人と機械の高度協調

人と機械が自在に協調する知能化セルライン

  • ロボット
  • 制御
  • 5G
  • IoT
  • ビッグデータ

課題

高度技術人財の育成、作業者のスキル早期習熟

消費者ニーズの多様化や製品のパーソナル化に対応する変種変量生産は、精緻かつ高度な人の能力に支えられた労働集約型のモノづくりとして進展してきました。近年、モノづくりの高度化・複雑化がさらに加速したことで、高度な技術人財の雇用と、スキルの早期習熟が課題となってきました。

解決策

機械が人を支援する協調で、人が可能性を最大発揮し、
成長と働きがいを実感できる自動化

オムロンは、常に人を主役に据えて、機械が人を支援する協調で、人が可能性を最大発揮し、成長と働きがいを実感できる“人と機械の高度協調”による自働化を実現。これによって、モノづくりの持続的発展に貢献する3つの価値を提供します。1つ目は「人と機械のシームレス連結」です。人と機械の1対1の関係を進化させ、労働生産性の向上と人の心身負荷の解消を高レベルで両立させます。2つ目は「知能化され人を支援する現場」です。現場に蓄積したナレッジを人と機械にフィードバックすることで、働く人たちの自律を促し、生産性向上と働きがいを両立させます。3つ目は「自在に協調する現場」です。フロアに存在する複数の人と機械が、生産品目や機械の状態、人の習熟度などを勘案しながら関係性を自在に変化させて、需要変動への対応と労働生産性の向上を両立させます。

このソリューションを動画で解説