記載されている会社名と製品名などにつきましては、各社の登録商標または商標です。
本サイトで使用している製品写真や図にはイメージ画像が含まれており、実物とは異なる場合があります。
本サイトの記載内容は、改良のため予告なく変更されることがあります。