Page top

性能仕様

インバータ本体

三相 200V級

超軽負荷定格(VLD)/軽負荷定格(LD)/標準定格(ND)

形式
形3G3RX2
A2004 A2007 A2015 A2022 A2037 A2055 A2075 A2110 A2150 A2185 A2220 A2300 A2370 A2450 A2550
適用モータ(4極)
容量(kW)
VLD 0.75 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15 18.5 22 30 37 45 55 75
LD 0.75 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15 18.5 22 30 37 45 55 75
ND 0.4 0.75 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15 18.5 22 30 37 45 55
出力 定格出力電流
(A)
VLD 4.4 8.0 10.4 15.6 22.8 33.0 46.0 60.0 80.0 93.0 124 153 185 229 295
LD 3.7 6.3 9.4 12.0 19.6 30.0 40.0 56.0 73.0 85.0 113 140 169 210 270
ND 3.2 5.0 8.0 11.0 17.5 25.0 32.0 46.0 64.0 76.0 95.0 122 146 182 220
過負荷
電流定格
VLD 110% 60sec / 120% 3sec
LD 120% 60sec / 150% 3sec
ND 150% 60sec / 200% 3sec
定格出力電圧 三相(3線)200~240V(受電電圧に依存します)
定格
容量
(kVA)
200V VLD 1.5 2.8 3.6 5.4 7.9 11.4 15.9 20.8 27.7 32.2 43.0 53.0 64.1 79.3 102.2
LD 1.3 2.2 3.3 4.2 6.8 10.4 13.9 19.4 25.3 29.4 39.1 48.5 58.5 72.7 93.5
ND 1.1 1.7 2.8 3.8 6.1 8.7 11.1 15.9 22.2 26.3 32.9 42.3 50.6 63.0 76.2
240V VLD 1.8 3.3 4.3 6.5 9.5 13.7 19.1 24.9 33.3 38.7 51.5 63.6 76.9 95.2 122.6
LD 1.5 2.6 3.9 5.0 8.1 12.5 16.6 23.3 30.3 35.3 47.0 58.2 70.3 87.3 112.2
ND 1.3 2.1 3.3 4.6 7.3 10.4 13.3 19.1 26.6 31.6 39.5 50.7 60.7 75.7 91.5
入力 定格入力電流
(A)*1
VLD 5.2 9.5 12.4 18.6 27.1 39.3 54.8 71.4 95.2 110.7 147.6 182.1 220.2 272.6 351.2
LD 4.4 7.5 11.2 14.3 23.3 35.7 47.6 66.7 86.9 101.2 134.5 166.7 201.2 250.0 321.4
ND 3.8 6.0 9.5 13.1 20.8 29.8 38.1 54.8 76.2 90.5 113.1 145.2 173.8 216.7 261.9
定格入力
交流電圧
制御電源:電源単相 200~240V/許容変動幅170~264V、50Hz(許容変動幅47.5~52.5Hz)/60H(z 許容変動幅57~63Hz)
主回路電源:三相(3線)200~240V/許容変動幅170~264V、50Hz(許容変動幅47.5~52.5Hz)/60Hz(許容変動幅57~63Hz)
電源設備容量
(kVA)
*2
VLD 2.0 3.6 4.7 7.1 10.3 15.0 20.9 27.2 36.3 42.2 56.3 69.4 83.9 103.9 133.8
LD 1.7 2.9 4.3 5.4 8.9 13.6 18.1 25.4 33.1 38.6 51.3 63.5 76.7 95.3 122.5
ND 1.5 2.3 3.6 5.0 7.9 11.3 14.5 20.9 29.0 34.5 43.1 55.3 66.2 82.6 99.8
キャリア
周波数
動作範囲*3
VLD 0.5~10.0kHz
LD 0.5~12.0kHz
ND 0.5~16.0kHz
モータ始動トルク*4 200%/0.3Hz
制動 回生制動 BRD回路内蔵(放電抵抗別置) 回生制動ユニット別置
接続可能な最小抵抗値(Ω) 50 50 35 35 35 16 10 10 7.5 7.5 5 - - - -
寸法 H(高さ)(mm) 255 255 255 255 255 260 260 260 390 390 390 540 550 550 700
W(幅)(mm) 150 150 150 150 150 210 210 210 245 245 245 300 390 390 480
D(奥行)(mm) 140 140 140 140 140 170 170 170 190 190 190 195 250 250 250
保護構造 IP20*5 / UL open type
概略質量(kg) 3 3 3 3 3 6 6 6 10 10 10 22 33 33 47

