Page top

CXONE-AL□□D-V4

FA統合ツールパッケージ CX-One

CXONE-AL□□D-V4

PLCプログラミングツールを中心に、表示器・サーボ・インバータ・ネットワーク設定・温調の各設定ツールからなる統合ツールパッケージ

※ Web特別価格提供品

構成品

セットアップディスク :(DVD版)DVD 1枚 ケース入り
ご案内: A4サイズ(英語/日本語)
ソフトウェア使用許諾契約書/ユーザ登録はがき(英語/日本語)/製品登録のご案内

構成周辺ツール

CX-Oneでインストールされる周辺ツール(CX-One構成周辺ツール)は以下のとおりです。

CX-One構成周辺ツール 概略説明
CX-Programmer CS/CJ/CP/NSJシリーズ、Cシリーズ、CVM1/CVシリーズのプログラム作成やデバッグを行うためのソフトウェ
アです。位置制御ユニット(高速タイプ)の各種データ作成やモニタリングも可能です。
CX-Integrator ControllerLink、DeviceNet、CompoNet、CompoWay/F、Ethernetなど、FAネットワークを立ち上げ、設定を行う
ためのソフトウェアです。ルーチングテーブルコンポーネント、データリンクコンポーネントを起動可能です。
DeviceNetコンフィグレータ機能を含みます。
Switch Box Utility PLCのデバッグ作業を支援するユーティリティソフトウエアです。ユーザが指定するPLC内のアドレスの入出力状
態や現在値を、簡単にモニタ/変更することが可能です。
CX-Protocol CS/CJ/CP/NSJシリーズ、SYSMAC αシリーズのシリアルコミュニケーションボード/ユニット/オプションボー
ドと接続された、汎用外部機器とのデータ送受信手順(プロトコル)を作成するためのソフトウェアです。
CX-Simulator CS/CJ/CP/NSJシリーズ CPUの動作をパソコン上でシミュレートし、CPUユニットなしでもプログラムのデバッ
グを行えるようにするソフトウェアです。
CX-Position CS/CJシリーズ位置制御ユニット(高速タイプを除く)の各種データの作成やモニタリングを行うためのソフトウェアです。
CX-Motion-NCF CS/CJシリーズMECHATROLINK-Ⅱ対応位置制御ユニット(NC□71)の各種データの作成やモニタリングを行うた
めのソフトウェアです。
CX-Motion-MCH CS/CJシリーズMECHATROLINK-Ⅱ対応モーションコントロールユニット(MCH71)の各種データの作成、モー
ションプログラムの作成およびモニタリングを行うためのソフトウェアです。
CX-Motion CSシリーズ、αシリーズ、CVM1/CVシリーズMCユニットの各種データの作成、MCプログラムの作成およびモニ
タリングを行うためのソフトウェアです。
CX-Drive インバータ・サーボの各種データの設定や調整を行うためのソフトウェアです。
CX-Process Tool CS/CJシリーズ ループコントローラ(ループコントロールユニット/ボード、プロセスCPUユニット、ループCPU
ユニット)の計器ブロック作成やデバッグを行うためのソフトウェアです。
NSフェースプレート自動生成ツール CX-Process Too(l ツールソフト)上で作成された計器ブロックのタグ情報から、NSシリーズPT用の画面データ(プ
ロジェクトファイル)を自動的に生成するソフトウェアです。PT上でループコントローラをモニタ/チューニングす
ることが可能です。
CX-Designer プログラマブルターミナルNSシリーズの画面データを作成するためのソフトウェアです。
NV-Designer 小型プログラマブルターミナルNVシリーズの画面データを作成するためのソフトウェアです。
CX-ConfiguratorFDT フィールドデバイスの設定、診断、保守用のFDTフレームアプリケーションです。
IO-Linkデバイスの設定を行うためのソフトウェアです。
CX-Thermo デバイス(温度調節器などのコンポーネント)のパラメータの設定と調整をするソフトウェアです。
CX-FLnet CS/CJシリーズ FL-netユニットのシステム設定、モニタリングを行うためのソフトウェアです。
Network Configurator CJ2(EtherNet/IP機能つき)CPUユニットやEtherNet/IPユニットでタグデータリンクの設定/モニタリングを行うた
めのソフトウェアです。
NX-IO Configurator EtherNet/IPカプラユニットおよび、EtherNet/IPカプラユニットに装着された各NXユニットの設定やメンテナンス
を行うためのソフトウェアです。
CX-Server CX-One周辺ツールがPLCや表示器、温調器などのオムロン製コンポーネントと通信するために必要なミドルウエア
から構成されます。
Communications Middleware CP1L Ethernet内蔵タイプと通信するために必要なミドルウェアです。
PLC Tools 以下の各種コンポーネントから構成されます。
I/Oテーブル、PLCメモリ、PLCシステム設定、データトレース/タイムチャートモニタ、PLC異常履歴、ファイル
メモリ、PLC時計、ルーチングテーブル、データリンクテーブルなど

