Page top

NSJシリーズ

プログラマブルコントローラ

NSJシリーズ

コントローラと表示器を融合。操作盤の小型化・標準化に貢献し、製造現場のさまざまなムリ・ムダ・ムラを解消します

※ Web特別価格提供品

一般仕様

NSJシリーズ 定格/性能 2

NSJコントローラ本体

形式 仕様
形NSJ12-TS0□-G5D 形NSJ10-TV0□-G5D 形NSJ8-TV01-G5D 形NSJ5-TQ11-G5D
電源電圧 DC24V
許容電源電圧 DC20.4~27.6V(DC24V ±15%)
消費電力 30W以下 TQ1□ : 22W以下
消費電流 コントローラ部 内部5V:500mA以下
DeviceNet部 内部5V:200mA以下
         外部24V:18mA以下
突入電流 *1 DC24V入力時 10A以下(コールドスタート時) 20ms以下
使用周囲温度 *2
(水平からの表示
面角度)
0~50℃(90°~60°)
0~45℃(60°~30°)
禁止(30°~0°)
0~50℃(90°~30°)
0~40℃(30°~0°)
保存周囲温度 -20~+60℃
使用周囲湿度 35~85%RH(0~40℃)
35~60%RH(40~50℃)
結露がないこと
使用周囲雰囲気 腐食性ガスのないこと
絶縁抵抗 電源端子部のDC電源端子一括と機能接地端子間 20MΩ(DC100Vメガにて)
耐電圧 電源端子部のDC電源端子一括と機能接地端子間 DC800V 1分間 漏れ電流10mA以下
耐ノイズ性 IEC61000-4-4に準拠 2kV(電源ライン)
耐振動(動作時) 10~57Hz 振幅0.075mm、 57~150Hz 9.8m/s2 X、Y、Z各方向80分
耐衝撃(動作時) 147m/s2 X、Y、Z各方向3回
外形
寸法
(mm)
*3
拡張ユ
ニットなし
315(W)×241(H)×73.3(D) 232(W)×177(H)×73.3(D) 195(W)×142(H)×79(D)
拡張ユ
ニットあり
315(W)×241(H)×89.3(D) 232(W)×177(H)×89.3(D) 195(W)×142(H)×95(D)
パネルカット寸法 横302 +1,0×縦228 +1,0mm
パネル厚範囲 1.6~4.8mm
横220.5 +0.50,0
×縦165.5 +0.50,0mm
パネル厚範囲 1.6~4.8mm
横184 +0.50,0
×縦131 +0.5,0mm
パネル厚範囲 1.6~4.8mm
接地 D種接地(第3種接地)
質量 2.7kg以下 2.5kg以下 2.0kg以下 1.1kg以下
保護構造 前面操作部:IP65F相当、NEMA4相当(長時間油がかかる場所では、ご使用になれない場合があります。)
UL Type4(NSJ5のみ)
バッテリ寿命 バッテリ寿命5年(25℃)
バッテリ低下(LEDの橙色点灯)から5日以内、SRAM、RTCのバックアップ可能。
バッテリ取り外しから5分以内、スーパーコンデンサによりSRAM、RTCのバックアップ可能。(5分以上電源ON後)
安全規格 cULus、EC指令

*1. 本製品は、突入電流制限回路として、コンデンサ充電型の遅延回路を採用しております。そのため、電源OFF時間が
  短いホットスタート時は、コンデンサが放電されないため、突入電流値が上記値をオーバーする場合(最大で上記値の
  約5倍)があります。
  外部回路のヒューズやブレーカを選定する際は、溶断・検知特性や上記内容をご考慮のうえ、マージンを持った設計
  を行ってください。
*2.

