Page top

MX-Z2000Gシリーズ

ファイバレーザマーカ

MX-Z2000Gシリーズ

高速制御〈G-DAC機能〉新搭載 微細から太字までレーザマーキングをより高速・高品質・簡単に

2020年10月受注終了予定

※ Web特別価格提供品

トレーサビリティ情報サイト

一気通貫の品質管理に役立つ情報をお届けします。

高速・高品質・簡単

微細から太線までアプリ拡大

ファイバレーザマーカ「MX-Z2000G」シリーズは、独自ファイバレーザと制御技術の進化により、レーザ微細加工の高速•高品質化を実現。簡単操作を追求した多彩な機能と合わせ、実現できるアプリケーションも拡大し、高精度の加工・マーキングで、さらなる品質・生産性の向上に貢献します。

用途に応じて選定できる充実のラインアップ

MX-Z2000Gシリーズ 特長 3

素材から形状まで対応アプリケーションがますます拡がります

MX-Z2000Gシリーズ 特長 5

高反射材料の銅のリードフレームへの2次元コード印字(DataMatrixコード□3mm,2mm,1mm)

MX-Z2000Gシリーズ 特長 6

医療用小型メス(材質:SUS)への微細文字印字(線の長さ0.6mm、文字高さ0.7mm)

MX-Z2000Gシリーズ 特長 7

IC樹脂モールドへの文字印字(発色印字)

MX-Z2000Gシリーズ 特長 8

体温計樹脂部品への製品情報・ロゴ印字

MX-Z2000Gシリーズ 特長 9

DCパワーリレー樹脂筐体への形式・2次元コード印字

MX-Z2000Gシリーズ 特長 10

アルミ製製品銘板への文字・シリアルNo.印字

MX-Z2000Gシリーズ 特長 11

黒アルマイト処理円柱ワークへの文字印字

MX-Z2000Gシリーズ 特長 12

自動車部品アルミダイキャストギアへの2次元コード印字(QRコード□7mm)

オムロン独自の高速化技術で、加工・マーキング時間を短縮

MX-Z2000Gシリーズ 特長 13

加工パワーの余力を拡げ、アプリの幅を拡大

高密度パワー×出力特性向上で強い加工

レーザ出力特性を従来比最大140%に向上。
加工パワーの余力を拡げ、より加工アプリの幅を拡大します。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 15

アルミ加工の深さ比較

MX-Z2000Gシリーズの方がより深くまで加工できています。(文字高さ1mm レーザ条件100% パルス列数3本 80kHz 1回書き)

MX-Z2000Gシリーズ 特長 16

繰り返し周波数に依存しないパルス幅で高速印字

高繰り返しで高速加工

業界最高クラス 1MHzの高繰り返しが可能。 金属剥離等の高速加工が簡単に実現できます。

繰り返し周波数が高くてもピークパワーを維持

一般的なレーザマーカと違い、高繰り返し周波数出力時においてもパルス幅が周波数に依存しないため、“高ピークパワー”を維持。

出力特性グラフ

MX-Z2000Gシリーズ 特長 20

アプリケーション例

MX-Z2000Gシリーズ 特長 21

高速制御〈G-DAC機能〉で高速綺麗

高速でも文字がくずれず綺麗に印字、さらに高速アプリを実現

レーザマーカは2つのミラーをガルバノメータで動かし、レーザを走査することで文字や図をマーキングします。
しかし従来は、高速に走査しようとすると応答が遅れ、文字や図がくずれて綺麗なマーキングができないという課題がありました。
オムロンが開発したG-DAC機能は、マーキング内容に合わせ、ガルバノメータの加速減速制御を最適化。
これによって従来比2倍の高速印字と綺麗なマーキングを実現しました。

G-DAC機能とは

オムロンが開発したGalvano Dynamic Acceleration Controlの略称です。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 24

レーザマーカ原理の模式図

下図のように、レーザマーカはスキャンミラーをガルバノメータで高速に動かすことでレーザ光を走査しています。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 25

従来との比較例

従来は速度を2倍に上げると、下記のマーキング例のように2次元コードの塗りつぶし不足が起きてしまいました。
G-DAC機能を使うと速度を2倍にしても従来同等のマーキングを実現。同じ速度なら、圧倒的に綺麗なマーキングが可能になります。

文字印字の場合

MX-Z2000Gシリーズ 特長 27

2次元コードの場合

MX-Z2000Gシリーズ 特長 28

ワーク:アルミ QRコードサイズ:□5mm

※ G-DAC機能を使用した場合の速度効果などはアプリケーションにより異なります。
  事前にテスト等で有効性のご確認をお願いします。

微細から太線まで、高品質・高精度な加工・マーキングを実現

MX-Z2000Gシリーズ 特長 29

レンズ歪みによる加工位置ずれを補正

高位置精度/座標補正機能

微細加工に求められる位置精度を実現、加工エリアの歪みを最小限に抑制します。
また、設置による誤差を解消する座標補正機能も搭載しました。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 31

適用事例

MX-Z2000Gシリーズ 特長 32

微細のアプリにも太線のアプリにも対応

微細も太線も高品質な加工・マーキング

用途に応じた加工やマーキングが高品質にできるよう微細用途向けから太線用途向けまでラインアップを準備しています。

微小スポット×高密度パワータイプ(MX-Z2000G)

熱影響を極力抑えたい小型電子部品等への最小0.2mm文字のマーキングや、銅・アルミ等の高反射材料への視認性の高い印字を実現します。

標準/太スポット×広エリアタイプ(MX-Z2050G/Z2055G)

