NEW2020年10月発売

距離設定形光電センサ E3ASシリーズ 検出困難なワークの
安定検出で
ライン立上げ期間短縮と
稼働率向上

  • 曲面・光沢・凹凸ワークを検出できる
  • 斜め方向・遠くに設置可能で柔軟な設計ができる
  • 検出面が汚れにくく、誤検出頻度を削減できる
距離設定形光電センサ E3ASシリーズ(2020年10月発売)

設計・立上げ
難しいワークの安定検出で
設備設計・立上げの期間短縮

曲面、凹凸など複雑形状・
光沢ワークにE3AS-HL

曲面や凹凸のある金属ワークを安定検出

スポットビームは、表面形状の影響を受け、反射光がセンサに返ってこないため、検出が不安定になることがありました。

E3AS-HLのラインビームなら、いずれかの面からセンサに反射光が返ってくるので、表面形状の影響を受けにくくなります。また、金属ワーク表面に油が付着し光沢がある状態でも影響を受けにくくなります。

様々な色や光沢のあるワークを安定検出

低反射の薄物ワークの場合、ワークと背景の段差を検出できず検出が不安定になることがありました。E3AS-HLは、材質や色の影響を受けにくく、段差を検出できます。

ワーク材質、色によって、検出距離が変わり、検出が不安定になることがありました。E3AS-HLは材質や色の影響を受けにくく、ワークごとにセンサ調整が必要ありません。

サイズが大きく、様々な色、
表面の粗いワークにE3AS-F

鋳物のような表面の粗い金属ワークを安定検出

スポットビームは、ワークの表面形状の影響を受け、反射光がセンサに返ってこないため、検出が不安定になることがありました。
E3AS-Fは、大きい投光スポットだから、反射光が返ってくるため、表面粗さの影響を受けにくくなります。

様々な色のワークを安定検出

ワークの色によって、検出距離が変わり、検出が不安定になることがありました。E3AS-Fは、TOF方式で色の影響を受けにくく、コンテナの色が変わっても、エンジンブロックでも同じ設定距離で安定検出できます。

設計・立上げ
センサの設置可能な
場所の拡大で
新規・改造設計の工数削

斜め取りつけ、密接取りつけにE3AS-HL

ワーク形状・傾きに依存しない設置が可能

金属曲面ワークや低反射曲面ワーク検出の場合、形状の影響を受けやすく、取りつけ角度の設計・調整に工数がかかっていました。
E3AS-HLは、広い角度範囲での取りつけが可能で、設計が簡単になります。

狭いスペースでの密接取りつけや
照明の近くに設置可能

相互干渉防止機能を最大4台まで有し、近くに設置されているセンサとの干渉を考慮した設計が不要になります。穴位置による品種判別用途などで密接設置ができます。

クラス最高レベル*2 の使用周囲照度20,000lxだから、カメラ照明や太陽光の影響を考慮した設計が不要になります。カメラ照明に隣接した位置に取りつけができます。

*1. 当社検出物体での代表値
*2. 2020年9月現在、当社調べ

長い検出距離が必要な設置にE3AS-F

透過形センサを設置したくない場所に
反射形センサを設置可能

透過形センサでは、作業者がセンサにぶつからないように作業エリア外へ設置することが、困難なことがありました。E3AS-Fは、長距離検出の反射形だから、作業スペース側にセンサの設置が不要です。また、時間差で距離を計測するTOF方式だから、背景の影響を受けにくくなります。

ワーク背景の影響を受けにくい設置が可能

背景の影響を受けないようにするために、すべてのワーク背景に反射板の設置が必要なことがありました。

時間差で距離を計測するTOF方式だから、背景の影響を受けにくく、反射板が不要で設計が簡単になります。

量産
検出面への防汚コートにより
油煙や粉塵のある環境でも
安定稼働

検出面への防汚コーティングにより誤検出頻度と清掃回数を削減
業界初*1特許出願中*2

光電センサの原理上、センサ検出面が汚れると誤検出が発生していました。検出面へ業界初の防汚コーティングを施したE3AS シリーズでは、油煙や粉塵の付着防止に加えて検出面の曇りを防ぎ、誤検出頻度と検出面の清掃回数を削減します。

切削油
紙粉
水蒸気

*1. 2020年9月現在当社調べ。
*2. 「特許出願中」の表記は、日本で特許出願中であることを示しています。(2020年9月現在)