NSJシリーズ 定格/性能 5

NSJ用拡張ユニット

Controller Linkユニット

項目 仕様
形式 形NSJW-CLK21-V1
消費電流 300mA
質量 100g以下

注. その他の一般仕様はNSJコントローラに準じます。

I/Oコントロールユニット

項目 仕様
形式 形NSJW-IC101
消費電流 20mA
質量 100g以下

注. その他の一般仕様はNSJコントローラに準じます。

Ethernetユニット

項目 仕様
形式 形NSJW-ETN21
消費電流 370mA
質量 100g以下

注. その他の一般仕様はNSJコントローラに準じます。

コントローラ部の仕様

項目 仕様
制御方式 ストアードプログラム方式
入出力制御方式 サイクリックスキャン方式と都度処理方式を併用
プログラム言語 ラダーチャート方式
CPU実行処理モード 通常モード、I/Oメモリ非同期アクセス型並列処理モード、I/Oメモリ同期アクセス型並列処理モード、
周辺サービス優先モード
命令語長 1~7ステップ/1命令
命令種類 約400種類(FUN No.は3桁)
命令実
行時間
基本命令 0.04μs~
応用命令 0.06μs~
共通処理時間
(オーバーヘッド)
通常モード時:0.3ms
並列処理モード時:0.3ms
取り付け パネル取りつけ金具を使用
接続できる拡張ユニット 下記のいずれか1つを拡張ユニットとして装着可能
NSJ用I/Oコントロールユニット(形NSJW-IC101)
NSJ用Controller Linkユニット(形NSJW-CLK21-V1)
NSJ用Ethernetユニット(形NSJW-ETN21)
増設ラック(装置)数 NSJ用I/Oコントロールユニット(形NSJW-IC101)を装着することにより、形NSJ□-□□□□(B)-G5Dで
は、CJシリーズ増設装置を最大3台増設可能。
それぞれの増設装置にCJシリーズのI/Oインタフェースユニット(形CJ1W-II101)および電源ユニットが
必要。
接続できるユニット 増設したCJシリーズ増設装置にCJシリーズ基本I/Oユニット、高機能I/Oユニット、CPU高機能ユニットを
合計最大10ユニット装着可能。
システム全体で、形NSJ□-□□□□(B)-G5Dでは、[CJシリーズ増設装置10ユニット×3]の最大30ユ
ニット装着可能。
タスク数 288(サイクル実行タスク:32、割込タスク:256)
割込タスクをサイクル実行タスクと同様に毎サイクル実行可能(追加タスクと呼ぶ)。
これにより、サイクル実行タスクは、実質的に最大288可能。
注1.サイクル実行タスクは、毎サイクル実行されるタスク(TKON/TKOF命令により制御可能)
注2.割込タスクは、次の3種類が可能。電断割込タスク最大1個、定時割込タスク最大2個、外部割込
   タスク最大256個
割込種類 定時割込:コントローラ部内部タイマによる一定時間間隔の割込(*1)
I/O割込:使用不可
電断割込:コントローラ部の電源断時に実行される割込(*2)
外部割込:高機能I/Oユニット、CPU高機能ユニットからの割込
*1.定時割込時間時間間隔1ms~9999ms、または10ms~99990ms(1msまたは10ms単位)
*2.形CJ1W-PD022では使用不可
複数タスクからの
サブルーチン起動
可能(グローバルサブルーチンによる)
ファンクションブロック機能 ファンクションブロック定義内使用可能言語:ラダー言語、ST言語
CIO 
(チャ
ネル
I/O)
エリア
入出力リレー 2560点(160CH):000000~0015915(0000~0159CH)
ただし、ラック先頭チャネル設定を変更すれば(デフォルト値は0000CH)、
0000~0999CHを使用可能。
基本I/Oユニット用リレー
左記用途に使用しな
い場合、内部補助
リレーとして使用可。
データリンク
リレー
3200点(200CH):100000~119915(1000~1199CH)
CPU高機能
ユニットリレー
6400点(400CH):150000~189915(1500~1899CH)
CPU高機能ユニットのステータス情報等を割り付けることができるリレー
(25CH/1ユニット、計16ユニット)
INNERボード
リレー
1600点(100CH):190000~199915(1900~1999CH)
表示部のステータスエリアが割り付けられています。
高機能I/O
ユニットリレー
15360点(960CH):200000~295915(2000~2959CH)
高機能I/Oユニットを割り付けることができるリレー(10CH/1ユニット、
計96ユニット)
DeviceNet
リレー
9600点(600CH):320000~379915(3200~3799CH)
DeviceNetユニット使用時(マスタ機能、固定割付の場合)、
DeviceNetスレーブを割付けることができるリレー
コントローラ部内蔵のDeviceNetマスタ機能でも使用するエリアです。
固定割付エリア1選択時:出力:3200~3263CH 入力:3300~3363CH
固定割付エリア2選択時:出力:3400~3463CH 入力:3500~3563CH
固定割付エリア3選択時:出力:3600~3663CH 入力:3700~3763CH
