ページ先頭

Panel SolutionNew Value For Control Panels
MENU

2016/04/02 更新

  • 熱対策

正しいファン選定で、熱による盤内機器・部品の故障を回避

盤内の温度が上昇すると盤内機器・部品の寿命が短くなり、故障につながってしまうケースもあります。
特に発熱する機器や部品は、熱の影響を大きく受けてしまいますので、制御盤や盤内機器・部品を長期的にご使用いただくためにも、「ファンの選定」が非常に重要となります。

ファンの選定方法

1.装置、盤の発熱量(kW)を確認

制御盤に配置する機器ごとの発熱量を確認し発熱量の総和を求めます。
発熱量は、一般的に消費電力が表示されている場合、「消費電力=発熱量」となります。

         発熱量(W) = 入力電力 - 出力電力

                  = (出力電力 / 効率) - 出力電力

 

2.装置、盤のΔT:許容温度上昇値(℃)

内部許容温度:T2 - 装置周囲温度:T1の差で求めることが可能です。
※目安として「10℃」で計算いただいても結構です。(どちらか厳しい条件で求めてください)。

 

3.Q:必要風量(m3/min)を計算

  Q(m3/min) = 50×W / ΔT

 

4.最大風量から必要なファンのサイズを選定

一般的には、最大風量は計算したQ:必要風量の1.3~2倍程度のものを選定します。
風量が多くなると騒音が大きくなるため、騒音が気になる環境であれば、風量が少ないタイプの製品を選定ください。

one point.jpg

R87T.png

風量が足りない場合、ファンを並列運転することで風量が約2倍になります。

 

5.オプションを選定

状況に応じて、フィルタやフィンガーガードを選定します。
※計算と実際の結果が異なることがあるため、実機による測定確認が必要です。
計算方法やファン選定の詳細は、「制御盤BASIC Vol.1」をご確認ください。

おすすめ軸流ファン機器

fan_Basic1_JP.jpg

詳細は、熱対策に関するノウハウが集約されている「制御盤BASIC Vol.1」をご覧ください。

類似事例ソリューション

  • 熱対策
【動画で紹介】風の通りを良くすることで放熱のムラを解消
制御盤内には発熱する機器もあるために、盤内温度の上昇が課題になることもしばしばあります。空気がうまく循環するように設計し、できるだけ熱を盤の外へ放出したいところですが、どこかに熱だまりができてしまい、...
  • 熱対策
熱シミュレーションツールで熱のリスクを事前チェック
簡単な制御盤情報や選定した機器の情報を入力するだけで設計した制御盤内の熱に対するリスクを把握することができます。わずらわしい機器入力や出力量(W)登録もPanel Solutionの部品表から簡単にイ...