Page top

EtherNet/IPユニット仕様

項目 仕様
形式 形CJ1W-EIP21
タイプ 100BASE-TX/10BASE-T(ただし、100BASE-TXを推奨します。)*1
対応CPU NJシリーズ、CJシリーズ(CJ1、CJ2)、CP1H、NSJシリーズ
ユニット種類 CPU高機能ユニット
装着可能位置 CPU装置または増設装置
装着可能台数 NJシリーズ システム 最大4台(増設装置も含む)
CJシリーズ システム、NSJシリーズ システム 最大8台(増設装置も含む)*2
CP1Hシステム 最大2台
CPUユニットでの
占有エリア
CPU高機能ユニット
割付リレーエリア
25CH/ユニッ ト (1号機占有)
ソフトスイッチ、ターゲットノードPLC本体運転/異常情報、ユニットステータス、
通信ステータス、登録/正常ターゲットノード情報、FINS/TCP接続ステータス
CPU高機能ユニット
割付DMエリア
100CH/ユニット(1号機占有)
IPアドレス表示・設定エリア
ユーザ設定エリア 任意のI/Oメモリエリア
ターゲットノードPLC本体運転/異常情報、登録/正常ターゲットノード情報
CPU高機能ユニット
システム設定エリア
使用しない
EtherNet/IPユニット内の
不揮発性メモリ
EtherNet/IPユニット内の不揮発性メモリに設定。
CPUユニット内のCPU高機能ユニットシステム設定エリアは使用しません。この点で、
Ethernetユニットと異なります。
1)ユニット設定(EtherNet/IPユニットのIPアドレス、DNSサーバ、ホスト名、伝送速度、
  FINS/UDP、FINS/TCPなどの通信設定)
2)タグデータリンク設定(デバイスパラメータ)
伝送仕様 媒体アクセス方式 CSMA/CD
変調方式 ベースバンド
伝送路形式 スター型
伝送速度 100Mビット/s(100BASE-TX)
伝送媒体 ツイストペアケーブル(シールド付:STP):カテゴリ5、5e以上
伝送距離 100m(スイッチングハブとノード間の距離)
カスケード接続数 スイッチングハブの使用において制限なし
消費電流 DC5V 0.41 A以下
質量 94g
外形寸法 31(W)×90(H)×65(D)mm
その他一般仕様 CJシリーズの一般仕様に準ずる。

*1. タグデータリンクをご使用の場合は、100BASE-TXにてお使いください。
*2. EtherNet/IPユニット装着は形CJ2H-CPU□□-EIPは最大7台まで、CJ2M CPUユニットは最大2台までとなります。

通信仕様

項目 仕様
NJ CPU
ユニット装着時
CJ2 CPU
ユニット装着時
CJ1 CPU
ユニット装着時
CIP
サー
ビス
タグ
データ
リンク
(サイク
リック
通信)
コネクション数 256
パケット
インターバル
(更新周期)
0.5~10,000ms(0.5ms単位)
コネクションごとに設定可能
(ノード数に依存せず、設定した周期で回線上をデータ更新)
最大ユニット許容
通信帯域幅
6,000~12,000pps *1 *2
(ハートビートを含む)
タグセット数 256
タグ種別 CIO、DM、EM、HR、WR、ネットワーク変数 *3
1コネクション
(=1タグセット)
あたりのタグ数
8(タグセットにコントローラステータスを含める場合は7)
1ノードあたりの
最大リンクデータ
サイズ
184,832CH
1コネクション
あたりの最大
データサイズ *4
504バイト(252CH)または1444バイト(722CH) *3
1コネクション内でのデータの同時性は保証されます。
登録可能な
タグセット数
256(1コネクション=1タグセット)
1タグセットの
最大サイズ
722CH
(タグセットにコントローラステータスを含める場合は1CH分を使用)
CPUユニット
1サイクルあたりに
リフレッシュ可能な
タグ最大数 *5
出力/送信
(CPU→EtherNet/IP)時:256
入力/受信
(EtherNet/IP→CPU)時:256
出力/送信
(CPU→EtherNet/IP)時:19
入力/受信
(EtherNet/IP→CPU)時:20 *6
CPUユニット
1サイクルあたりに
リフレッシュ可能な
データサイズ *5
出力/送信
(CPU→EtherNet/IP)時:6432CH
入力/受信
(EtherNet/IP→CPU)時:6432CH
出力/送信
(CPU→EtherNet/IP)時:7405CH
入力/受信
(EtherNet/IP→CPU)時:7405CH
タグデータリンク
パラメータ設定の
稼働中変更
可 *7
マルチキャスト
パケットフィルタ
機能 *8
Explicit
メッセージ
*9
Class3
(コネクション型)
コネクション数:128
UCMM
(非コネクション型)
同時通信可能な最大クライアント数:32
同時通信可能な最大サーバ数:32
CIPルーチング
*10
可  CIPルーチング可能な相手ユニットは以下の通り
形CJ1W-EIP21、形CS1W-EIP21、形NJ-501-□□□□、形NJ-301-□□□□、
形CJ2H-CPU□□-EIP、形CJ2M-CPU3□
FINSサービス FINS/UDP 不可
FINS/TCP 不可 最大16コネクション
EtherNet/IPコンフォーマンステスト A8準拠
Ethernetインタフェース 10BASE-T/100BASE-TX
Auto Negotiation/固定設定

