事例番号
ap00004
情報更新

コネクタピンのメッキ加工抜けの検査

現場の課題

メッキ加工の影響により、製品のばらつきが発生し、コネクタピンのメッキ加工抜けの見逃し、良品を不良品と判定するなどの誤検出による無駄バネが発生する。

改善の内容

画像処理システム 形FHシリーズのカラー画像処理をすることにより、メッキ加工の抜けやバラつきがあっても安定検出を実現します。

  • コネクタピンのメッキ加工抜けの検査

改善のポイント

メッキ状態のばらつきが発生しても、カラー画像をそのまま処理するので、メッキ抜けを安定検査でき、無駄バネを低減できます。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品