*1. 定格入力電流は、定格電流出力時の値です。電源側のインピーダンス(配線、ブレーカ、入力リアクトルオプションなど)により値が変わります。
*2. 電源設備容量は、220V出力の定格電流出力時の値です。電源側のインピーダンス(配線、ブレーカ、入力リアクトルオプションなど)により値が変わります。
*3. キャリア周波数[bb101]/[bb201]の設定は、表記に従って定格設定に、内部で制限がかかります。また、キャリア周波数[bb101]/[bb201]の設定は、(駆動する最大出力周波数×10)Hz以上を推奨します。また、誘導モース(IM)制御の場合、V/f制御以外の項目は、キャリア周波数を2kHz以上に設定することを推奨します。同期モース(SM)/永久磁石モース(PMM)制御の場合、キャリア周波数を8kHz以上に設定することを推奨します。
*4. 標準モータでND定格におけるセンサレスベクトル制御適用時の値。トルク特性は、制御方式やご使用のモータにより異なる場合があります。
*5. 社内試験による自己宣言です。

三相 400V級

超軽負荷定格(VLD)/軽負荷定格(LD)/標準定格(ND)

形式
3G3RX2-□□□□□
A4007 A4015 A4022 A4037 A4055 A4075 A4110 A4150 A4185 A4220 A4300 A4370 A4450 A4550 B4750 B4900 B411K B413K
適用モータ(4極)
容量(kW)
VLD 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15 18.5 22 30 37 45 55 75 90 110 132 160
LD 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15 18.5 22 30 37 45 55 75 90 110 132 160
ND 0.75 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15 18.5 22 30 37 45 55 75 90 110 132
出力 定格出力電流
(A)
VLD 4.1 5.4 8.3 12.6 17.5 25.0 31.0 40.0 47.0 62.0 77.0 93.0 116 147 176 213 252 316
LD 3.1 4.8 6.7 11.1 16.0 22.0 29.0 37.0 43.0 57.0 70.0 85.0 105 135 160 195 230 290
ND 2.5 4.0 5.5 9.2 14.8 19.0 25.0 32.0 39.0 48.0 61.0 75.0 91.0 112 150 180 217 260
過負荷
電流定格
VLD 110% 60sec / 120% 3sec
LD 120% 60sec / 150% 3sec
ND 150% 60sec / 200% 3sec
定格出力電圧 三相(3線)380~500V(受電電圧に依存します)
定格
容量
(kVA)
400V VLD 2.8 3.7 5.8 8.7 12.1 17.3 21.5 27.7 32.6 43.0 53.3 64.4 101.8 101.8 121.9 147.6 174.6 218.9
LD 2.1 3.3 4.6 7.7 11.1 15.2 20.1 25.6 29.8 39.5 48.5 58.9 93.5 93.5 110.9 135.1 159.3 200.9
ND 1.7 2.8 3.8 6.4 10.3 13.2 17.3 22.2 27.0 33.3 42.3 52.0 77.6 77.6 103.9 124.7 150.3 180.1
500V VLD 3.6 4.7 7.2 10.9 15.2 21.7 26.8 34.6 40.7 53.7 66.7 80.5 127.3 127.3 152.4 184.5 218.2 273.7
LD 2.7 4.2 5.8 9.6 13.9 19.1 25.1 32.0 37.2 49.4 60.6 73.6 116.9 116.9 138.6 168.9 199.2 251.1
ND 2.2 3.5 4.8 8.0 12.8 16.5 21.7 27.7 33.8 41.6 52.8 65.0 97.0 97.0 129.9 155.9 187.9 225.2
入力 定格入力電流
(A)*1
VLD 4.9 6.4 9.9 15.0 20.8 29.8 36.9 47.6 56.0 73.8 91.7 110.7 175.0 175.0 209.5 253.6 300.0 376.2
LD 3.7 5.7 8.0 13.2 19.0 26.2 34.5 44.0 51.2 67.9 83.3 101.2 160.7 160.7 190.5 232.1 273.8 345.2
ND 3.0 4.8 6.5 11.0 17.6 22.6 29.8 38.1 46.4 57.1 72.6 89.3 133.3 133.3 178.6 214.3 258.3 309.5
定格入力
交流電圧
制御電源:電源単相 380~500V(許容変動幅323~550V)、50H(z 許容変動幅47.5~52.5Hz)/60Hz(許容変動幅57~63Hz)
主回路電源:三相(3線)380~500V(許容変動幅323~550V)、50H(z 許容変動幅47.5~52.5Hz)/60Hz(許容変動幅57~63Hz)
電源設備容量
(kVA)
*2
VLD 3.7 4.9 7.5 11.4 15.9 22.7 28.1 36.3 42.6 56.3 69.9 84.4 105.2 133.4 159.7 193.2 228.6 286.7
LD 2.8 4.4 6.1 10.1 14.5 20.0 26.3 33.6 39.0 51.7 63.5 77.1 95.3 122.5 145.2 176.9 208.7 263.1
ND 2.3 3.6 5.0 8.3 13.4 17.2 22.7 29.0 35.4 43.5 55.3 68.0 82.6 101.6 136.1 163.3 196.9 235.9
キャリア
周波数範囲
*3
VLD 0.5~10.0kHz 0.5~8.0kHz
LD 0.5~12.0kHz 0.5~8.0kHz
ND 0.5~16.0kHz 0.5~10.0kHz
モータ始動トルク*4 200%/0.3Hz 180%/0.3Hz
制動 回生制動 制動抵抗動作回路内蔵(放電抵抗別置) 回生制動ユニット別置
接続可能な最小抵抗値(Ω) 100 100 100 70 70 35 35 24 24 20 15 15 10 10 - - - -
寸法 H(高さ)(mm) 255 255 255 255 260 260 260 390 390 390 540 550 550 550 700 700 740 740
W(幅)(mm) 150 150 150 150 210 210 210 245 245 245 300 390 390 390 390 390 480 480
D(奥行)(mm) 140 140 140 140 170 170 170 190 190 190 195 250 250 250 270 270 270 270
保護構造 IP20*5 / UL open type IP00/UL open type
概略質量(kg) 3 3 3 3 6 6 6 8.5 8.5 8.5 22 31 31 31 41 41 53 53

