Page top

GX-ILM08C

GXシリーズ IO-Link マスタユニット

GX-ILM08C

IO-Link でセンサレベルの情報を可視化し、3大現場課題を解決! 水・埃の環境でも使えるM12スマートクリックコネクタタイプの IO-Link マスタ

※ Web特別価格提供品

一般仕様

項目 仕様
ユニット電源電圧 DC20.4~26.4V(DC24V -15~+10%)
I/O電源電圧 DC20.4~26.4V(DC24V -15~+10%)
耐ノイズ性 IEC61000-4-4 に準拠 2kV(電源ライン)
耐振動 誤動作 10~60Hz 振幅幅 0.7mm、60~150Hz 50m/s2
X、Y、Z 各方向80分
耐衝撃 150m/s2 振幅幅 0.7mm
耐電圧 AC600V(絶縁されている回路間)
絶縁抵抗 20MΩ以上(絶縁されている回路間)
使用周囲温度 -10~55 ℃
使用周囲湿度 25~85%(結露なきこと)
使用周囲雰囲気 腐食性ガスのないこと
使用標高 2,000m以下
保存温度 -25~65 ℃
保存湿度 25~85%(結露なきこと)
保護構造 IP67
取付方法 M5ネジ取付
取付強度 100N
通信コネクタ強度 30N
コネクタ種類 EtherCAT通信コネクタ:M12(D-coding、メス)×2個
電源コネクタ:M12(A-coding、オス)× 1個
I/Oコネクタ:M12(A-coding、メス)*1× 8個
ネジの締付トルク *2 丸型コネクタ(通信コネクタ、電源、I/O):0.39 ~ 0.49N・m
M5(前面からのユニット取付):1.47 ~ 1.96N・m
ノードアドレス設定 SW 用カバー:0.4 ~ 0.6N・m
適合規格 *3 UL 61010-2-201、EU:EN 61131-2、RCM、KC、IO-Linkコンフォーマンス、
EtherCATコンフォーマンス

*1. IO-Linkのコネクタタイプとしては、ClassAに対応
*2. スマートクリック対応のコネクタは、コネクタを奥まで差し込み約1/8 回転してください。トルク管理は不要です。
*3. icon_01最新の適合規格については、「規格認証/適合」をご覧ください。または当社営業担当者に確認してください。

ユニット仕様

項目 仕様
ユニット名称 IO-Linkマスタユニット
形式 形GX-ILM08C
IO-Link ポート数 8
通信仕様 通信プロトコル IO-Link プロトコル
伝送速度 COM1:4.8kbps, COM2:38.4kbps, COM3:230.4kbps
トポロジー 1対1
準拠規格 ・IO-Link Interface and System Specification Version1.1.2
・IO-Link Test Specification Version1.1.2
デバイス供給電源
(IO-Link モード時、
SIO(DI)モード時)
定格電圧 DC24V(DC20.4~26.4V)
供給電流 0.2A/ポート
短絡保護機能 あり
デジタル入力
(SIO(DI)モード時)
内部I/Oコモン線処理 PNP
定格電圧 DC24V(DC20.4~26.4V)
入力電流 5mA TYP. (DC24V)
ON電圧/ON電流 DC15V以上 / 5mA以上
OFF電圧 DC5V以下
入力フィルタ時間 フィルタなし、0.25ms、0.5ms、1ms (工場出荷時設定)、
2ms、4ms、8ms、16ms、32ms、64ms、128ms、256ms
デジタル出力
(SIO(DO)モード時)
内部I/Oコモン線処理 PNP
出力タイプ プッシュプル
定格電圧 DC24V( DC20.4~26.4V)
最大負荷電流 0.3A/ポート
短絡保護機能 あり
漏れ電流 0.1mA以下
残留電圧 1.5V以下
Pin2デジタル入力
(IO-Linkモード時)
内部I/Oコモン線処理 PNP
定格電圧 DC24V(DC20.4~26.4V)
入力電流 2mA TYP. (DC24V)
ON電圧/ON電流 DC15V以上/2mA以上
OFF電圧 DC5V以下
入力フィルタ時間 フィルタなし、0.25ms、0.5ms、1ms (工場出荷時設定)、
2ms、4ms、8ms、16ms、32ms、64ms、128ms、256ms
ケーブル仕様 ケーブルタイプ 非シールド
ケーブル長 最大20 m
線間静電容量 最大3 nF
ループ抵抗 最大6 Ω
外形寸法 175(W)×33(H)×60(D) [mm]
(49.1mm(H):コネクタを含む場合)
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
I/O電源供給方法 電源コネクタからの供給
ユニット電源消費電流 60mA
I/O電源消費電流 100mA
質量 430g
回路構成 3541_sp_2_1
取付け方向と制限 取付方向:6方向が可能
制限: なし
保護機能 L+端子の短絡保護機能
C/Q端子の短絡保護機能

