Page top

NSJシリーズ

プログラマブルコントローラ

NSJシリーズ

コントローラと表示器を融合。操作盤の小型化・標準化に貢献し、製造現場のさまざまなムリ・ムダ・ムラを解消します

※ Web特別価格提供品

表示内容や制御規模に合わせて選べるワイドなラインナップ

【品揃え】 最適な制御と表示を選択可能

画面サイズは5.7インチから12.1インチまで、計4タイプをご用意。

NSJシリーズ 特長 4

【NSJ内蔵Ethernetポート】 表示部・制御部双方に簡単アクセス可能

Ethernetユニットを追加しなくてもPLCのデータの読み出し・書き込みがおこなえます。さらに上位のパソコンからPLCのデータの読み出し・書き込み、アラームやレシピデータの転送も可能です。

NSJシリーズ 特長 7

上位パソコンからのアクセスも自在。

●画面データおよびラダープログラムの転送がEthernetを経由して簡単におこなえます。

●上位のアプリケーションからPLCのデータの読み書きも可能。(FINS通信を使用したアプリケーション)

NSJシリーズ 特長 8

他のPLCへのアクセスが自在。

●NSJ(PLC1)の画面からPLC2のデータの表示・設定が簡単におこなえます。

NSJシリーズ 特長 9

【拡張ユニット】 より幅広いアプリケーションに対応

Controller Linkユニット(形NSJW-CLK21-V1)
高速・大容量データリンク

PLCのデータリンク機能が使用でき、コントローラ間における高速・大容量のデータリンクが可能になります。

NSJシリーズ 特長 13

I/Oコントロールユニット(形NSJW-IC101)
高機能ユニット簡単増設

NSJシリーズにモーションなどの高機能ユニットを装着したい場合に使用し、高い拡張性を発揮します。

NSJシリーズ 特長 16

Ethernetユニット(形NSJW-ETN21)
Ethernetの多彩な機能フル活用

NSJ内蔵Ethernetポートでは使用できないCMND命令による通信実行やメールの送受信などの使用ができ、上位パソコンとの拡張性も高まります。

NSJシリーズ 特長 19

※ NSJ内蔵EthernetポートとEthernetユニットの詳しい機能については、カタログを参照。

高まる操作盤の標準化ニーズへの対応

NSJシリーズ 特長 22

操作盤の標準化により

世界中のどの工場、どの工程、どの装置の操作盤においても同じ使い勝手を提供し、設計・導入・メンテナンスのムダ・ムラがなくなります。

1. 同じ操作性を提供することで、誤操作を防止。
  オペレータの変更による一時的な作業効率の低下も軽減します。

2. 装置ごとの操作マニュアルの作成が不要。導入時の初期教育コストも削減できます。

3. 標準化により、メンテナンス部材が大幅に削減。万一故障が発生しても操作盤(モジュール)を丸ごと交換でき、
  迅速な復旧が可能です。

4. 標準化により、設計ドキュメントのテンプレート化、画面やラダープログラムのテンプレート化を推進。
  再利用性が増し、設計効率が大幅に向上します。

設計・デバッグ時のムダ・ムラ解消

【一体化ならではの数々のメリットを提供】

USBケーブル1本で、設計もデバッグも簡単

市販のUSBケーブルで、高速かつ簡単に画面データやラダープログラムの転送が可能。
また、画面データやラダープログラムを転送するのにケーブルをつなぎ替える必要がありません。

NSJシリーズ 特長 33

これまでのソフト資産をそのまま活用

画面データおよびラダープログラムは、既存のNSシリーズやCS/CJシリーズのプログラムをそのまま活用できます。

NSJシリーズ 特長 36

電源を入れるだけで使え、初期設定も一切不要

コントローラとタッチパネルとの配線や通信などの初期設定は不要。
電源を入れるだけで起動し、標準搭載のDeviceNetマスタも工場出荷時に設定済みです。

NSJシリーズ 特長 39

【ツールはFA統合ツールパッケージ「CX-One」をご用意。】

ラダープログラムと画面はこのソフト一本で実機がなくてもデバッグ可能

作画ツールCX-Designerのテスト機能をさらに強化。テスト機能として接続先にCX-Simulatorを選択すると、実機がなくても画面データとラダープログラムのテストが同時におこなえます。

統合シミュレーション

NSJシリーズ 特長 44

設計工数を劇的に削減するSAPライブラリもますます充実

オムロンPLCやコンポーネントにダイレクトにアクセスできる部品(Smart Active Parts)を2000種類以上もご用意。
操作はSAPライブラリから画面に貼り付けるだけで、画面やラダーの作成は一切不要です。

NSJシリーズ 特長 47

メンテナンス時のムダ・ムラ解消

【2つのトラブルシュータを標準搭載】

異常発生時にツールがなくても現場で迅速な対処が可能

装置の立ち上げ、運用時のトラブル解決に役立つPLCトラブルシュータとDeviceNetトラブルシュータを標準搭載。
異常発生時は画面表示に従い、マニュアルなしで異常内容の確認から対処まで迅速におこなえます。

【ラダーモニタを標準搭載】

運転画面から約5秒でPLCのラダーをモニタ可能

PLCの導通モニタ、アドレス/命令検索、多点I/Oなどのラダーモニタがおこなえます。
ユーザ画面からラダーモニタへの画面切り替えはわずか約5秒。また、選択した接点から、同じアドレスを使用した次のシーケンス出力命令を検索することも可能です。

(※ラダーモニタはNSJ8/10/12に標準搭載。NSJ5では使用できません。)

NSJシリーズ 特長 55

【データバックアップ機能を標準搭載】

パソコンがなくても簡単にデータのバックアップが可能

画面データだけでなく、コントローラ側ラダープログラムなどのデータバックアップも画面指示に従って操作するだけです。

NSJシリーズ 特長 59