事例番号
ap00056
情報更新

食品の光沢のある具袋の抜け検査

現場の課題

従来の画像検査では、袋の位置や表面の光沢状態によって計測が不安定となることがあり、付属品の抜けを見逃し市場クレームになることがある。

改善の内容

画像処理システム 形FHシリーズを使うことで、光沢のある素材や位置がずれていても安定して検出可能。具袋が入っていないというクレームを削減できます。

  • 食品の光沢のある具袋の抜け検査

改善のポイント

具袋の位置や状態によって光沢のある袋が光っていても、カラー処理をそのままするので安定検出します。
品質管理や工程不良、市場クレームの削減に貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品