ページ先頭

本文

Smartライブラリ:FBLとは

プログラマブルコントローラ SYSMAC CS/CJシリーズ用のラダープログラムの機能部品ライブラリです。
お客様が作られるプログラムに、オムロン提供の「Smart FB部品」を組み込むことで、各種制御機器とのインターフェースのプログラムが完成します。 それにより、プログラム開発工数の削減、および標準化による品質向上を、同時に実現します。


Smart FBライブラリ
ご留意 ご留意
SmartFBライブラリはCX-Programmer V5以降でご使用になれます。
ご使用中のCX-Programmerのバージョンは、メインメニューの[ヘルプ|バージョン情報]よりご確認いただけます。
SmartライブラリのダウンロードはCX-Programmer V5以降のユーザ登録をされている会員様向けのサービスです。
特長
例えば温度調節器の場合  Smart FB ライブラリを使えば
従来
温度調節器の場合、SPの設定、PVの読出し、RUN/STOPなどの各種パラメータを読み書きするには、CPUユニットへの割付アドレスを常に意識しながら、ラダープログラミングする必要がありました。。
従来のSmart FB ライブラリ
今回
温度調節器のSP設定、PVの読出し、RUN/STOPなどの各種パラメータを読み書きなどを各々のSmart部品として提供します。お客さまは、ラダープログラム上にこのSmart部品を貼って、温度調節器ユニット番号やチャンネル番号などを入力するだけで、希望の機能を簡単に実現できます。
(例)温度調節器のSPを書き込む
ファンクションブロック
今回のSmart FB ライブラリ
*CS/CJシリーズ ユニットVer.3.0以降を使用してください。
シリアル通信/DeviceNetなどでPLCラダープログラムから、オムロン製コンポーネントを、簡単に制御できます。
シリアル通信の場合
(例)簡単に、PLCで、オムロン製コンポーネントとデータ交換が可能
シリアル通信の場合
フィールドネットワークDeviceNetの場合
(例)簡単に、PLCで、DeviceNetスレープとデータ交換が可能
フィールドネットワークDeviceNetの場合
■おもなSmart FBライブラリ
種類 対象機器 FBライブラリファイル数
(04年7月現在)
コンポーネント 温度調節器、スマートセンサ、IDセンサ、視覚センサ、二次元バーコードリーダ 約200部品
PLC CPUユニット、メモリカード、高機能ユニット(Ethernet、Controller Link、DeviceNetユニット、温度調節ユニット)
メカトロ 位置制御、インバータ、サーボモータドライバ