Page top

項目 仕様
制御方式 ストアードプログラム方式
入出力制御方式 サイクリックスキャン方式と都度処理方式を併用*1
プログラム言語 ラダー図
ストラクチャードテキスト(ST)*2
シーケンシャルファンクションチャート(SFC)*2
インストラクションリスト(IL)
命令語長 1~7ステップ/1命令
命令種類 約400種類(FUN No.は3桁)
命令実行時間 基本命令 0.02μs~
応用命令 0.04μs~
タスク数 サイクル実行タスク: 32
割込タスク: 256
(割込タスクを追加タスクで利用するとサイクル実行タスクとして288タスク使用可能)
注1. サイクル実行タスクは、毎サイクル実行されるタスク(TKON/TKOF命令により制御可能)
注2. 割込タスクは、次の4種類が可能。電断割込タスク最大1個、定時割込タスク最大2個、I/O割込タスク最大32個、
外部割込タスク最大256個。CS1D CPUユニット(CPU単独システム用)形CS1D-CPU□□S/SAで使用可能。CS1D
CPUユニット(CPU二重化システム用)形CS1D-CPU□□H/P/HAでは割込は使用できません。
割込種類
注. CPU単独システム用
形CS1D-CPU□□S/SAでのみ
使用可能です。
定時割込 : CPUユニット内部タイマによる一定時間間隔の割込、
I/O割込 : 割込入力ユニットからの割込、
電断割込 : CPUユニットの電源断時に実行される割込、
外部I/O割込 : 高機能I/Oユニット、 CPU高機能ユニット、 INNERボードからの割込
ファンクションブロック*2 ファンクションブロック定義内使用可能言語:ラダー言語、ST言語
CIO 
(チャネルI/O)
エリア
入出力リレー 5120点(320CH) : 000000~031915(0000~0319CH)
ただし、ラック先頭チャネル設定を変更すれば
(デフォルト値は0000CH)、0000CH~0999CHを使用可能。
CSシリーズ基本I/Oユニット用リレー
左記用途に使用しない場合、 内部補助リレー
データリンクリレー 3200点(200CH) : 100000~119915(1000~1199CH)
Controller Linkのデータリンク用リレー
CPU高機能
ユニットリレー
6400点(400CH) : 150000~189915(1500~1899CH)
CSシリーズCPU高機能ユニットのステータス情報などを
割り付けることができるリレー(25CH/1ユニット、計16ユニット)
高機能I/O
ユニットリレー
15360点(960CH) : 200000~295915(2000~2959CH)
CSシリーズ高機能I/Oユニットを割り付けることができるリレー
(10CH/1ユニット、計96ユニット。ただし、増設を含めた
合計スロット数は最大80の制限のため、実質80ユニットが最大)
INNERボードリレー 1600点(100CH) : 190000~199915(1900~1999CH)
INNERボードのエリアを割り付けることができるリレー
(入出力計100CH)
SYSBUSリレー 800点(50CH) : 300000~304915(3000~3049CH)
(内部補助リレーとして使用可能)
伝送I/Oリレー 512点(32CH) : 310000~313115(3100~3131CH)
(内部補助リレーとして使用可能)
内部補助
リレー
CIO(チャネルI/O)
エリア
4800点(300CH)  : 120000~149915(1200~1499CH)
37504点(2344CH) : 380000~614315(3800~6143CH)
プログラム上だけで使用できるリレー(外部入出力端子との入・出力はできません)
Wリレー 8192点(512CH) : W00000~W51115(W000~W511CH)
プログラム上だけで使用できるリレー(外部入出力端子との入・出力はできません)
注. 内部補助リレーは、基本的にこれを優先使用してください。
保持リレー 8192点(512CH) : H00000~H51115(H000~H511CH)
プログラム上だけで使用でき、 電源断復帰またはモード切替時もON/OFF状態を保持するリレー
注. H512~H1535CHは、ファンクションブロック専用保持リレーです。 *2
FBインスタンスエリア(変数の内部割当範囲)にのみ設定することができます。 *2