*1. Packet Per Secondを意味し、1秒間に処理可能な送受信パケット数を示します。
*2. EtherNet/IPユニット ユニットVer.3.0以降の場合です。EtherNet/IPユニット ユニットVer.2.1以前では、6,000ppsです。
   EtherNet/IPユニット ユニットVer.3.0以降をご使用の場合は、Network Configurator Ver.3.57以降が必要です。
*3. ネットワーク変数は形NJシリーズCPU、形CJ2H-CPU6□-EIPまたは形CJ2M-CPU3□に装着した場合のみ使用可能です。
*4. データサイズとして505~1444byteを使用するには、Large Forward Open(CIPオプション仕様)に対応している必要が
   あります。CS/CJシリーズ間では使用可能ですが、他社ノードとの接続の場合、使用される機器がLarge Forward Open
   仕様に対応しているか確認ください。
*5. 最大数を超える場合は、CPUユニットとのリフレッシュは複数サイクルにまたがります。
*6. ステータスレイアウトをユーザ設定した場合は、受信時の最大数は19個となります。
*7. パラメータ変更時には、変更対象のEtherNet/IP ユニットはリスタートしますので、ご注意ください。また、変更対象と通信して
   いた他ノードでは、変更対象の通信がいったんタイムアウト状態になり、後に自動復帰します。
*8. EtherNet/IPユニットは、IGMPクライアントを実装しているため、IGMP Snooping対応のスイッチングハブを使用することで
   不要なマルチキャストパケットのフィルタリングが行えます。
*9. EtherNet/IPユニットは、下記に示すTCP/UDPポート番号を使用します。TCP内、UDP内で使用するポート番号が重複しない
   ように設定してください。

サービス 種別 ポート番号 補足
CJ1/CJ2
CPUユニット
装着時
NJ
CPUユニット
装着時
CJ1/CJ2
CPUユニット
装着時
NJ
CPUユニット
装着時
CJ1/CJ2
CPUユニット
装着時
NJ
CPUユニット
装着時
システムで使用 - UDP - 2223、2224 固定値
タグデータリンク UDP 2222
Class3、UCMM TCP/UDP 44818
DNS UDP 53
BOOTP クライアント - UDP - 68
FINS/UDPサービス UDP - 9600 - CX-Programmer
のユニット設定で
変更可能
Sysmac Studio
のユニット設定で
変更可能
FINS/TCPサービス TCP - 9600 -
FTP TCP 20, 21 21
SNTP UDP 123
SNMP UDP 161
SNMPトラップ UDP 162

*10.形CJ1W-EIP21をNJシリーズCPUユニットに接続するには、ユニットバージョンVer.2.1以降のEtherNet/IPユニットを使用
    してください。
    また、CPUユニットはVer.1.01以降、Sysmac StudioはVer.1.02以降を使用してください。

ユニットバージョンと周辺ツール

EtherNet/IPユニットのユニット設定には、以下に記載したバージョンのSysmac Studio、CX-Programmer、Network Configuratorを使用します。

○:使用可能、×:使用不可

CJ1W-EIP21 Sysmac Studio *1 CX-Programmer *2 Network Configurator
for EtherNet/IP
Ver.1.01以前 Ver.1.02以降 Ver.7.1以前 Ver.8.0以降 Ver.8.02以降 Ver.3.40以前 Ver.3.50以降
Ver.1.0 × × × ○ *3
Ver.2.0 × × ×
Ver.2.1 × × ×
Ver.3.0 *4 × × ×

*1. 形NJシリーズCPUユニットとの接続時のみ使用可能です。
*2. 形CJ1/CJ2シリーズCPUユニットとの接続時のみ使用可能です。
*3. CX-One Ver.3.□□の共通モジュールの最新版をインストールする必要があります。
*4. Ver.3.0をご使用の場合は、Sysmac Studio の2014年11月以降のオートアップデートを実施する必要があります。

設定ツール(Network Configurator)の仕様

EtherNet/IPユニットを使用するには、専用の設定ツール、Network Configurator Ver.3.0以降が必要となります。
下記にNetwork Configuratorのおもな仕様を示します。

項目 仕様
動作環境 ハードウェア パソコン:IBM PC/AT互換機
CPU:Pentium300MHz以上(PentiumⅢ1GHz以上を推奨)
メモリ:256Mバイト以上
ハードディスク:200Mバイト以上の空きエリア
モニタ:SVGA(800×600ピクセル)以上
CD-ROMドライブまたはDVDドライブ:1台以上
OS Windows XP(Service Pack3 以降、32bit版)/Windows Vista(32bit版/64bit版)/
Windows 7(32bit版/64bit版)/ Windows 8(32bit版/64bit版)/
Windows 8.1(32bit版/64bit版)
ネットワークへの
接続方法
CS/CJ(CJ1)シリーズ CJ(CJ2)シリーズ NJシリーズ
シリアルI/F経由 CPUユニットのペリフェラル/
RS-232Cポート
CPUユニットのUSB/
RS-232Cポート
CPUユニットのUSBポート
Ethernet I/F経由 EtherNet/IPユニットのEthernetポート CPUユニットのEtherNet/IPポート
EtherNet/IPユニットのEthernetポート
ネットワーク上の位置づけ 1ノードアドレスを占有(EtherNet/IPネットワークに直接接続のときのみ)
ネットワークへの接続可能台数 1台/1ネットワーク(同一システムで複数のコンフィグレータを使用不可)
おもな機能 ネットワーク
管理機能
・オンライン/オフラインに関わらず、ネットワーク構成の作成・編集を行うことができます。
・ネットワーク構成は、ファイルあるいはネットワークから読み出すことができます。
コンフィグレーション
機能
Network Configuratorで使用する、EDSファイルのインストールや削除を
行うことができます。
作成可能なファイル コンフィグレータネットワーク構成ファイル(*.ncf)