*1. 定格入力電流は、定格電流出力時の値です。電源側のインピーダンス(配線、ブレーカ、入力リアクトルオプションなど)により値が変わります。
*2. 電源設備容量は、440V出力の定格電流出力時の値です。電源側のインピーダンス(配線、ブレーカ、入力リアクトルオプションなど)により値が変わります。
*3. キャリア周波数[bb101]/[bb201]の設定は、表記に従って定格設定に、内部で制限がかかります。また、キャリア周波数[bb101]/[bb201]の設定は、(駆動する最大出力周波数×10)Hz以上を推奨します。また、誘導モータ(IM)制御の場合、V/f制御以外の項目は、キャリア周波数を2kHz以上に設定することを推奨します。同期モータ(SM)/永久磁石モータ(PMM)制御の場合、キャリア周波数を8kHz以上に設定することを推奨します。
*4. 標準モータでND定格におけるセンサレスベクトル制御適用時の値。トルク特性は、制御方式やご使用のモータにより異なる場合があります。
*5. 社内試験による自己宣言です。

機能仕様

インバータ本体

項目 仕様
制御方式(モータへの出力) 正弦波PWM制御電圧出力(線間正弦波変調)
出力周波数範囲*1 0.00~590.00Hz
周波数精度 最高周波数に対して、デジタル指令±0.01%、アナログ指令±0.2%(25℃±10℃)
周波数分解能 デジタル設定:0.01Hz
アナログ設定:最高周波数/4000
(Ai1端子/Ai2端子:12bit/0~+10Vまたは0~+20mA、Ai3端子12bit/-10~+10V)
制御方式(周波数・電圧演算)*2 IM V/f制御(定トルク/低減トルク/自由)、自動ブースト制御、カスケード型センサレスベクトル制御、
0Hz域センサレスベクトル制御、センサ付きベクトル制御
SM/PMM 同期起動型スマートセンサレスベクトル制御、IVMS起動型スマートセンサレスベクトル制御
速度変動*3 ±0.5%(センサレスベクトル制御時)
加速・減速時間 0.00~3600.00sec(直線、S字、U字、逆U字、EL-S字)
ディスプレイモニタ 出力周波数、出力電流、出力トルク、トリップ来歴、入出力端子状態、入出力電力*4、PN間電圧など
始動機能 直流制動後始動、周波数拾い込み始動、周波数引込始動、減電圧始動、リトライ再始動
停止機能 フリーランストップ停止、減速停止後直流制動または端子直流制動動作(ブレーキ力、時間、動作速度調整)
ストール防止機能 過負荷制限機能、過電流抑制機能、過電圧抑制機能
保護機能*5 過電流エラー、モータ過負荷エラー、制動抵抗器過負荷エラー、過電圧エラー、メモリエラー、不足電圧エラー、
電流検出器エラー、CPUエラー、外部トリップエラー、USPエラー、地絡エラー、受電過電圧エラー、瞬時停電エラー、
温度検出器エラー、冷却ファン回転数低下、温度エラー、入力欠相エラー、IGBTエラー、出力欠相エラー、
サーミスタエラー、ブレーキエラー、低速域過負荷エラー、インバータ過負荷エラー、RS485通信エラー、など
その他の機能 V/f自由設定(7点)、上限・下限周波数リミッタ、周波数ジャンプ、曲線加減速、手動トルクブースト、省エネ運転、
アナログ出力調整機能、最低周波数、キャリア周波数調整、モータ電子サーマル機能(自由設定も可)、
インバータ電子サーマル機能、外部スタート・エンド(量・割合)、周波数入力選択、トリップリトライ、瞬停再始動、
各種信号出力、初期化設定、PID制御、電源遮断時自動減速、ブレーキ制御機能、商用切り替え機能
オートチューニング(オン・オフライン)、など
入力 周波数設定 標準LCD
オペレータ
上下左右キーによるパラメータ設定
外部信号*6 Ai1/Ai2端子(電圧切替時) 0~10Vdc電圧入力による設定(入力インピーダンス:10kΩ)
Ai1/Ai2端子(電流切替時) 0~20mA電流入力による設定(入力インピーダンス:100Ω)
Ai3端子 -10~+10Vdc 電圧入力による設定(入力インピーダンス:10kΩ)
多段速端子(入力端子機能使用) 15段速
パルス列入力(A/B端子、入力端子機能使用) 最大32kHz×2
外部ポート RS485シリアル通信による設定(プロトコル:Modbus-RTU)
正転・逆転
運転/停止
標準LCD
オペレータ
RUN(運転)/STOP(停止)キーによる実行(正転/逆転はパラメータ設定で切り替え)
外部信号 正転運転(FW)/逆転運転(RV)(入力端子機能割り付け時) 3ワイヤ入力可(入力端子機能割り付け時)
外部ポート RS485シリアル通信による設定(プロトコル:Modbus-RTU(最大:115.2kbps)
入力端子機能 11端子(A端子及びB端子はパルス列入力可)