金属だけでなく、樹脂やフィルムなど用途に応じたさまざまなアプリに対応可能。
特に太スポットタイプは太線で高品質かつ高速な塗りつぶしを可能にします。

微小と太スポットの印字比較(樹脂フィルムへの印字例(文字高さ1.5mm))

MX-Z2000Gシリーズ 特長 37

高いビーム品質を実現するMOPA方式ファイバレーザ

高品質・高安定性・長寿命のオールファイバ

独自開発のMOPA方式ファイバレーザは、安定性や信頼性に悪影響を与えやすい共振器構造やQ-SWを使用しないオールファイバレーザ。レーザメーカとして他社の追随を許さないビーム品質と、安定して長時間使用できる信頼性を実現します。

高ビーム品質

レーザのプロファイルは真円度が高いほど品質がよいといわれます。
右図のように、オムロンのレーザは真円度が高く品質の高いレーザです。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 40

MOPA方式オールファイバレーザ

一般的なファイバレーザや固体レーザはミラー等を使用し、レーザを共振させて増幅、Qスイッチをオンオフすることでレーザを出力します。この方式では高品質かつ自由度の高いレーザは困難で、信頼性・耐久性にも課題がありました。
オムロンはMOPA方式オールファイバレーザで共振器構造をなくし、高いビーム品質、高安定、長寿命かつ高い自由度を実現しました。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 41

用途や素材に合わせて柔軟に熱コントロール

フレキシブルパルスコントロール機能

MX-Z2000Gシリーズはレーザ加工条件設定幅が広く、かつレーザのパルス列を可変でき、多様な用途や素材にきめ細かな加工を実現します。

フレキシブルパルスコントロール機能とは

1つのパルス波形を繰り返す一般的なレーザパルスに対し、パルス波形を可変できる1~20本のパルス列とし、しかもパルス列を最大1MHzで繰り返すことが可能。「熱を与えにくい加工」「熱を加える加工」などきめ細かく用途に応じた加工や、焦げやムラ、ダメージの発生などの「難加工材料」に対しても最適な加工を実現します。

レーザ波形のイメージ図

MX-Z2000Gシリーズ 特長 45

マーキング例

パルス列幅の調整で金属や樹脂の発色を細かくコントロールできます。

ステンレス・樹脂の発色コントロール

MX-Z2000Gシリーズ 特長 47

さまざまなカラーマーキングも実現(SUS304)

MX-Z2000Gシリーズ 特長 48

誰にでも使いやすく作業工数やコストを削減

MX-Z2000Gシリーズ 特長 49

レーザマーカ本体にデータ編集機能を標準装備

簡単データ編集

別売のデータ編集ソフトや、データ編集にパソコンを使用する必要はありません。レーザマーカ本体に、データ編集機能を搭載し、簡単にデータ編集が可能です。もちろんパソコンでもデータ編集できるようオフライン編集ソフトも標準添付。 レーザマーカ本体と同じ操作画面で、データ作成、フォント・ロゴ編集も可能です。

オフライン編集ソフトも標準添付

他のパソコンを使用し、レーザマーカ本体と同じ操作画面で、データ作成、フォント・ロゴ編集も可能。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 52

オフラインデータ編集

マーキングデータの作成・編集をすることができます。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 53

フォント•ロゴ編集

フォント・ロゴ(図形)・パターンデータを最適化することができます。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 54

現場にパソコンを持ち込まずに簡単操作

リモートタブレット機能(オプション)

現場での日常運用や保守にハンディタイプのタブレットが使用可能です。
レーザマーカの各種モニタリングやデータ切替、印字調整など現場での作業が一段と便利になりました。

※詳細は担当営業にお問い合わせ下さい。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 56

円柱、斜面、段差等への印字が簡単

高精度Z軸可変システム

特別なオプションソフトも不要、簡単な設定だけで、円柱、斜面、段差などの3D形状のマーキングが可能です。

焦点位置は170±10mm(MX-Z2000G)、220±10mm(MX-Z2050G/MX-Z2055G)の範囲で高精度に可動。
斜面や円柱であっても非常に綺麗なマーキングを実現します。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 58

複数マーカのデータ共有やオムロン製品との接続が簡単

サーバデータ共有/つなぎ強化

サーバデータ共有

MX-Z2000Gシリーズをネットワークに接続し、パソコンサーバ上でマーキングデータを管理することが可能です。
多品種で大量のマーキングデータを使用している場合や、テストルームと製造現場が離れている場合、複数のマーカを使用している場合など、簡単・スピーディにデータの共有や切替が実現できます。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 60

つなぎ強化

オムロンのPLCとの接続はRS-232CやEthernetで接続可能。簡単接続できるよう、プロトコルマクロや接続手順を準備しています。

ファインダ画面で簡単に位置確認しながら加工可能

ファインダ機能(オプション)

微小な部品を扱う場合、位置が目視できない状態ではマーキングが非常に困難です。オムロンは大きなディスプレイで位置を観察しながらマーキングできるよう、ファインダ機能オプションを準備しました。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 63

レンズ選択で観察視野を選択可能

レンズを選択することで拡大や広視野に対応。
また、画像センサ等を使用することでマーキング直後のコード読み取り等も可能となります。

画像センサを使用した応用例として、ワークを検出することで印字位置補正、加工レシピの変更や段取り替えなど様々な用途に用いることができます。

※詳細は担当営業にお問い合わせ下さい。

MX-Z2000Gシリーズ 特長 65

ICパッケージサイズ:□15mm

印字見本

MX-Z2000Gシリーズ 特長 66

MicrosoftおよびWindowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。