Page top

ZUV-C20H / 30H

UV-LED照射器(コントローラ/ヘッドユニット/レンズユニット)

ZUV-C20H / 30H

機能厳選、コストメリットを重視する現場には、低イニシャルコストのバリューモデル。さらに操作性と機能性を追求したい現場には、パフォーマンスモデル。豊富なヘッド&レンズであらゆるUV接着に対応。

形ZUV-H□0MCシリーズ、形ZUV-H□5MCシリーズ、形ZUV-C20Hは2022年9月受注終了予定

※ Web特別価格提供品

新ZUVシリーズ

新規のご採用の際には、2022年5月発売の形ZUV-C40Hをご検討ください。

詳しくは共通の注意事項および注文に際してのご承諾事項をご覧ください。

コントローラ

警告

ZUV-C20H / 30H ご使用の前に 4

故障や発火の恐れがあります。
定格電圧を超えて使用しないでください。

安全上の要点

以下に示すような項目は安全を確保する上で必要なことですので、必ず守ってください。

1. 引火性、爆発性ガスの環境では使用しないでください。

2. 操作や保守の安全を確保するため、高電圧機器や動力機器から離して設置してください。

3. AC電源を使用する場合は、付属のACアダプタ(AC100-240V±10%)を使用してください。

4. DC電源を使用する場合は、定格電圧(DC24V±10%)を超える電源を使用しないでください。また、極性の逆接続はしないでください。
   推奨電源 オムロン㈱製 形S8VS-18024(DC24V 7.5A)

5. オープンコレクタ出力は、負荷を短絡させないでください。

6. 負荷は定格以下で使用してください。

7. 高圧線、動力線と当製品の配線は別配線としてください。同一配線あるいは同一ダクトにすると誘導を受け、誤動作あるいは破損の原因になることがあります。

8. 煙が出る、外側が異常に熱くなる、変なにおいがするなどの異常が起こった場合は、すぐに使用を中止し、電源を切って電源プラグをコンセントから抜いてください。お客様による修理は危険ですので、当社支店または営業所までご連絡ください。

9. 本製品を分解したり、修理、改造したりしないでください。正常動作しないばかりか、装置の異常を引き起こし、火災や感電の原因となります。

10. 廃棄するときは、産業廃棄物として処理してください。

11. 本製品を落下させないでください。
  本製品を落としたり破損したときは、電源を切って電源プラグをコンセントから抜き、当社支店または営業所までご連絡ください。そのまま使用すると火災の原因となります。

12. 通風口などから異物を入れないでください。火災や感電の原因となります。

13. 複数台のコントローラを密着させたり、上下に積み上げないでください。火災や故障の原因となります。

使用上の注意

1. 下記の設置場所では使用しないでください。
 ・周囲温度が定格の範囲を超える場所
 ・温度変化が急激な場所(結露する場所)
 ・相対湿度が30~85%RHの範囲を超える場所
 ・腐食性ガス、可燃性ガスがある場所
 ・塵埃、塩分、鉄粉がある場所
 ・振動や衝撃が直接加わる場所
 ・強い外乱光(UV光、レーザ光、アーク溶接光など)があたる場所
 ・直射日光があたる場所や暖房器具のそば
 ・水・油・化学薬品の飛沫がある場所、およびミスト環境
 ・強磁界、強電界がある場所

2. 電源および配線について
 ・ご使用の際は、本体のFG端子をアース接続してください。
 ・DC電源をお使いの際は、電源をアース接続してください。
 ・DC電源を使用する場合は、以下の項目を守ってください。
  - 市販のスイッチングレギュレータをご使用の際は、FG端子を接地してください。
  - 電源ラインにサージがある場合、使用環境に応じてサージアブソーバを接続してご使用ください。
  - 配線後は電源を投入する前に、電源の正誤、負荷短絡などの誤接続の有無、負荷電流の適否について確認を行ってください。
 ・ ACアダプタをご使用の際は、電源プラグを本体に接続した後電源コードをコンセントに差し込んでください。
 ・ ACアダプタを外す際は、電源コードをコンセントから抜いた後電源プラグを本体から外してください。
 ・ ヘッドの着脱は、必ず電源を切った状態で行ってください。
 ・ ヘッドとコントローラは、本書で指定した組合せで使用してください。
 ・ ヘッド・コントローラ間は、専用の延長ケーブルで延長できますが、複数の延長ケーブルを連結して使用することはできません。