FW(正転)/RV(逆転)、CF1~4(多段速1~4)、SF1~7(多段速ビット1~7)、ADD(周波数加算)、
SCHG(周波数指令切替)、STA(3ワイヤ起動)/STP(3ワイヤ停止)/F_R(3ワイヤ正逆)、AHD(アナログ指令保持)、
FUP(遠隔操作増速/FDN(遠隔操作減速)、UDC(遠隔操作データクリア)、F-OP(強制指令切替)、SET(第2制御)、
RS(リセット)、JG(ジョギング)、DB(外部直流制動)、2CH(2段加減速)、FRS(フリーランストップ)、EXT(外部異常)、
USP(復電再始動防止)、CS(商用切替)、SFT(ソフトロック)、BOK(ブレーキ確認)、OLR(過負荷制限切替)、
KHC(積算入力電力クリア)、OKHC(積算出力電力クリア)、PID(PID1無効)、PIDC(PID1積分リセット)、
PID2(PID2無効)、PIDC2(PID2積分リセット)、SVC1~4(PID1多段目標値1~4)、PRO(PIDゲイン切替)、
PIO(PID出力切替)、SLEP(SLEEP条件成立)/WAKE(WAKE条件成立)、TL(トルク制限有効)、
TRQ1、2(トルクリミット切替1、2)、PP(I P/PI制御切替)、CAS(制御ゲイン切替)、FOC(予備励磁)、
ATR(トルク制御有効)、TBS(トルクバイアス有効)、LAC(加減速キャンセル)、Mi1~11(汎用入力1~11)、
PCC(パルスカウンタクリア)、ECOM(EzCOM起動)、PRG(プログラムRUN)、HLD(加減速停止)、REN(運転許可信号)、
PLA(パルス列入力A、PLB(パルス列入力B)
バックアップ電源端子 P+/P-:DC24V入力(入力許容電圧:24V±10%)
STO入力端子 2端子(同時入力)
サーミスタ入力端子 1端子(正温度係数/負温度係数抵抗素子切替え可)
出力 出力端子機能 トランジスタ出力5端子、1a接点リレー 1点、1c接点リレー 1点
RUN(運転中)、FA1~5(到達信号)、IRDY(運転準備完了)、FWR(正転運転中)、RVR(逆転運転中)、
FREF(周波数指令LCDオペレータ)、REF(運転指令LCDオペレータ)、SETM(第2制御選択中)、AL(アラーム信号)、
MJA(重故障信号)、OTQ(オーバートルク)*7、IP(瞬時停電中)、UV(不足電圧中)、TRQ(トルク制限中)、
IPS(停電減速中)、RNT(RUN時間オーバー)、ONT(電源ON時間オーバー)、THM(電子サーマル警告)、
THC(電子サーマル警告)、WAC(コンデンサ寿命予告)、WAF(ファン寿命予告)、FR(運転指令信号)、
OHF(冷却フィン加熱予告)、LOC/LOC2(低電流信号)、OL/OL2(過負荷予告)、
BRK(ブレーキ解放)、BER(ブレーキ異常)、ZS(零速検出信号)、OD/OD2(PID偏差過大)、
FBV/FBV2(PIDフィードバック比較)、NDc(通信断線)、Ai1Dc/Ai2Dc/Ai3Dc(アナログ断線Ai1/Ai2/Ai3)、
WCAi1/WCAi2/WCAi3(ウィンドウコンパレータAi1/Ai2/Ai3)、LOG1~7(論理演算結果1~7)、
MO1~7(汎用出力1~7)、OVS(受電過電圧)、など
リレー
および
アラームリレー
(16,AL)
EDM出力端子 STO診断用出力
モニタ出力端子*8 パラメータのモニタデータから選択して出力可能
EMCフィルタ切替*9 EMCノイズフィルタを有効化可能(機種により切替方法は異なります)
PC外部アクセス USB Micro-B
使用環境 周囲温度*10 ND(標準負荷) -10~50℃
LD(軽負荷) -10~45℃
VLD(超軽負荷) -10~40℃
保存温度*11 -20~65℃
湿度 20~90%RH(結露のない所)
振動*12 5.9m/s2(0.6G)10~55Hz: 形3G3RX2-A2004~A2220/形3G3RX2-A4007~A4220
2.94m/s2(0.3G)10~55Hz:形3G3RX2-A2300~A2550/形3G3RX2-A4300~A413K
使用場所*13 標高1000m以下、(腐食ガス、オイルミスト、塵埃のない所)
寿命部品 主回路平滑コンデンサ設計寿命10年
冷却ファン設計寿命10年(冷却ファン搭載機種)ただし塵埃なきこと
制御回路基板上の記憶素子
適合規格*14 UL、cUL、CE規格準拠、RCM、機能安全SIL3/PLe、KC
塗装色 ブラック(Black)
操作、表示 LCDオペレータ*15
オプションスロット数 3ポート
その他のオプション 制動抵抗器、交流リアクトル、直流リアクトル、ノイズフィルタ、EtherCAT通信、PG