特殊補助リレー 読出可/書込不可 : 7168点(448CH) : A00000~A44715(A000~A447CH)
読出可/書込可  : 8192点(512CH) : A44800~A95915(A448~A959CH)
特定機能をもつリレー
一時記憶リレー 16点(TR0~15)
回路の分岐点でのON/OFF状態を一時記憶するリレー
タイマ 4096点 : T0000~T4095(カウンタとは別)
カウンタ 4096点 : C0000~C4095(タイマとは別)
データメモリ(DM) 32Kワード : D00000~D32767
 高機能I/Oユニット用DMエリア:D20000~D29599(100CH×96号機) :
       高機能I/Oユニットのシステム設定などに使用
 CPU高機能ユニット用DMエリア:D30000~D31599(100CH×16号機) :
       CPU高機能ユニットのシステム設定などに使用
 INNERボード用DMエリア  :D32000~D32099 :
       INNERボードのシステム設定などに使用。 CPU単独システムでのみ使用可能
ワード(16点)単位で読み書きする汎用データエリア、 電源断復帰またはモード切替時もON/OFF状態を保持する
拡張データメモリ(EM) 32Kワード/1バンク×1~最大25バンク:E0_00000~最大E18_32767(CPUユニット形式による)
ワード(16点)単位で読み書きする汎用データエリア、 電源断復帰またはモード切替時もON/OFF状態を保持する。
バンクに分かれていて、アドレス指定には、1) バンク切替命令により、バンクを切替え、カレントバンク内のアドレスで
指定する方法と、2) バンク番号とアドレスをセットで直接指定する2つの方法がある。
指定バンク番号以降をファイルメモリ化することが可能(EMファイルメモリ)。
データレジスタ DR0~15 : レジスタ間接参照のオフセット値を格納するための専用レジスタ
(タスク毎に独立して使用可能。 レジスタは16ビット=1CH)
インデックスレジスタ IR0~15 : レジスタ間接参照のためにI/Oメモリ実効アドレスを格納する専用レジスタ
(タスク毎に独立して使用可能。 レジスタは32ビット=2CH)
タスクフラグ 32点(TK0000~0031) : サイクル実行タスクが実行状態のときON、 未実行状態または待機状態のときOFFとなる。
読み出し専用
トレースメモリ 4000ワード(データトレースでトレース対象データが最大(31接点、 6チャネル)のとき500サンプリング分)
ソース/
コメント
メモリ
*2
プログラムソース、
コメント、
プログラム
インデックス、
変数テーブル
容量:2M バイト
ファイルメモリ メモリカード:当社製メモリカード128Mバイト/256Mバイト *2 /512Mバイト *2 タイプが使用可能(MS-DOSフォーマット)
EMファイルメモリ:EMをファイルメモリ化して使用可能(MS-DOSフォーマット)。メモリ容量は、各CPUユニットの
EMエリアの最大容量(最大容量:形CS1D-CPU68HA:1600KB)
各機能 並列処理モード プログラム実行と周辺サービスを同時に行うことが可能(形CS1D-CPU□□S/SAのみ)
バッテリレス運転 フラッシュメモリ標準装備、 ユーザプログラムとシステムのパラメータを自動的にバックアップ
サイクルタイム
一定化機能
可能(1~32,000ms)(1ms単位)
サイクルタイム
監視時間
監視可能(オーバー時運転停止、 監視時間 : 1~40,000ms)(10ms単位)
I/Oリフレッシュ
方式
サイクリックリフレッシュ、 都度リフレッシュ *1、 I/Oリフレッシュ命令によるリフレッシュ
運転モード変更時の
I/Oメモリ保持
可能(特殊補助リレーのI/Oメモリ保持フラグによる)
負荷遮断機能 全出力ユニットのOFF(遮断)が可能
入力時定数
設定機能
基本I/Oユニットの入力時定数を設定可能。 大きくすることで、 入力接点のチャタリングやノイズの影響を受けにくく
することが可能。 小さくすることで、 短いパルス入力も検知可能(形CS1用基本I/Oユニットのみ)
電源ON時の
モード指定
モード指定可能
メモリカード機能 メモリカードからのプログラムの電源ON時自動読み出し(オートブート)可能
メモリカード保存データ ユーザプログラム : プログラムファイル形式