動作環境

項目 システム要件
オペレーティングシステム(OS)*1*2 Windows 7(32bit版/64bit版)/Windows 8(32bit版/64bit版)/Windows 8.1(32bit版/64bit版)/
Windows 10(32bit版/64bit版)
CPU Microsoft社が推奨するプロセッサ
メモリ *3 Microsoft社が推奨するメモリ
ハードディスク CX-Oneをすべてインストールする場合は、約4.0GB以上の空き容量が必要。
ディスプレイ XGA(1,024×768)、High Color16ビット以上
ディスク装置 DVD-ROMドライブ
通信ポート RS-232Cポート、USBポート、Ethernetポート *4
その他 インターネットで、オンラインユーザ登録する場合、モデムなどの接続に必要なハードウェア、およびインターネッ
トのアクセス権が必要

*1. CX-One対応オペレーティングシステムのご注意:
   1)必要システム、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合がありますので、ご注意ください。
*2. CX-OneをWindows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10で使用するときには、以下の制約があります。
   一部アプリケーションの動作に、以下のような制約があります。

アプリケーション名 制約内容
CX-Designer/
NV-Designer
Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10新規フォント(メイリオ等)をプロジェクト内で使用している場合に、Windows
XP以前のOS上のCX-DesignerからNS/NSJに転送すると銘版の文字が大きくなり、部品からはみ出すことがあります。
CX-Programmer/
CX-Integrator/
Network
Configurator
CPS/EDS/拡張モジュール/インタフェースモジュールのインストール機能において、
OS(Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10)のバーチャルストア機能により、正常にインストールできますが継続してソ
フトウェアをご使用いただく上で、以下の機能制約があります(アプリケーションを「管理者として実行」することで、本制約は回避できます)。
・他のユーザでログインすると、再度インストールが必要になる。
・オートアップデート機能によるCPSの更新ができなくなる。
CX-Server 以下の機能に使用制約があります。
・[PLC機種変更]-[ネットワーク種別]でController Linkを設定した場合、ドライバがデフォルトから変更はできません。
・CLKボードおよびSLKボード経由の接続でオンライン接続はできません。
・CX-Programmer、CX-Integratorからネットワーク種別:FinsGatewayでのオンライン接続はできません。
・CS1ボードとPCIバス経由で通信はできません。

*3. 次のCX-One構成周辺ツールはそれぞれ必要なメモリ容量が異なります。
   詳細は各ツールのマニュアルを参照してください。
   CX-Programmer、CX-Designer、CX-Thermo、CX-Simulator、CX-Protocol、CX-Motion、CX-Drive、
   CX-Process Tool、NSフェースプレート自動生成ツール
*4. パソコンとPLCなどのハードウェアを接続する方法/ケーブルにつきましては各ハードウェアのマニュアルをご参照
   ください。

必要容量

CX-One構成周辺ツール ハードディスク使用容量目安 備考
CX-Programmer 約330MB チェックボックスを選択して
個別インストール可能です。
CX-Position 約15MB
CX-Motoion 約45MB
CX-Motion-NCF 約260MB
CX-Motion-MCH 約60MB
CX-Drive 約200MB
NV-Designer 約110MB
CX-Process Tool 約100MB
NSフェースプレート自動生成ツール 約70MB
CX-Simulator 約45MB
CX-Thermo 約200MB
CX-Flnet 約2MB
Switch Box Utility 約5MB
NX-IO Configurator 約100MB
CX-Integrator 約260MB 必ずインストールされます。*
CX-Designer 約750MB
CX-Protocol 約20MB
Network Configurator 約20MB
CX-ConfiguratorFDT 約40MB
CX-Server、および PLC Tools 約700MB

*CX-Server(通信ミドルウェア)およびPLC Tools(共通コンポーネント)はシステムドライブにインストールされます。
注. CX-One構成周辺ツールをすべてインストールした場合、インストール時のワーク領域も含め、必要なパソコンのハードディスクの空き容量は、約4.0GBです。
インストールの際は、パソコンのハードディスクの空き容量にご注意ください。