*1. 出力周波数範囲は、制御方式や使用するモータに依存します。60Hzを超えて運転する場合は許容最高周波数をモータメーカにご確認ください。
*2. 制御モードを変更する場合、モータ定数の設定が適切でないと、所望の始動トルクが得られない、あるいはトリップする可能性があります。
*3. モータ速度の可変領域について、可変領域は、お客様のシステム、モータの使用環境によって異なります。
*4. 入力電力・出力電力とも参考値表示であり、効率値の計算等には適しません。厳密な値を求めるには外部の機器をご使用ください。
*5. 保護機能でIGBTエラー[E030]が発生した場合、短絡保護だけでなく、IGBTが破損している場合にも発生します。インバータの動作状況によっては、IGBTエラーの代わりに過電流エラー[E001]が発生する場合もあります。
*6. 工場出荷設定では、Ai1/Ai2端子を電圧および電流をスイッチで切り替えた際に、入力される電圧入力が9.8V、電流入力が19.8mAを入力することで、最高周波数が指令されます。特性を変更したい場合は、アナログスタートエンド機能で調整します。
*7. 信号出力のしきい値は組合せモータ、パラメータ調整等により異なります。
*8. アナログ電圧モニタ、アナログ電流モニタはアナログメータ接続用の目安出力です。接続されるメータ、アナログ出力回路のバラつきにより最大出力値が10Vまたは20mAより若干ずれる場合があります。特性を変更したい場合は、Ao1調整、Ao2調整機能で調整します。一部出力できないモニタデータがあります。
*9. EMCフィルタを有効にする場合には、中性点接地の電源に接続してください。漏れ電流増大の原因になります。
*10.400V級インバータは500Vac以下の入力電圧でご使用ください。電源変動により入力電圧が500Vacを超えてしまう場合は、40℃以下の周囲温度でご使用ください。
*11.保存温度は輸送中の温度です。
*12.JIS C 60068-2-6 :2010(IEC 60068-2-6:2007)の試験方法に準拠
*13.高度1000m以上でご使用の場合、100m高度が上がる毎に気圧がおよそ1%減少します。高度が100m上がる毎に、定格電流に対し1%の電流ディレーティングを行い、評価を実施してください。
*14.絶縁距離はUL、CE規格に準拠
*15.時刻機能を使用する場合は、別売りの電池(CR2032、3V)が必要です。ご購入時、LCDオペレータには電池は入っていません。

