Page top

CP1H

プログラマブルコントローラ

CP1H

多軸高速の位置決め制御、アナログ制御に、プログラム容量20Kステップ、100nsの高速処理。CJシリーズの高機能(CPU)ユニットを使用可能

形W4S1-05B/05Cは2022年3月、形W4S1-03Bは2024年3月受注終了予定

※ Web特別価格提供品

一般仕様

タイプAC電源タイプDC電源タイプ
形式形CP1H-□□□-A形CP1H-□□□-D
電源電圧AC100~240V 50/60HzDC24V
許容電源電圧AC85~264VDC20.4~26.4V
(増設台数が4 台以上のときはDC21.6~26.4V)
消費電力100VA以下(形CP1H-□□□-A)50W以下(形CP1H-□□□-D)
突入電流 *AC100~120V入力時
 20A以下(常温にてコールドスタート時) 
 8ms以下
AC200~240V入力時
 40A以下(常温にてコールドスタート時) 8ms以下
30A以下(常温にてコールドスタート時)
20ms以下
外部供給電源DC 24V 300mAなし
絶縁抵抗AC外部端子一括とGR端子間
20MΩ以上(DC500V絶縁抵抗計)
DC一次電源とDC二次電源間は非絶縁です。
耐電圧AC外部端子一括とGR端子間
AC 2,300V 50/60Hz 1分間 漏れ電流5mA以下
DC一次電源とDC二次電源間は非絶縁です。
耐ノイズ性IEC 61000-4-4に準拠 2kV(電源ライン)
耐振動JIS C60068-2-6に準拠 10~57Hz 振幅0.075mm 57~150Hz 加速度9.8m/s2
X、 Y、 Z各方向80分間(掃引時間8分×掃引回数10回=合計80分)
耐衝撃JIS C60068-2-27に準拠 147m/s2 X、 Y、 Z方向に各3回
使用周囲温度0~55℃
使用周囲湿度10~90%RH(結露のないこと)
使用周囲雰囲気腐食性ガスのないこと
保存周囲温度−20~+75℃(バッテリを除く)
電源保持時間10ms以上2ms以上

*上記値はAC電源:常温・コールドスタート時の条件、DC電源:コールドスタート時の条件です。
 ・AC電源の突入電流制限回路には、サーミスタ素子(低温時電流抑制特性)を使用しております。
  周囲温度が高い場合や電源OFF時間が短いホットスタート時は、サーミスタ素子が十分冷めていないため、突入電流値が上記値をオーバーする(最大で上記値の約2倍)場合があります。
  外部回路のヒューズやブレーカを選定される際は、溶断・検知特性や上記内容を考慮の上、余裕を持った設計を行ってください。
 ・DC電源の突入電流制限回路については、コンデンサ充電型の遅延回路を使用しております。
  電源OFF時間が短いホットスタート時は、コンデンサが放電されないため、突入電流値が上記値をオーバーする(最大で上記値の約2倍)場合があります。

