デジタルエンジニアリング革新

モノづくりDXを支える
セキュリティ

  • 制御
  • IoT

課題

製造現場のセキュリティ対策と生産性向上の両立

製造現場でのデータ活用が進み、多くの設備装置がインターネットに接続されるようになりました。半面、サイバー攻撃などによるセキュリティ事故が発生する可能性が増大し、工場内の機密性の高い情報の漏洩や改ざん、不正アクセスによる製造ラインの停止や品質低下などによるレピュテーションリスクの解消が課題となっています。DXを推し進めるためには、生産性の低下を招かないセキュリティ対策の導入が欠かせません。また、セキュリティ人財の確保や事故発生時の影響範囲の最小化も重要です。

解決策

現場エンジニアが導入、保全担当者でも扱えるセキュリティ対策を用意。
各種商品群とセキュリティ技術の擦り合せで、インシデントによる生産影響を最小化

オムロンは、製造現場のセキュリティ対策と生産性向上を両立させるソリューションを提供します。工場内の人、設備、製品をサイバー攻撃から守り、同時に品質管理、情報活用、安全対策を高度化して生産性も向上させます。また、専門的知識のない現場エンジニアでも導入可能で、保全担当者が日々の保全活動に活用できるセキュリティ対策を用意し、DX化を支える人財の不足の解消に貢献していきます。さらに、コントローラやセンサ、ロボットなど各種商品群とセキュリティ技術を擦り合せることで、インシデントが発生した際にも、生産への影響の最小化に貢献していきます。