Page top

D4NS / D4NS-SK

小形セーフティ・ドアスイッチ/スライドキーユニット

D4NS / D4NS-SK

多接点、省工数、微小負荷対応の次世代セーフティ・ドアスイッチ

※ Web特別価格提供品

規格/EC指令

適合EC指令・規格

・機械指令
・低電圧指令
・EN50047
・EN60947-5-1
・EN ISO 14119
・GS-ET-15

認証規格

認証機関 規格 ファイルNo.
TÜV SÜD EN60947-5-1(直接開路動作認証) お問い合わせください
UL *1 UL508、CSA C22.2 No.14 E76675
CQC(CCC) GB/T 14048.5 お問い合わせください
KOSHA *2 EN60947-5-1 お問い合わせください

*1. ULでCSA C22.2 No.14規格の認証をとっています。
*2. 一部形式が認証を受けています。

安全規格認証定格

TÜV(EN60947-5-1)、 CCC(GB/T 14048.5)

使用カテゴリ AC-15 DC-13
定格作動電流(Ie) 3A 0.27A
定格作動電圧(Ue) 240V 250V

注. 短絡保護装置として、IEC60269適合の10Aヒューズ形gIまたは形gGをご使用ください。本体にはこのヒューズは内蔵されていません。

UL/CSA(UL508、 CSA C22.2 No.14)

A300

定格電圧 通電
電流
電流(A) ボルトアンペア(VA)
投入 遮断 投入 遮断
AC120V 10A 60 6 7,200 720
AC240V 30 3

Q300

定格電圧 通電
電流
電流(A) ボルトアンペア(VA)
投入 遮断 投入 遮断
DC125V 2.5A 0.55 0.55 69 69
DC250V 0.27 0.27

性能

インターロックのタイプ タイプ2(EN ISO 14119)
コード化レベル Low level coded(EN ISO 14119)
保護構造 *1 IP67(EN60947-5-1)
耐久性 *2 機械的 <標準タイプ>   100万回以上
<高荷重タイプ> 10万回以上
電気的 <標準タイプ>   50万回以上(AC250V 3A、抵抗負荷)*3
             30万回以上(AC250V 10A、抵抗負荷)
<高荷重タイプ>  10万回以上(AC250V 10A、抵抗負荷)
許容操作速度 0.05~0.5m/s
許容操作頻度 最大30回/min
直接開路動作力 *4 <標準タイプ>   最小60N
<高荷重タイプ> 最小80N
直接開路動作までの動き *4 最小10mm
接触抵抗 25mΩ以下
最小適用負荷 *5 DC5V 1mA 抵抗負荷(N水準 参考値)
定格絶縁電圧(Ui) 300V
定格周波数 50/60Hz
感電保護クラス ClassⅡ(二重絶縁) 1465_sp_5_1
汚染度(使用環境) 汚染度3(EN60947-5-1)
インパルス
耐電圧(Uimp)
(EN60947-5-1)
同極端子間 2.5kV
異極端子間 4kV
各端子と非充電金属部間 6kV
絶縁抵抗 100MΩ以上
接点ギャップ 最小2×2mm
振動 誤動作 10~55Hz 片振幅0.75mm
衝撃 耐久 1,000m/s2以上
誤動作 300m/s2以上
条件付き短絡電流 100A(EN60947-5-1)
定格開放熱電流(Ith) 10A(EN60947-5-1)
使用周囲温度 -30~+70℃(ただし、 氷結しないこと)
使用周囲湿度 95%RH以下
質量 約96g(形D4NS-1CFの場合)

注1. 上記は初期における値です。
  2. スイッチの接点は一般負荷と微小負荷共用ですが、一度負荷を開閉した接点に、さらに容量の小さい負荷を接続して使用することはできません。
   接点表面が荒れて、接触信頼性が損なわれる恐れがあります。
*1. この保護構造は規格(EN60947-5-1)に基づくテスト法によるものであり、実使用環境、使用条件によるシール性は事前にご確認ください。
   スイッチ・ボックス本体については、埃や油水などの侵入から保護されていますが、ヘッド部の操作キー挿入口へは切粉や油水・薬品などがかからない箇所でご使用ください。早期摩耗、破損、故障などの原因となります。
*2. 耐久性の条件は、周囲温度5~35℃、周囲湿度40~70%RHの時のものです。その他の詳細条件はお問い合わせください。
*3. AC250V 3Aを2回路以上通電しないでください。
*4. 安全にご使用いただくために必ず確保をお願いします。
*5. この値は開閉ひん度、環境条件、信頼性水準などにより変わることがあります。事前に実負荷にてご確認願います。