Page top

2019/03 受注終了

K2VU-S / K2VA-S

電圧継電器

K2VU-S / K2VA-S

動作信頼性の高い盤用静止形UVR/OVR

※ Web特別価格提供品

※ このページの記載内容は、生産終了以前の製品カタログに基づいて作成した参考情報であり、製品の特長 / 価格 / 対応規格 / オプション品などについて現状と異なる場合があります。ご使用に際してはシステム適合性や安全性をご確認ください。

使用上の注意

・形K2VU は、いったん被検出電源が継電器の整定値以上に立上った後でないと、不足電圧を検出しません。
電源印加初期から、不足電圧状態(停電)の場合は、動作しませんのでご注意ください。

・形K2VU-S1 の出力は、ワンショット動作形です。動作の連続信号が必要な場合は、外部にリレーを接続して自己保持するなどの処理をしていただくか、出力が継続動作形の形K2VU-S1Kをご使用ください。

・形K2VU-S1K は、出力動作後、10秒間以上入力電圧を零として復帰動作を行ってください。
また復帰動作を行う場合、入力電圧を徐々に上昇させますと、出力補助リレーが復帰しないことがあります。

現場での試験方法

現場での動作電圧試験配線図、動作時間試験配線図、試験方法と判定基準を下記に示します。

・本試験を行う場合、主回路は必ず停電していることを確認の上、実施してください。

・下記試験回路例は市販のOVR/UVR試験装置を使った事例です。市販の試験装置の取扱いについては各試験機メーカーへお問い合わせください。

動作電圧試験配線図

K2VU-S / K2VA-S ご使用の前に 9

動作時間試験配線図

K2VU-S / K2VA-S ご使用の前に 10

形K2VAの試験方法と判定基準

K2VU-S / K2VA-S ご使用の前に 11

形K2VUの試験方法と判定基準

K2VU-S / K2VA-S ご使用の前に 12

保守・点検

特に点検は不要ですが、年に1~2回定期的に次の点等をチェックしてください。

(1)端子等の配線にゆるみはないか。

(2)動作の確認…試験押ボタンを押し、動作の確認をしてください。

●テストプラグ

テストプラグ
端子番号
継電器端子
形K2VU-S1
形K2VA-S1
形K2VU-S2
形K2VA-S2
1P1P1
2P2P2
3――S1(−)
4――S2(+)
5TaTa
6TcTc
7TbTb
8a1a1
9a2a2

引出式角胴埋込形D2ケースに収納されている継電器の保守・点検用として、テストプラグ形K92-D2-Tを準備しています。詳細については、形K2CA-Dをご覧ください。