Page top

詳しくは共通の注意事項およびご注文に際してのご承諾事項をご覧ください。

警告

E2C-EDA ご使用の前に 3

安全を確保する目的で直接的または間接的に人体を検出する用途に本製品は使用できません。
人体保護用の検出装置として本製品を使用しないでください。

使用上の注意

定格を超える周囲雰囲気・環境では使用しないでください。

アンプユニット

●設計時

電源投入時の動作

センサは電源投入後200ms以内で検出可能状態となります。
負荷とセンサが別電源に接続されている場合は必ずセンサの電源を先に投入してください。

コードについて

アンプユニットの外部電源接続用コードは、導線断面積0.3mm2以上のコードをご使用ください。全長は30m以下としてください。

●取りつけ時

センサヘッドの取りつけ/取りはずしについて

①保護カバーをあけます。

②センサヘッドのコネクタ部のロックレバーが上になるように向け、コネクタ挿入口に奥まで差し込みます。

E2C-EDA ご使用の前に 11

取りはずしは、ロックレバーを押しながら、引き抜いてください。

E2C-EDA ご使用の前に 12

省配線コネクタの取りつけ/取りはずしについて

〈取りつけ〉

①アンプユニット単体に親/子コネクタが“カチッ”と音がするまで差し込む。

E2C-EDA ご使用の前に 14

②親/子コネクタの非接続面に付属のシールを貼り付けてください。

E2C-EDA ご使用の前に 16

注. シールはミゾがある方に貼ってください。

〈取りはずし〉

①子機をスライドさせる。

②親/子機が完全に離れてから、コネクタのレバーを押し下げて取りはずす。(連結した状態でコネクタを脱着させないでください。)

E2C-EDA ご使用の前に 18

アンプユニットの連結/取りはずしについて

〈連結〉

①本体を各1台ずつDINレールに取りつける。

E2C-EDA ご使用の前に 20

②本体をスライドさせ、“カチッ”と音がするまで密着させる。

E2C-EDA ご使用の前に 21

〈取りはずし〉

本体をスライドさせ、各1台ずつ取りはずす。(連結した状態でDINレールから取りはずさないでください。)

注1. 連結した場合は、連結数により使用可能な周囲温度が異なりますので、「定格/性能」をご確認ください。
  2. 連結や取りはずす場合は必ず電源を切ってください。

エンドプレート(形PFP-M)の取りつけについて

振動などによりアンプユニットが動く場合にご使用ください。モバイルコンソールを装着する場合は、エンドプレートを下図の方向にて取りつけてください。

E2C-EDA ご使用の前に 24

モバイルコンソールの通信ヘッドの装着について

モバイルコンソールの通信ヘッドを装着する場合は、左側に20mm以上の余裕が必要です。

E2C-EDA ご使用の前に 25

EEPROM書き込みエラーについて

電源しゃ断や静電気などのノイズにより書き込みエラーが発生(ERR/EEPが点滅表示)した場合、本体の設定キーによる設定初期化処理を行ってください。

光通信について

連結使用はアンプユニットを密着して取りつけてください。使用中にアンプユニットを横にずらしたり、取りはずしたりしないでください。

●その他

保護カバーについて

保護カバーは必ず装着した状態でご使用ください。

モバイルコンソールについて

アンプユニット形E2C-EDAシリーズには専用のモバイルコンソール形E3X-MC11-SV2をご使用ください。形E3XMC11はご使用にはなれませんのでご注意ください。

センサヘッドとアンプユニットの組み合わせについて

センサヘッドとアンプユニットは、指定の組み合わせでご使用ください。「形E3C-LDAシリーズ デジタルアンプ分離光電センサ」との互換性はありません。本製品とこれらのシリーズを組み合わせて接続しないでください。

ウォームアップについて

電源投入直後は回路が安定していませんので、デジタル表示値が徐々に変化することがあります。定格、性能を満足するためには、電源投入後約30分間放置してからご使用ください。

保守点検について

・センサ部の調整や脱着を行う場合は、必ず電源を切ってから作業をしてください。

・センサ部、アンプユニットの清掃には、シンナー、ベンジン、アセトン、灯油類はご使用しないでください。

センサヘッド

●取りつけ時

センサヘッドの取りつけ方について

・円柱ねじなしタイプ(形E2C-ED□□)の取りつけ寸法は下表のとおりです。締め付けトルクは0.2N・m以下で取りつけてください。

E2C-EDA ご使用の前に 37

・円柱ねじ切りタイプ(形E2C-EM□□)の締め付けトルクはは下表のとおりです。

E2C-EDA ご使用の前に 38

・フラットタイプ(形E2C-EV□□)の締め付けトルクは0.5N・m以下で取りつけてください。

・センサヘッドのケーブル曲げ半径はR8以上でご使用ください。

・センサヘッド-アンプユニット間のケーブル延長は、専用の延長ケーブルをご使用ください。

E2C-EDA ご使用の前に 41

周囲金属の影響について

・センサヘッドを金属中に埋め込む場合は、下表のように座ぐりをあけてください。

E2C-EDA ご使用の前に 42

相互干渉

・センサヘッドを対向または並列に配置する場合は、下表の距離以上離してご使用ください。

・本センサは、アンプユニット間の光通信により相互干渉防止機能を使用することにより、センサヘッドの設置間隔を狭くすることができます。

E2C-EDA ご使用の前に 45

*相互干渉防止機能使用時は、密着しても相互干渉しません。