性能仕様

タイプCP1H-XAタイプCP1H-XタイプCP1H-Yタイプ
形式形CP1H-XA□□□-□形CP1H-X□□□-□形CP1H-Y□□□-□
制御方式ストアードプログラム方式
入出力制御方式サイクリックスキャン方式と都度処理方式を併用
プログラム言語ラダーチャート方式
ファンクションブロックファンクションブロック定義最大数128、 インスタンス最大数256
ファンクションブロック定義内使用可能言語 : ラダーチャート、 ストラクチャードテキスト(ST)
命令語長1~7ステップ/1命令
命令種類約500種類(FUN No.は3桁)
命令実行時間基本命令: 0.10μs~ 応用命令: 0.15μs~
共通処理時間0.7ms
プログラム容量20Kステップ
タスク数288個(サイクル実行タスク32個、 割込タスク256個)
定時割込タスク1個(割込タスクNo.2固定)
入力割込タスク8個(割込タスクNo.140~147固定)6個(割込タスクNo.140~145固定)
(他に高速カウンタ割込で割込タスクを指定して実行可能)
サブルーチン番号最大値256個
ジャンプ番号最大値256個
チャネル
I/Oエリア
入力リレー272点(17CH) 0.00~16.15
出力リレー272点(17CH) 100.00~116.16
内蔵アナログ入力0200~0203CH――
内蔵アナログ出力0210~0211CH――
シリアル
PLCリンクリレー
1,440点(90CH) 3100.00~3189.15(3100~3189CH)
内部補助リレー8,192点(512CH) W0.00~W511.15と
チャネルI/O 37,504点(2344CH) 3800.00~6143.15(3800~6143CH)他
一時記憶リレー16点 TR0~TR15
保持リレー8,192点(512CH) H0.00~H511.15(H0~H511)
特殊補助リレー読出専用(書込不可) 7,168点(448CH) A0.00~A447.15(A0~A447)
読出/書込可能 8,192点(512CH) A448.00~A959.15(A448~A959)
タイマ4,096点 T0~T4095
カウンタ4,096点 C0~C4095
データメモリ32Kワード D0~D32767
データレジスタ16点(16ビット) DR0~15
インデックスレジスタ16点(32ビット) IR0~15
タスクフラグ32点 TK0000~TK0031
トレースメモリ4,000ワード(トレース対象データが最大(31接点、 6CH)のとき500サンプリング分)
メモリカセット専用メモリカセット(形CP1W-ME05M)を装着可能 
※プログラムデータのバックアップ/オートブート用途
時計機能あり 精度 : 月差 −4.5分~−0.5分(周囲温度55℃)、 −2.0分~+2.0分(周囲温度25℃)、
−2.5分~+1.5分(周囲温度0℃)
通信機能内蔵ペリフェラルポート(USB1.1)×1 : サポートソフト接続のみ
シリアル通信オプションボードを最大2個装着可能
Ethernet通信オプションボードを最大2個装着可能(Ver.1.0ご使用時は最大1個装着可能)
メモリバックアップフラッシュメモリ : ユーザプログラム、 パラメータ(PCシステム設定等)、 コメント情報、
            データメモリ全領域をフラッシュメモリに保存できます(データメモリ初期値)
バッテリバックアップ : 保持リレー、 データメモリ、 カウンタ(フラグ・現在値)
電池寿命25℃で5年間(交換用バッテリは、 製造後2年以内のものをご使用ください。)
内蔵入出力点数40点(入力24点、 出力16点)20点(入力12点、 出力8点)
ラインドライバ入力 : A、 B、 Z相を2軸分
ラインドライバ出力 : CW、 CCWを2軸分
拡張I/O接続可能数CPシリーズ 拡張ユニット : 最大7台、
CJシリーズ 高機能I/Oユニット/CJシリーズ CPU高機能ユニット : 最大2台
最大入出力点数320点(=内蔵40点+拡張40点×7台)300点(=内蔵20点+拡張40点×7台)
入力割込8点(入力割込カウンタモード、 パルスキャッチと共用)6点(入力割込カウンタモード、 パルスキャッチと共用)
入力割込カウンタモード8点(応答周波数は全点合計で5kHz以下)
数値範囲 : 16ビット
加算カウンタまたは減算カウンタ
6点(応答周波数は全点合計で5kHz以下)
数値範囲:16ビット
加算カウンタまたは減算カウンタ
パルスキャッチ入力8点(最小パルス入力 : 50μs以上)6点(最小パルス入力 : 50μs以上)
定時割込1点
高速カウンタ4点 位相差(4逓倍) 50kHz
   単相(パルス+方向、 加減算、
   加算) 100kHz  
   数値範囲 : 32ビット リニアモード/
           リングモード
   割込 : 目標値一致比較/帯域比較
2点 位相差(4逓倍) 500kHz 単相1MHz
2点 位相差(4逓倍) 50kHz
   単相(パルス+方向、 加減算、
   加算) 100kHz
   数値範囲 : 32ビット リニアモード/
           リングモード
   割込 : 目標値一致比較/帯域比較
パルス出力
(トランジスタ出力
タイプのみ)
パルス出力台形加減速/S字加減速
(デューティ比50%固定)
4点 1~100kHz
(CCW/CWまたはパルス+方向)
台形加減速/S字加減速
(デューティ比50%固定)
2点 1~1MHz
(CCW/CWまたはパルス+方向)
2点 1~100kHz
(CCW/CWまたはパルス+方向)
PWM出力デューティ比0.0~100.0%(0.1%単位で指定)
2点 0.1~6553.5Hz(精度 ±5% : 1kHz時)
内蔵アナログ入出力AD4点/DA2点なし
アナログボリューム1点(設定範囲 : 0~255)
外部アナログ設定入力1点(分解能 : 1/256 入力範囲 : 0~10V) 非絶縁

*CJ高機能I/O、CJ CPU高機能ユニットのメモリエリアはCJシリーズと同じ割り付けとなります。
 詳細は、「CJ1カタログ(カタログ番号:SBCB-012)」を参照ください。