注.DeviceNetユニットのスレーブ機能を固定割付で使用する場合も、
   以下のエリアがマスタに割り付けられます。
                  マスタ→ スレーブ  スレーブ→ マスタ
   固定割付エリア1選択時: 出力:3370CH    入力:3270CH
   固定割付エリア2選択時: 出力:3570CH    入力:3470CH
   固定割付エリア3選択時: 出力:3770CH    入力:3670CH
内部
補助
リレー
チャネルI/O
(CIO)エリア
4800点(300CH):120000~149915(1200~1499CH)
37504点(2344CH):380000~614315(3800~6143CH)
プログラム上だけで使用できるリレー(外部入出力端子との入・出力は
できません)
Wリレー 8192点(512CH):W00000~W51115(W000~W511)
プログラム上だけで使用できるリレー(外部入出力端子との入・出力は
できません)
注.内部補助リレーは、基本的にこれを優先使用してください。
保持リレー 8192点(512CH):H00000~H51115(H000~H511CH)
プログラム上だけで使用でき、電源断復帰またはモード切替時もON/OFF
状態を保持するリレー
注.H512~H1535CHは、ファンクションブロック専用保持リレーです。
   FBインスタンスエリア(変数の内部割当範囲)にのみ設定することが
   できます。
特殊補助リレー 読出可/書込不可:7168点(448CH):A00000~A44715(A000~A447CH)
読出可/書込可:8192点(512CH):A44800~A95915(A448~A959CH)
特定された機能をもつリレー
一時記憶リレー 16点(TR0~15)
回路の分岐点でのON/OFF状態を一時記憶するリレー
タイマ 4096点:T0000~T4095(カウンタとは別)
カウンタ 4096点:C0000~C4095(タイマとは別)
データメモリ 32Kワード:D00000~D32767 ワード(16点)単位で
読み書きする汎用
データエリア、電源断
復帰またはモード切
替時もON/OFF状態
を保持する
高機能I/Oユニット用DMエリア:
D20000~D29599
(100CH×96号機):
高機能I/Oユニットのシステム設定等に
使用
CPU高機能ユニット用DMエリア:
D30000~D31599
(100CH×16号機):
CPU高機能ユニットのシステム設定等に
使用
拡張データメモリ 形NSJ□-□□□□(B)-G5D:
32Kワード/1バンク×1~最大3バンク:E0_00000~最大E2_32767
ワード(16点)単位で読み書きする汎用データエリア、電源断復帰またはモード切替時もON/OFF状態
を保持する。
バンクに分かれていて、アドレス指定には、1)バンク切替命令により、バンクを切替え、カレントバンク
内のアドレスで指定する方法と 2)バンク番号とアドレスをセットで直接指定する2つの方法がある。
指定バンク番号以降をファイル化することが可能。
インデックスレジスタ IR0~15:レジスタ間接参照のためにI/Oメモリ実効アドレスを格納する専用レジスタ
(タスク毎に独立して使用可能。レジスタは32ビット=2CH)
タスクごとに独立/タスク間で共通を選択可能
タスクフラグ 32点(TK0000~0031):
サイクル実行タスクが実行状態のときON、未実行状態または待機状態のときOFFとなる。
読み出し専用。
トレースメモリ 4000ワード(トレース対象データ:31接点、6チャネル)
ファイルメモリ メモリカード:弊社製メモリカードを使用可能(MS-DOSフォーマット)
EMファイルメモリ:EMをファイルメモリ化して使用可能(MS-DOSフォーマット)
ただし、形NSJ□-□□□□(B)-M3Dは、EMファイルメモリ使用不可。
各種
機能
サイクルタイム
一定化機能
可能(1~32000ms)(1ms単位)
注.並列処理モードの場合、命令実行系サイクルタイムを一定にします。
サイクルタイム
監視時間
監視可能(オーバー時運転停止、監視時間:10~40000ms)(10ms単位)
注.並列処理モードの場合、命令実行系サイクルタイムを監視します。
   なお、周辺処理系サイクルタイムは、2s(固定)を超えるとコントローラ部は運転を停止します。
I/Oリフレッシュ
方式
サイクリックリフレッシュ、都度リフレッシュ、I/Oリフレッシュ(IORF)命令によるリフレッシュ
注.I/Oリフレッシュ(IORF)命令によるリフレッシュは、基本I/Oユニットおよび高機能I/Oユニット割付リ
   レーエリアのリフレッシュを含む。
  CPU高機能ユニット都度I/Oリフレッシュ実行(DLNK)命令によって、CPU高機能ユニットに対する
   サイクリックリフレッシュ(割付リレー/DMエリアのリフレッシュ含む)を実行可能。
高機能ユニット
固有のリフレッ
シュのタイミング
ControllerLinkのデータリンク、DeviceNetリモートI/O通信などの、CPU高機能ユニット固有のリフレッ
シュ機能の実行タイミングは、以下のとおり。
I/Oリフレッシュのタイミング、およびCPU高機能ユニット都度I/Oリフレッシュ実行(DLNK)命令実行時。
運転モード変更
時のI/Oメモリ
保持