機能仕様

機能名称 内容
通信機能 サイクリック通信 IO-Link通信のマスタとして、IO-LinkデバイスのI/Oデータ(Process data)をサイク
リックに交換します。
同時に、コントローラのスレーブとして、それらのデータおよびIO-Linkマスタのステー
タスをコントローラとサイクリックに交換します。
光電センサの受光量、安定検出余裕度、近接センサの過接近など、デバイスの検出性能
低下の程度や使用条件の変化を確認可能です。
メッセージ通信 コントローラからのIO-Linkマスタに対するメッセージ通信コマンドを受信し、レスポン
スを返します。
また、コントローラからのIO-Linkデバイスに対するメッセージ通信コマンド/レスポン
スを仲介(ゲートウェイ)します。
運転中に、しきい値設定、チューニング実行、オンディレー時間変更などデバイスのパラ
メータの変更、調整をプログラムから実行可能です。
また、運転中にデバイスの稼働時間などの内部状態データを確認可能です。
通信モード設定機能 ポートごとに、以下を選択可能です。
IO-Linkモード、SIO(DI)モード、SIO(DO)モード、ポート無効
これにより、1つのユニットで、IO-Link通信とデジタルI/Oを混在させることができま
す。
Pin2デジタル入力機能 IO-Linkモードにて、IO-Link通信をしながら、2番ピンを使用したデジタル入力が可能
です。
IO-Link通信の伝送速度自動
設定機能
IO-Linkマスタは、各IO-Linkデバイス固有の伝送速度(COM1、COM2、COM3のいずれ
か)に自動的に合わせて、各IO-Linkデバイスと通信を行います。
したがって、ポートごとの接続デバイスの伝送速度設定は不要です。
接続デバイス照合機能 IO-Linkマスタに接続されているIO-Linkデバイスの構成と、登録したIO-Linkデバイス構
成設定を電源投入時に照合する機能です。
接続デバイス照合機能の有効または無効はユーザで選択可能です。
IO-Link通信異常検出機能 I/Oケーブルの断線、IO-Linkデバイスのポートからの離脱、デバイスイベント(エラー
レベル)、デバイス構成照合異常、IO-Linkデバイスの故障のいずれかを検出する機能で
す。
I/Oケーブル短絡異常検出
機能
デバイスのケーブルの短絡を検出する機能です。
入力データ有効通知機能 IOーLink通信でのプロセス入力データが、コントローラ側での入力処理において有効か無
効かを、「入力データ有効」フラグで確認する機能です。
コントローラとの通信異常時
の負荷遮断機能
IO-Link通信モード時またはSIOモード時、コントローラとの通信異常発生時に、IO-Link
マスタからの出力を遮断する機能です。
これにより、通信異常時に不正出力動作を避けることができます。
IO-Link通信ロストフレーム
回数積算機能
CX-ConfiguratorFDTにより、IO-Link通信ロストフレーム回数積算値を読出可能。
I/Oケーブルのノイズの影響などによる通信状態の判断に、使用することができます。
デジタル入力のフィルタ機能 SIO(DI)モード時のデジタル入力、またはIO-Linkモード時のPin2デジタル入力に対し
て、入力信号のチャタリングやノイズを除去する機能です。
チャタリングやノイズなどにより接点の状態が安定せずに入力データが変化する場合、
データの変化を防止し、安定させます。
デジタル入力データ集約機能
IO-Linkモード時、IO-Linkデバイスの入力データ内で指定されたビットデータを、IO-
Linkマスタユニットのデジタル入力データに反映する機能です。
これにより、IO-Linkデバイスの入力データ内のビットデータをIO-Linkマスタユニット
のデジタル入力データに集約できます。
1つのIO-Linkポート毎に1ビット選択が可能です。
SIO(DI)モードおよびSIO(DO)モード時は、本機能を使用できません。
本機能使用時は、Pin2デジタル入力機能は使用できません。
IO-Linkデバイス内のパラ
メータ設定のバックアップ/
リストア機能
各IO-Linkデバイスのパラメータ設定データを、IO-Linkマスタへバックアップ(保存)
またはリストア(復元)する機能です。
これにより、IO-Linkデバイス交換時のパラメータ再設定が不要となります。
イベントログ機能 IO-LinkマスタおよびIO-Linkデバイスで発生した異常や状態変化といったイベントを記
録する機能です。

*ユニットバージョンVer.1.1 以降で対応しています。

EtherCAT通信仕様

項目 仕様
通信プロトコル EtherCAT専用プロトコル
変調方式 ベースバンド
伝送速度 100Mbps
物理層 100BASE-TX(IEEE802.3)
コネクタ M12(D-coding、メス) × 2(シールド対応)
CN IN:EtherCAT 入力
CN OUT:EtherCAT 出力
通信媒体 カテゴリ5以上(アルミテープと編組の二重遮蔽シールドケーブルを推奨)
通信距離 ノード(スレーブ)間距離:100m 以内
耐ノイズ性 IEC61000-4-4 準拠 1kV 以上
ノードアドレス設定方式 16進ノードアドレススイッチまたは Configuration Tool による設定
ノードアドレス範囲 16進000~FFF(10進0~4095):ノードアドレススイッチまたは
Configuration Toolによる設定
LED 表示 UNIT PWR × 1
IO PWR × 1
L/A IN(Link/Activity IN)× 1
L/A OUT(Link/Activity OUT)× 1
RUN × 1
ERR × 1
プロセスデータ 可変 PDO マッピング(Variable PDO mapping)
PDO サイズ/ノード 2バイト~ 270バイト
メールボックス エマージェンシー・メッセージ、SDO リクエスト、SDO レスポンス、
SDO インフォメーション
同期モード Free Run モード(非同期)

バージョン情報

ユニットバージョンの種類

GXユニット 対応バージョン*
EtherCAT
形式 ユニットバージョン CPUユニット Sysmac Studio CX-ConfiguratorFDT
形GX-ILM08C Ver.1.1 Ver.1.12以降 Ver.1.20以降 Ver.2.2以降
Ver.1.0 Ver.1.12以降 Ver.1.16以降 Ver.2.2以降

*ユニットの種類によっては、上の表に記載したバージョンが存在しない場合があります。その場合には、表で示した
    対応バージョン以降のもっとも古いバージョンが対応しています。形式とバージョンの関係は各ユニットのユーザーズ
    マニュアルを参照してください。