Page top

K8AC-H

デジタルヒータ断線警報器

K8AC-H

デジタルヒータ断線警報器が機能アップ。使いやすさを追求しアプリケーションの幅を広げました

2023年03月受注終了予定

※ Web特別価格提供品

安全上の要点

以下に示すような項目は安全を確保する上で必要なことですので必ず守ってください。

(1)下記の環境では使用、保管しないでください。
    ・屋外または直射日光、風雨にさらされるところ
    ・塵埃、鉄粉、腐食性ガス(特に硫化ガス、アンモニアガス)のあるところ
    ・静電気やノイズの影響を受けるところ
    ・冠水、被油のあるところ

(2)取りつけの際は、DIN レールを使用し正しい方向に設置してください。

(3)万一の場合、感電の恐れがあります。通電中は端子に触れないでください。

(4)取り扱いは取扱説明書・ユーザーズマニュアル本文をよく理解してから行ってください。

(5)端子番号・極性を確認し、正しく配線してください。

(6)端子ねじは以下のトルクで確実に締め付けてください。
     電源端子 :0.5N・m

(7)使用周囲温度、使用周囲湿度については、記載された定格範囲内でご使用ください。

(8)万一の場合、爆発の恐れがあります。
    引火性、爆発性ガスのあるところでは使用しないでください。

(9)本体は荷重のかからないよう設置してください。

(10)専用変流器は弊社指定のものをご使用ください。

(11)作業者がすぐ電源をOFFできるよう、IEC60947-1およびIEC60947-3の該当要求事項に適合したスイッチまたはサーキットブレーカを設置し、適切に表示してください。

(12)取り扱いは電気知識を有する人が行ってください。

使用上の注意

正しくお使いいただくために

(1)下記の設備場所では使用しないでください。
    ・加熱機器からの輻射熱を直接受けるところ・振動・衝撃のあるところ

(2)意図しない動作により装置の破壊や事故の原因になります。
    本製品の各種設定値は、制御対象に合わせて正しく設定してください。

(3)清掃時にシンナー類を使用しないでください。市販のアルコールをご使用ください。

(4)本製品の廃棄については、産業廃棄物として適切に廃棄処理してください。

(5)正しく計測を行う為に15 分程度のエージングを行ってください。

(6)本製品は、必ず、外へ火が出ない構造の盤内でご使用ください。

取りつけについて

(1)推奨する圧着端子で配線ください。

(2)放熱を妨げないよう本機の周辺をふさがないでください。(放熱スペースを確保しないと寿命が短くなります。)

取りつけ方

・フックを下げてから、上部のツメをレールにかけてフックがロックできるところまで本体を押し込み、フックをロックします。

K8AC-H ご使用の前に 5

取り外し方

・マイナスドライバーなどでフックを下へ引き出して下側から持ち上げます。

K8AC-H ご使用の前に 6

ノイズ対策について

(1)強い高周波を発生する機器やサージを発生する機器からできるだけ離して設置してください。

(2)電源にノイズフィルタを使用する場合は、電圧と電流を確認した上で本製品にできるだけ近い位置に取りつけてください。

(3)誘導ノイズを防止するため、本体の端子台の配線は、高電圧、大電流の動力線とは分離して配線してください。動力線との平行配線や同一配線を避けてください。
    配管やダクトを別にする、シールド線を使用するなどの方法も効果があります。

配線について

・電源を入れた状態での配線作業および端子への接触は、故障や誤動作の原因となりますので行わないでください。

・端子番号を確認し正しく配線してください。誤配線すると内部の部品の破損・焼損の原因になります。

プッシュイン端子への配線の仕方

・棒端子を配線する端子穴へ直接押し込んでください。

K8AC-H ご使用の前に 9

プッシュイン端子からの配線取り外しの仕方

・推奨マイナスドライバーを垂直に差し入れ押し込み、配線を引き抜きます。

K8AC-H ご使用の前に 10