可能(特殊補助リレーのI/Oメモリ保持フラグによる)
負荷遮断機能 運転(運転、モニタモード)時、全出力ユニットのOFF(遮断)が可能(プログラムモードでも可)
タイマ/カウンタ
現在値更新方式
BCD方式またはBIN方式(CX-Programmer Ver.3.0以降による)
入力応答時間
設定機能
CJシリーズ基本I/Oユニットの入力時定数を設定可能。
大きくすることで、入力接点のチャタリングやノイズの影響を受けにくくすることが可能、
小さくすることで、短いパルス入力も検知可能
電源ON時の
動作モード指定
動作モード指定可能
フラッシュメモリ
機能
ユーザプログラム、パラメータエリア(PLCシステム設定など)を常時格納(自動バックアップ/リストア)
CX-Programmer Ver.5.0以降からのプロジェクトダウンロード時に、変数テーブルファイル(CX-
Programmerの変数名、I/Oコメントを含む)、コメントファイル(CX-Programmerの行コメント、注釈文)、
プログラムインデックスファイル(CX-Programmerのセクション名、セクションコメント、プログラムコメン
ト)を、フラッシュメモリ内コメントメモリに格納
メモリカード機能
(コントローラ部)
メモリカードからのプログラム他の
電源ON時自動読出(オートブート)
可能
運転中のプログラム差替え 可能
メモリカード保存データ ユーザプログラム:プログラムファイル形式
PLCシステム設定などのパラメータ:データファイル形式
I/Oメモリ:データファイル形式(BIN形式)、TXT形式、CSV形式の
       いずれか
メモリカード読み書き方法 ユーザプログラム上の専用命令、周辺ツール(CX-Programmer/
プロコン)、上位リンクパソコン、特殊補助リレー、
簡易バックアップ操作
ファイル機能
(コントローラ部)
メモリカード内のデータ、および拡張データメモリ(EM)領域をファイルとして扱うことが可能
デバッグ機能 強制セット/リセット、微分モニタ、データトレース(定周期、1サイクル毎、命令実行時)、
プログラムエラー発生時の停止位置格納機能
オンライン
エディット
モニタモードまたはプログラムモード時に、ユーザプログラムを回路単位で書き換え可能
(ブロックプログラム領域は除く)。(CX-Programmerの場合、複数回路を一括で書き換え可能
プログラム
プロテクト機能
書き替え防止:ディップスイッチ、または周辺ツールからのパスワードにより設定
読出し(コピー)防止:周辺ツール(CX-Programmer)からパスワードを設定
故障診断機能 ユーザ定義故障診断可能(運転停止異常、運転継続異常をユーザが定義可能)
1回路時間診断・1回路論理診断が可能(FPD命令)
注.FAL/FALS命令による指定異常状態を発生させることが可能
異常履歴機能 最大20個の異常履歴を記憶可能(故障コード、故障内容、発生時刻)
注.FAL命令実行時の異常履歴格納の有無を指定可能
時計機能 標準搭載
精度:周囲温度:25℃
    月差:-1.5分~+1.5分
注1.精度は温度条件により変化します。
注2.電源ON時の時刻、異常発生時の時刻を記憶可能
電断検知時間 2ms
電断検知延長時間 0ms固定
停電保持機能 保持領域:保持リレー、データメモリ、拡張データメモリ、カウンタフラグ・現在値
注.特殊補助リレーのI/Oメモリ保持フラグをONとし、かつPLCシステム設定の電源ON時I/Oメモリ保持
   フラグ保持を保持設定にすると、CIOエリア、内部補助リレーW、特殊補助リレーの一部、タイマ
   フラグ・現在値、インデックスレジスタ、データレジスタを保持。
上位リンク接続
のコンピュータへ
の手上げ機能
上位リンクで接続されたコンピュータに対して、コントローラ部側がネットワーク通信命令により、
必要時にFINSコマンドを発行することが可能
リモートプログラ
ミング/モニタ
リング
上位リンク経由Controller Linkまたはイーサネットネットワーク上のNSJコントローラ、PLCのリモート
プログラミング/モニタリングが可能。
8階層通信 上位リンク経由、ネットワーク(Controller Linkまたはイーサネット)間のリモートプログラミング/モニタ
リングが最大8階層超えまで可能(異種ネットワーク間でも可)。
コントローラ部内
へのコメント記憶
メモリカード(コントローラ部)、EMファイルメモリ、またはコメントメモリ(*)にI/Oコメントを変数
テーブルファイルとして、記憶可能
*CX-ProgrammerVer.5.0以降のみ
プログラム
チェック機能
運転開始時に、END命令なしや命令異常などのプログラムチェックを常に行います。
またCX-Programmerでのプログラムチェックが可能。
制御出力信号 運転中出力:コントローラ部が運転中であれば、内部リレーの接点が閉
(電源ユニット形CJ1W-PA205Rのみ可)
電池寿命 25℃で5年間(ただし、使用周囲温度や通電状態により最短1.1年)(バッテリセット:形CJ1W-BAT01
※交換用バッテリは製造後2年以内のものをご使用ください)
自己診断機能 コントローラ部異常(ウォッチドグタイマ)、I/Oバス異常、メモリ異常、電池異常
その他の機能 電源断発生回数の記憶(特殊補助リレーA514CHに格納されます)

