Page top

FA業界の標準イーサネット
グローバルスタンダード(標準化)

オープン性・将来性の高いFA業界の世界標準

ODVAが世界各地で標準化を推進する産業用イーサネット

当社コンポーネント(温度調節器、センサなど)はもちろん、世界の各社の豊富な機器と通信が可能です。
今後国内も、EtherNet/IPによるマルチベンダ環境を(ロボット、セーフティ機器など)加速します。

CJ1W-EIP21 特長 3

情報系LANと制御専用ネットワークの使い分け不要

制御ラインと情報監視ラインをEtherNet/IPでシームレス通信

世界標準のオープンプロコトル(CIP)を採用し、制御ラインと情報監視ライン間でのシームレスなデータの流れが、単一のネットワークシステムで実現できます。
標準LANだからオムロンFINSメッセージ通信とも共存できます。

CJ1W-EIP21 特長 5

共通のツール操作で作業効率向上

EtherNet/IPとDeviceNetのツールは操作性統一

DeviceNetとEtherNet/IPの、機器の設定・モニタ・診断やプログラム転送に用いるツールは、共通の操作でリモートから実行できます。

CJ1W-EIP21 特長 7

安全システムのモニタリング可能

EtherNet/IPから安全システムをモニタできます

EtherNet/IPカプラユニットとスライスタイプのセーフティコントロールユニットの組み合わせでPLC側から安全システムをモニタリング。

CJ1W-EIP21 特長 9

システム構築の柔軟性、発展性
汎用イーサネットの利便性が、すぐ手の中に

高速大容量データリンク【当社比9倍】

高速大容量バスによる大容量通信

工程間インタロック情報や製造間レシピから生産データまで、あらゆるデータを、高速かつ最適なタイミングで交換可能です。
当社既存ネットワークであるController Linkや、FL-netと比べても高速な通信性能を実現しました。

CJ1W-EIP21 特長 12

ライン毎に低コストで拡張可能

イーサネットスイッチによる柔軟なトポロジ

イーサネットスイッチを用いた、自由な配線・拡張が可能になりました。
このため、通信路の異常でネットワーク全体がダウンすることもなく、高性能なネットワークパフォーマンスとセキュリティ確保が可能です。

○通信中の加入離脱可能
  稼動中のノードの脱着が可能で、異常の発見、分離、復旧など高い保全性を実現
○データの衝突による予測不能な遅延が極小化
○配線異常による影響をライン単位に最小化

CJ1W-EIP21 特長 14

ネットワーク敷設・配線コストが削減

汎用のLANケーブルが使用可能

○LANケーブルは、カテゴリ5、5e以上のメタルケーブルが使用可能
○コネクタは、汎用のRJ-45コネクタが使用可能

汎用イーサネットだから標準の無線LANが利用できる

レイアウト変更時の配線やり直しも不要

○標準の無線LANを用いて、EtherNet/IPを無線化可能
○FA無線LAN 形WE70を使用すれば
  移動体でも高速ローミング通信が行える「スマートローミング」可能
  さらにアクセスポイント間通信(中継機能)で通信エリア拡大が可能

CJ1W-EIP21 特長 18

イーサネット上で、上位からフィールドレベルまで
制御と情報のネットワーク統合を実現

アプリケーションに最適な周期で高速データリンクを実現【当社比30倍】

フレキシブルな高速サイクリック通信

○データリンクのテーブルを複数分割(グループ化)可能
  データリンクテーブルを最大256グループ(=コネクション)に分割可能。
  グループ毎にアプリケーションに最適な通信サイクルの設定ができます。
○グループ毎にサイクリック同期の設定が可能
  通信サイクルは0.5ms~10秒まで0.5ms単位で設定。コネクション単位でデータ同時性を保証。ノード数が増加しても通信サイクルに影響ありません。また、通信性能は、Controller Linkの30倍以上です。
  例)25台のデータリンク2万CH/ネットワークの場合の更新周期: 300ms → 10msに
○設備の増設が容易
  設備増設の場合、該当するテーブルを追加するだけでよく、短時間に低コストで拡張できます。
注. EtherNet/IPユニット、CJ2H内蔵EtherNet/IPポート使用時

CJ1W-EIP21 特長 21

1ポートで、FTP、データリンク、ツールが同時に使える

多機能型のEtherNet/IPポートなので、Ethernetユニットの増設は不要

CJ/NJ/NX/NY内蔵の多機能型EtherNet/IPポートを使えば、1ポートだけで、 周辺ツールをつなぎながら、PLC間データリンク、PLC間メッセージ通信、FTP転送などの汎用のイーサネット通信を、実行できます。
もちろん、既設のCS1/CJ1に、EtherNet/IPユニットを追加しても同様の機能が実現できます。

CJ1W-EIP21 特長 23
CJ1W-EIP21 特長 24

メモリマップ管理が不要に

タグによるメモリマップからの解放

装置間のデータリンクや、上位アプリケーションとの通信時の送受信エリアの指定を、アドレスではなく「タグ名」という共通の名称で指定可能。
設計・立上げ、保守・改造時の作業効率を向上します。

○表示器や上位アプリケーションとの同時並行開発が可能
  表示器画面は、CJ/NJ/NX/NYで定義したタグ名を用いて設計が可能。
  情報部門と制御部門でタグ名を決めるだけで設計が可能です。
  後工程でのアドレス割付調整時間は不要です。
○設備の改造・保守に強い
  PLC側で物理アドレスの変更があっても、 データリンク設定や、表示器・上位アプリケーション側の変更は不要。

CJ1W-EIP21 特長 26