Page top

定格

操作コイル

接点構成 定格電圧 定格電流
(mA)
コイル抵抗
(Ω)
動作電圧
(V)
復帰電圧
(V)
最大許容電圧
(V)
消費電力
(mW)
1a DC DC5 40 125 75%以下 5%以上 190%
(at23℃)
約200
DC9 22.2 405
DC12 16.7 720
DC24 8.3 2880
1c DC5 80 63 5%以上
5~25%*
約400
約36*
DC9 44.4 202
DC12 33.3 360
DC24 16.7 1440

注1. 定格電流、コイル抵抗はコイル温度が+23度における値で、公差は±10%です。
注2. 動作特性はコイル温度が+23度における値です。
注3. 最大許容電圧はリレーコイルに印加できる電圧の最大値です。
icon_01*-PWタイプ(保持電圧対応)のみ適用。保持電圧使用時のコイル消費電力は約36mW。詳細については、「ご使用の前に」の「リレー動作後のコイル電圧低減(保持電圧)について」をご確認ください。

開閉部(接点部)

負荷 抵抗負荷
1a 1c
接触機構 シングル
接点材質 Ag合金(Cdフリー材)
定格負荷 AC125V 10A 
AC125V 3A 
AC250V 5A
AC250V 3A 
DC 30V 5A
AC125V 10A(N.O.) AC125V 3A(N.C.)
AC125V 3A(N.O.) AC250V 3A(N.C.)
AC250V 5A(N.O.) DC 30V 3A(N.C.)
AC250V 3A(N.O.)
DC 30V 5A(N.O.)
定格通電電流 10A(N.O.)/3A(N.C.)
接点電圧の最大値 AC277V、 DC30V
接点電流の最大値 AC : 10A(N.O.)/3A(N.C.)
DC : 5A(N.O.)/3A(N.C.)

性能

種類 基準形
接触抵抗 *1 100mΩ以下
動作時間 10ms以下
復帰時間 5ms以下
絶縁抵抗 *2 1,000MΩ以上
耐電圧 コイルと接点間 AC4,000V 50/60Hz 1min
同極接点間 AC1,000V 50/60Hz 1min
絶縁距離 コイルと接点間 空間:5.5mm、沿面:6.4mm
耐衝撃電圧(コイルと接点間) 8kV(1.2×50μs)
振動 耐久 10~55~10Hz 片振幅0.75mm(複振幅1.5mm)
誤動作 10~55~10Hz 片振幅0.75mm(複振幅1.5mm)
衝撃 耐久 1000m/s2
誤動作 100m/s2
耐久性 機械的 1,000万回以上(開閉ひん度18,000回/h)
電気的 ・N.O.側接点
 AC125V 10A 抵抗負荷 5万回以上(開閉ひん度 1秒ON-3秒OFF)
 AC125V 3A 抵抗負荷 20万回以上(開閉ひん度 1秒ON-1秒OFF)
 AC250V 3A 抵抗負荷 10万回以上(開閉ひん度 1秒ON-1秒OFF)
 AC250V 5A 抵抗負荷 5万回以上(開閉ひん度 1秒ON-1秒OFF)
 DC 30V 5A 抵抗負荷 10万回以上(開閉ひん度 1秒ON-1秒OFF)
・N.C.側接点
 AC125V 3A 抵抗負荷 20万回以上(開閉ひん度 1秒ON-1秒OFF)
 AC250V 3A 抵抗負荷 10万回以上(開閉ひん度 1秒ON-1秒OFF)
 DC 30V 3A 抵抗負荷 10万回以上(開閉ひん度 1秒ON-1秒OFF)
故障率 P水準(参考値 *3) DC5V 10mA
使用周囲温度範囲 -40~+85℃(ただし、 氷結および結露しないこと)
使用周囲湿度範囲 5~85%RH
質量 約6.5g

注. 上記は初期における値です。
*1. 測定条件:DC5V 1A 電圧降下法にて。
*2. 測定条件:DC500V絶縁抵抗計にて、耐電圧の項と同じ箇所を測定。
*3. この値は開閉ひん度120回/minにおける値です。