表示部の仕様

形式 内蔵ポート 表示部
USB
ポート
(SLAVE:
ツール
用)
RS-232C
ポート
DeviceNet
ポート
Ethernet
ポート
USB
ポート
(ホスト:
プリン
タ用)
表示色 視野角 言語 標準
画面
データ
容量
形NSJ5-TQ11-G5D 1ポート 3ポート
表示部:
シリアル
ポートA、B
コントローラ部:
シリアル
ポートC
1ポート 10/100
Base-T
なし 256色
(BMP/
JPEG
画像
部分は
32768色)
左右±80°、
上80°、 下60°
*1
8言語
*2
60MB
形NSJ5-TQ11B-G5D
形NSJ8-TV01-G5D 10/100
Base-T
1ポート 左右±80°、
上80°、 下60°
*1
形NSJ8-TV01B-G5D
形NSJ10-TV01-G5D 10/100
Base-T
左右±70°、
上65°、 下65°
*1
形NSJ10-TV01B-G5D
形NSJ12-TS01-G5D 10/100
Base-T
左右±80°、
上80°、 下80°
*1
形NSJ12-TS01B-G5D

*1. NSJ5はLotNo.15Z10以降、NSJ8はLotNo.28X11以降、NSJ10はLotNo.11Y11以降、NSJ12はLotNo.14Z11以降から
  対応。
*2. 日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、フランス語

通信部の仕様

DeviceNet部通信仕様

項目 仕様
通信プロトコル DeviceNet準拠
DeviceNetマスタ/スレーブ マスタ機能、またはスレーブ機能
接続形態 *1 マルチドロップ方式、T分岐方式の組み合わせが可能(幹線および支線に対して)
終端抵抗 SW4(TER)にて、終端抵抗 あり/なしの切替が可能
終端抵抗ありのとき、TER LEDが点灯
通信速度 500k/250k/125kビット/s(ディップスイッチによる切り替え)
通信距離 通信速度 ネットワーク最大長 支線長 総支線長
500kビット/s 100m以下 6m以下 39m以下
250kビット/s 250m以下 *2 6m以下 78 m以下
125kビット/s 500m以下 *2 6m以下 156m以下
最大接続スレーブ数 63ノード
誤り制御 CRCエラー、ノードアドレス重複チェック、スキャンリストの照合
ケーブル 5線(信号系2本、電源系2本、シールド1本)