3. 清掃について
 ・ シンナー、ベンジン、アセトン、灯油類は装置の表面を溶かしますので避けてください。
 ・ 市販のアルコールをご使用ください。
 ・ レンズのゴミやホコリは柔らかい布(レンズクリーナーなど)にアルコールを少量含ませ、レンズ面に傷がつかないよう丁寧に拭き取ってください。

4. 樹脂硬化について
  樹脂の硬化状態は、さまざまな要因によって変化します。硬化状態を継続的にご確認いただき、最良条件に設定してください。

5. ヘッドを交換する場合
  ヘッド交換時は、コントローラの対象CHを必ず初期化してください。初期化しないと交換前のヘッドの情報(照射累積エネルギー、パワーチューニングデータ)が残り、ヘッドが正しく機能しません。

6. ヘッドの接続について
  ヘッドを外し再接続するときは、必ず同一CHに接続してください。
  他のCHに接続するとヘッド固有の情報(照射累積エネルギー、パワーチューニングデータ)が継承されず正常に機能しなくなります。

7. LED安全対策について
  ヘッドユニットと組合わせた場合クラス3Bの紫外線を発生するため、このコントローラには安全キーロック機能など使用者に必要な機能を設けています。
  JIS C 6802 規格に定められた使用者への要求事項に従い、機能を活用してください。

コントロ-ラの設置

形ZUV-C20H

ZUV-C20H / 30H ご使用の前に 8

形ZUV-C30H

ZUV-C20H / 30H ご使用の前に 9

ヘッドユニット

警告

ZUV-C20H / 30H ご使用の前に 12

UV光を直接見たり皮膚に照射すると、視力や皮膚に障害を被る恐れがあります。
決してUV光をのぞき込んだり浴びたりしないでください。
光の反射を受ける可能性がある場合は安全眼鏡、保護具を着用して、作業してください。

ZUV-C20H / 30H ご使用の前に 13

感電や光漏れにより障害を被る恐れがあります。
決して分解しないでください。

注意

ZUV-C20H / 30H ご使用の前に 15

触れると高熱のため稀に火傷の恐れがあります。
通電中や電源を切った直後は触れないでください。

安全上の要点

以下に示すような項目は安全を確保する上で必要なことですので、必ず守ってください。

1. 引火性、爆発性ガスの環境では使用しないでください。

2. この製品は分解したり、修理、改造をしないでください。

3. 廃棄するときは、産業廃棄物として処理してください。

4. UV光を照射したままヘッド・レンズに長時間触れないでください。火傷する恐れがあります。

5. 本機を取扱う作業者に対しては、厚生労働省通達「基発第308号」等に基づく特殊健康診断を行ってください。

6. ヘッドの取付けには必ず付属の取りつけ金具を使用してください。また金具は指定された取付範囲内で使用してください。取りつけ金具の使用を誤ると、ヘッドの温度が高くなり、火傷の恐れがあります。

使用上の注意

1. 下記の設置場所では使用しないでください。
 ・強い電磁界のある場所
 ・ヘッド前面のレンズに塵埃、油滴、結露が付着する恐れのある場所
 ・腐食性ガスのある場所
 ・本体に直接振動や衝撃が伝わる場所

2. 配線について
 ・ヘッド・コントローラ間のコードは、高圧線、動力線との接近を避けて配線してください。同一配線あるいは同一ダクトにすると誘導を受け、誤動作あるいは破損の原因になることがあります。
 ・ヘッドの着脱は、必ずコントローラの電源を切った状態で行ってください。
 ・ヘッド・コントローラ間は専用の延長ケーブルで延長できますが、複数の延長ケーブルを連結して使用することはできません。

3. 清掃について
 ・シンナー、ベンジン、アセトン、灯油類は装置の表面を溶かしますので避けてください。
 ・市販のアルコールをご使用ください。
 ・レンズのゴミやホコリは柔らかい布(レンズクリーナーなど)にアルコールを少量含せ、レンズ面に傷がつかないよう丁寧に拭き取ってください。

4. 樹脂硬化について
  樹脂の硬化状態は様々な要因によって変化します。硬化状態を継続的にご確認いただき、最良条件に設定してください。

5. ヘッドの取付けについて
  ヘッドの取付けには必ず付属の取りつけ金具を使用してください。また金具は指定された取付範囲内で使用してください。取りつけ金具は放熱器としての機能を兼ねています。取りつけ金具の使用を誤るとヘッドの温度が高くなり、LEDの寿命が短くなる恐れがあります。