Page top

K7L-AT50□ / AT50D□□

漏液検出器

K7L-AT50□ / AT50D□□

漏液検知帯の耐薬品性を強化。半導体製造装置から食品加工機まで幅広い用途に対応。K7L-AT50B/AT50DBは制御盤の価値を高める"Value Design for Panel"対応。

※ Web特別価格提供品

制御盤に新たな価値を

制御盤内の商品仕様に対する共通の考え方“Value Design for Panel” をはじめ各種取組により、制御盤の進化とプロセス革新を実現していきます。

性能

使用周囲温度範囲 −10~+55°C
使用周囲湿度範囲 45~85%
絶縁抵抗 測定箇所 ケースと充電部DC100Vで10MΩ
耐電圧 測定箇所 ケースと充電部AC1,000V 50/60Hz 1分間
消費電力 1W以下
漏液検出応答時間 動作時 800ms以下
復帰時 800ms以下
電源投入時立ち上がり時間 2s以下
質量 約14g

仕様

電源電圧 DC12~24V(許容電圧変動範囲 DC10~30V)
動作抵抗 0~50MΩ可変
 レンジ0:0~250kΩ レンジ2:0~5MΩ
 レンジ1:0~600kΩ レンジ3:0~50MΩ
 
注. 各レンジの設定は本体側面にあるディップスイッチ(ディップスイッチの設定を参照ください)
  を操作してください。対応するディップスイッチを1個だけ上に設定してください(レンジ0はス
  イッチを全て下向きとします)。本体上面のADJUSTは設定範囲内で検出抵抗値を設定できます。
  出荷時は最大に設定してあります。各レンジとも検出は0Ωよりできます。
断線検出機能 * 検出信号:最大10VDC 200ms
検出時間:10秒以下
復帰:電源リセットにより復帰
復帰抵抗 動作抵抗値の105%以上
出力仕様 漏液検出、断線検出共オープンコレクタ
Max. 30VDC、100mA
注. 本体側面のディップスイッチ(右端)を下に設定で、検出時 ON
  本体側面のディップスイッチ(右端)を上に設定で、検出時 OFF
配線距離 配線用ケーブル:50m以下
漏液検知帯:10m以下
注. 配線用ケーブルは、0.75mm2 600V VCT 3芯、漏液検知帯は当社指定品を使用し、完全絶縁処理
  を施した場合の値です(0.2mm2も使用可能です)。
付属品 接続端子台 整定用豆ドライバ ターミネータ
形K7L-AT50/AT50B 1個 1個 -
形K7L-AT50D/AT50DB/AT50DP/
AT50DPB
1個 1個 1個
形K7L-AT50D-S 1個 1個 -

*形K7L-AT50D□□の場合です。