通信ユニット

EtherCAT通信ユニットは、高機能型汎用インバータRX2シリーズに取り付けることで、100MbpsのEtherCATに対応することができる、インタフェースユニットです。

一般仕様

項目 仕様
形式 3G3AX-RX2-ECT
内部電源 インバータから供給
保護構造 開放型(IP20)
使用周囲温度 -10~+50℃
保存周囲温度 -20~+65℃
使用周囲湿度 20~90%RH(結露がないこと)
振動 *1 5.9m/s2(0.6G)、10~55Hz
使用場所 屋内(腐食ガス、オイルミスト、金属粉などのないこと)
質量 100g以下(梱包質量:約200g)
適合規格 EU指令/UK法令、UL/cUL、CSA、KC、RCM、EAC

*1. EtherCAT 通信ユニットを次のインバータで使用する際は、振動・衝撃が加わらない場所に設置してください。振動・衝撃が加わることにより通信異常や故障が発生する可能性があります。
  対象形式:3G3RX2-A2300~A2550/A4300~B413K

EtherCAT通信仕様

項目 仕様
通信規格 IEC 61158 Type12、IEC 61800-7 CiA 402 ドライブプロファイル
物理層 100BASE-TX(IEEE802.3)
コネクタ RJ45×2(シールド対応)
ECAT IN:EtherCAT入力
ECAT OUT:EtherCAT出力
通信媒体 カテゴリ5以上(アルミテープと編組の二重遮へいシールドケーブルを推奨)
通信距離 ノード間距離 100m以内
プロセスデータ 固定PDOマッピング(Fixed PDO mapping)
ユーザPDOマッピング(User PDO mapping)
メールボックス(CoE) エマージェンシーメッセージ、SDOリクエスト、SDOレスポンス
同期モード フリーランモード *1
LED表示 L/A IN(Link/Activity IN)×1
L/A OUT(Link/Activity OUT)×1
RUN×1
ERR×1
CiA402 ドライブプロファイル 速度制御モード(Velocity mode)

*1. フリーランモードは、スレーブがマスタの通信周期とは非同期に、入出力処理(入出力データの更新)を行うモードです。マスタ側のサイクルタイムで通信周期が決まります。通信ユニットの通信応答時間については、「EtherCAT通信ユニット ユーザーズマニュアル(マニュアル番号:SBCE-500)」を参照してください。なお、同期モードのフリーランモードは、インバータのフリーラン停止とは異なります。

バージョン関連情報

EtherCAT通信ユニットのユニットバージョンとSysmac Studioの対応バージョンを以下に示します。

ユニットバージョン Sysmac Studioの対応バージョン
Ver.1.0 Ver.1.47以降