PLCシステム設定 : データファイル形式(BIN形式)
I/Oメモリ : データファイル形式(BIN形式)、
       TXT形式、 CSV形式
メモリカード読み書き方法 ユーザプログラム上の専用命令、
周辺ツール(プロコンを含む)、
上位リンクパソコン
ファイル機能 メモリカード内のデータ、 および拡張データメモリ(EM)領域をファイルとして扱うことが可能
デバッグ機能 強制セット/リセット、 微分モニタ、 データトレース(定周期、 1サイクル毎、 命令実行時)、
プログラム停止時プログラムアドレス格納
オンラインエディット プログラムモードまたはモニタモード時に、 ユーザプログラムの複数回路を一括で書き換え可能
(ブロックプログラム領域は除く)
プログラム
プロテクト機能
書き替え防止 : ディップスイッチにより設定
読み出し(コピー)防止 : 周辺ツールからパスワードを設定
故障診断機能 ユーザ定義故障診断可能(運転停止異常、 運転継続異常をユーザが定義可能)
1回路時間診断・1回路論理診断が可能(FPD命令)
異常履歴機能 最大20個の異常履歴を記憶可能(故障コード、 故障内容、 発生時刻)
シリアル通信機能 内蔵ペリフェラルポート×1ポート:周辺ツール(プロコンを含む)接続、 上位リンク、 NTリンク
内蔵RS-232Cポート×1ポート :周辺ツール(プロコン含まず)接続、 上位リンク、 無手順、 NTリンク
シリアルコミュニケーションボード(別売り) : プロトコルマクロ機能、 上位リンク、 NTリンク
時計機能 標準搭載 
注. 電源ON時の時刻、異常発生時の時刻を記憶可能
電断検知時間 10~25ms(不確定)
電断検知延長時間 0~10ms(ユーザ設定、 初期設定 : 0ms)
停電保持機能 保持領域 : 保持リレー、 データメモリ、 拡張データメモリ、 カウンタフラグ・現在値
注. 特殊補助リレーのI/Oメモリ保持フラグをONとし、かつPLCシステム設定の電源ON時I/Oメモリ保持フラグ保持
を保持設定にすると、CIOエリア、内部補助リレーW、特殊補助リレーの一部、タイマフラグ・現在値、インデッ
クスレジスタ、データレジスタを保持
上位リンク接続の
コンピュータへの
手上げ機能
上位リンクで接続されたコンピュータに対して、 プログラマブルコントローラ側がネットワーク通信命令により、
必要時にFINSコマンドを発行することが可能
リモート
プログラミング/
モニタリング
上位リンク経由、Controller Linkまたはイーサネットネットワーク上のプログラマブルコントローラの
リモートプログラミング/モニタリングが可能
階層越えメッセージ
通信機能*3
CPU二重化システムの場合: 3階層越えまで可能
CPU単独システムの場合: 8階層越えまで可能
メモリカード内への
コメント記憶
メモリカード、EMファイルメモリまたはCPUユニットフラッシュメモリ内コメントメモリ *2 にI/Oコメントを記憶
可能
プログラムチェック
機能
END命令なしや命令異常などのプログラムチェックを常に行います。
また周辺ツール(プロコンを除く)からのプログラムチェックが可能
制御出力信号 運転中出力 : CPUユニットが運転中(「運転」モードまたは「モニタ」モード)であれば、
接点が閉(電源ユニット 形CS1D-PA207Rのみ可)
電池寿命 25℃で5年間(ただし、 使用周囲温度や通電状態により最短1.1年)(バッテリセット : 形CS1W-BAT01) *4
自己診断機能 CPU異常(ウォッチドッグタイマ)、 I/O照合異常、 I/Oバス異常、 メモリ異常、 電池異常
その他の機能 電源断発生回数、 電源断時刻、 通電時間の記憶(特殊補助リレーに格納)

*1. 形CS1D-CPU□□H/HA/Pでは、都度リフレッシュは使用できません(形CS1D-CPU□□S/SAでは可)。
*2. CPUユニット ユニットVer. 4.0以降のみ
*3. 最大8階層までネットワーク越えすることが可能なネットワークは、Controller Link、Ethernetのみです。(8階層の組合せは自由)
SYSMAC LINK、DeviceNet、FL-netは3階層越えになります。
また、8階層越えのネットワークを構築する場合は、CX-Integratorもしくは、CX-Programmer Ver.4.0以降のCX-Netで、ルーチングテーブルを設定することが必要です。
*4. 交換用バッテリは製造後2年以内のものをご使用ください。