*1. 幹線の両端に終端抵抗が必要です。
*2. 太いケーブルを使用した場合の距離です。細いケーブルを使用した場合は、100m以下にしてください。

Controller Link(ワイヤタイプ)通信仕様

項目 仕様
通信方式 N:Nトークンバス方式
符号方式 マンチェスター符号
変調方式 ベースバンド符号
同期方式 フラグ同期(HDLCフレーム準拠)
誤り制御 マンチェスタ符号チェック
CRCチェック(CCITT X16+X12+X5+1)
伝送路形式 マルチドロップ方式(バス型)
伝送速度と最大伝送距離 伝送速度の設定によって、最大伝送距離は以下のようになります。
  2Mビット/s時 : 500m
  1Mビット/s時 : 800m
  500kビット/s時 : 1km
伝送路 指定シールド付きツイストペア線(信号線2本、シールド線1本)
ノードへの接続方法 NSJ用Controller Linkユニット:専用コネクタ(付属品)による接続
PLC:端子台に接続
パソコン:専用コネクタ(付属品)による接続
最大ノード数 32台、または62台(注1)
通信機能 データリンク機能、メッセージサービス機能
データリンクチャネル数 1ノード当たりの送信エリア:最大1000CH
1ノードに作成できる(送受信)データリンクエリア
 NSJコントローラ:最大20000CH
 CS、CJ:最大20000CH(ユニットVer.1.2以降の場合)
      最大12000CH(ユニットバージョン表記なしの場合)
 SYSMACα、CVM1/CV、CQM1H:最大8000CH
 パソコン:最大32000CH、または62000CH(注2)
データリンクエリア リレー(入出力リレー、内部補助リレー、リンクリレー)、データメモリ(DM)、拡張データメモリ(EM)
メッセージ長 最大2012バイト(ヘッダ部含む)
RAS機能 管理局バックアップ機能
自己診断機能(立上げ時のハードウェアチェック)
ノード間テスト、一斉同報テスト(FINSコマンドによる)
ウォッチドッグタイマ
異常履歴機能

注1. 33ノード以上のネットワークを構築する場合は、必ず以下のController Linkユニット/ボードを使用し、かつ全ノードのDMパラメータエリアソフトスイッチで
   「ワイヤタイプ62ノード設定フラグ」をON(最大62ノード)に設定してください。
   ・形CS1W-CLK23
   ・形CJ1W-CLK23
   ・形3G8F7-CLK23
   ・形NSJW-CLK21-V1
   また、33ノード以上のネットワークを構築する場合は、別途リピータユニット(形CS1W-RPT01)が必要です。
注2. 最大62ノード構成の場合
   その他の仕様については、「Controller Linkユニットユーザーズマニュアル」を参照してください。

Ethernet(拡張ユニット)通信仕様

項目 仕様
タイプ 100BASE-TX(10BASE-Tとして使用可能)
媒体アクセス方式 CSMA/CD
変調方式 ベースバンド
伝送路形式 スター型
伝送速度 100Mビット/s(100BASE-TX) 10Mビット/s(10BASE-T)
伝送媒体 ツイストペアケーブル(非シールド:UTP):
カテゴリ5、5e
ツイストペアケーブル(シールド付き:STP):
カテゴリ5、5eで100Ωのもの
ツイストペアケーブル(非シールド:UTP):
カテゴリ3、4、5、5e
ツイストペアケーブル(シールド付き:STP):
カテゴリ3、4、5、5eで100Ωのもの
伝送距離 100m(ハブとノード間の距離)
カスケード接続数 2段 4段
機能 FINS通信サービス
ソケットサービス(UDP/TCP)
FTPサーバ機能
メール送信機能、 メール受信機能
時計自動調整機能

注. その他の仕様については、「Ethernetユニットユーザーズマニュアル基本ネットワーク構築編」、「Ethernetユニットユーザーズマニュアルアプリケーション構築編」を参照してください。

内蔵Ethernetと拡張ユニットとの違い

NSJ内蔵Ethernetポート NSJ Ethernetユニット
他のホスト(PLC)との通信
1751_sp_10_1
Ethernet上にある他のホストとの通信が可能。
例えば、一つのNSJから、簡単に別のNSJまたは、PLCのデータ
表示・設定が可能です。
左記同等機能を搭載
上位パソコンとの接続
1751_sp_10_2
■ツール接続
Ethernetを使用してCX-One(CX-Programmer、CX-Designerなど)が
使用可能。
上位パソコンから画面データやラダープログラムを転送できます。
■表示部メモリカードへのアクセス
Ethernetを使用して上位パソコンから専用ツールまたは、FTP
で表示部メモリカードにアクセス可能。
例えば、表示部のレシピデータやアラーム、データログのファ
イルを上位パソコンから取り出せます。
■上位アプリケーションからホストへのアクセス
上位のパソコンからFINS通信によるNSJのコントローラ部への
アクセス可能。
例えば、上位のパソコンのアプリケーションからNSJのデータ
メモリ(DM)の読み出し・書き込みができます。(UDPのみ)
左記同等機能を搭載
さらに
・コントローラ側のメモリカード
 にアクセス可能
・SNTP機能による時計合わせ
 機能
・TCP/IPにも対応
 (表示部のメモリカードアクセ
 スは不可)
メールの送受信 ―― メールの送受信が可能
ラダープログラムによる
通信
―― ・CMND命令によるソケット通信
 が可能
・SEND/RCV命令