事例番号
ap00005
情報更新

色識別によるLEDの組み付けミス検査

現場の課題

LEDには多くの微妙な色が存在するため、色の識別や計測が不安定になり、組み付けミスが発生することがある。また、色や配置の組み合わせが変わるたびに、再設定・調整に時間がかかっている。

改善の内容

画像処理システム 形FHシリーズによる色識別検査を使用します。新たなCMOS撮像素子の採用とデュアル画像転送により、高解像度の画像処理と高速画像転送を両立します。
LEDなどの微妙な色が存在しても安定検出できます。

  • 色識別によるLEDの組み付けミス検査

改善のポイント

色識別検査を使う事で、LEDの色ごとの調整なしで安定した検出が可能です。
リードタイム短縮にも貢献します。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品