Page top

2015/03 受注終了

FZM1シリーズ

位置決め専用画像センサ

FZM1シリーズ

高精度な位置決め制御を実現

※ Web特別価格提供品

※ このページの記載内容は、生産終了以前の製品カタログに基づいて作成した参考情報であり、製品の特長 / 価格 / 対応規格 / オプション品などについて現状と異なる場合があります。ご使用に際してはシステム適合性や安全性をご確認ください。

位置決め専用視覚センサが装置トータルの生産性を向上します。

「人の目に近づき、人の目を超える」をコンセプトに、様々な現場で使われてきたオムロンの視覚センサに、位置決め専用の視覚センサが登場。
これまでに培った画像処理技術や使い勝手のよい操作画面を、位置決め専用に徹底強化。
また、新次元のネットワーク「EtherCAT」による接続をはじめ、オムロンのモーションコンポ-ネントとの親和性をさらに向上。
位置決めから制御まで、装置トータルのスループットを向上します。

【高精度】変化に強く、安定した計測を実現。

ロバスト性を高め、誤検出による装置停止や歩留まり低下を削減。
現場の要求を十二分に満たし、装置パフォーマンスを向上することができます。

FZM1シリーズ 特長 5

業界最高の検出性能

様々な対象物に合わせた位置決め専用の処理項目を搭載。対象物に合わせて処理を選択するだけで、演算や複雑な設定不要で安定した検出が可能になります。

アライメントマークによる位置決め

FZM1シリーズ 特長 9

液晶パネルやプリント基板の製造工程で用いられる様々な形状のアライメントマークを高精度に検出。
汚れの付着や2つのマークが重なっても高精度に検出することができます。

コーナ検出による位置決め

FZM1シリーズ 特長 12

対象物のコーナーを検出し、位置決めを行うことができます。従来安定検出できなかった、コーナーに丸みのある対象物や、エッジに欠けが発生した場合でも安定して検出することができます。液晶ガラス基板など、アライメントマークが印刷できない対象物に最適です。

部品の外形による位置決め

FZM1シリーズ 特長 15

電子部品や食品のピッキングで、印字のかすれや汚れの付着により特徴点を検出できないことがあります。部品の外形で位置や姿勢を計測できるECMサーチ処理を使うことで、表面状態の影響を受けずに、高精度な位置・姿勢計測を行うことができます。

悪条件でも威力を発揮
EC(エッジコード)
画像処理技術 PAT No:11-550303

FZM1シリーズ 特長 18

従来一般的に使われるサーチ処理やパターンマッチングでは、登録したモデル画像の濃淡差や特徴点を元に対象物を検出しています。そのため、対象物の変化、変形の影響をうけやすく検出が安定しません。EC画像処理では対象物を幾何学図形として認識し、外乱光や汚れの影響による検出位置のズレを最小限に抑えることができます。これにより正確で安定した位置検出が実現できます。

【簡単】位置決めの難しさを解消。

【配線・設計】次世代の高速通信 EtherCAT

リアルタイムのリモートI/O制御が可能なオープンネットワーク、EtherCATに対応しました。EtherCATを介してオムロンのPLCや各EtherCATコンポーネント機器と接続し、モーション制御を高速化します。

Ethernetケーブルで省配線

トリガ入力、結果出力のすべてをEthernetケーブルのみで通信可能。配線作業のムダを省き、誤配線による立上げ時のトラブルを防ぎます。また、EtherCATはリピータなしで局間100mまで配線距離がとれるため、視覚センサとサーボドライバの配置もより簡単になります。

FZM1シリーズ 特長 25

ラダープログラム作成工数を削減

FZM1シリーズ 特長 27

命令エリア、応答エリア、データ出力エリアの3つのリンクエリアを使用して通信を行うことができます。PLCは割り当てられたI/Oメモリエリアの読み書きだけでセンサ側との通信制御が行えるようになるため、PLC側のラダープログラム作成の負担を軽減することができます。

EtherCATとは

リアルタイム制御を可能としたEthernetベースのオープンネットワークで、モーション制御を含めたマシン制御用ネットワークとして最適です。
超高速同期制御を実現するための動作原理とアーキテクチャを持ち、配線効率を考えたバストポロジーを採用。Ethernetでの課題となっていたハブ、スイッチを多用した複雑な配線形態を解決しました。オムロンはFA現場で必要な高速・高精度なマシンコントロールネットワークとして、EtherCATを採用し、対応商品を続々発売していきます。

【カメラ調整】ピント、絞り調整機能

FZM1シリーズ 特長 32

経験的・感覚的に調整していたフォーカス値と明度値を数値化し、グラフ表示で見える化しました。誰でも短時間で最適なピント、絞りが設定できるので、設定内容の属人的なバラツキを無くし、検査精度をよりシビアに追求することができます。

【座標変換】簡単オートキャリブレーション

ステージやロボットに合わせた座標変換機能を視覚センサに搭載。面倒な演算無しで視覚センサと出力機器の座標変換を行えます。

様々なステージやロボットに対応

FZM1シリーズ 特長 37

フレキシブルなカメラ取り付けが可能

FZM1シリーズ 特長 38

2台のカメラを使用したアライメントシステムでも、カメラ取り付けの制約がありません。PLCなどの外部機器で複雑な演算を組むことなく各カメラの角度や視野の違いを算出し、座標変換することができます。

選ぶだけの簡単設定

FZM1シリーズ 特長 40

カメラとステージ(ロボット)間のキャリブレーションがウィザード方式の画面で簡単に設定できます。条件を選択し、サンプリングするだけでキャリブレーションパラメータが生成されます。また、サンプリングデータは外部機器から通信で自動入力することができるため、手入力によるミスを削減することはもちろん、段取り替えなど、現場で再設定が必要な場合も短時間で確実に変換作業が行えます。

【高速】画像入力、処理を高速化。

高速カメララインナップ

30万画素カメラの画像取り込み時間を大幅に高速化。また、200万画素カメラも一般的な30万画素カメラと同等の速度で取り込みが可能に。広視野・高精度と高速性の両立が必要な場合に威力を発揮します。

FZM1シリーズ 特長 45

20倍速 新ECMサーチ

オムロン独自のECM技術を進化させた高速のサーチ処理を搭載。従来、処理に時間が掛かっていた、向きがバラバラに流れてくる複数の対象物でも高速にサーチ処理を実行することが可能に。移動物体のピック&プレースがさらに高速処理できます。

【対象物が回転した場合のサーチ速度】

FZM1シリーズ 特長 48

※単数ワーク、弊社試験化において