NEW2023年12月発売

耐環境型リモートターミナル NXR-ILM08C-ECT生産設備の立ち上げ・
保守のムダを大幅削減

耐環境型リモートターミナルに、
EtherCAT対応IO-Linkマスタユニットをシリーズ追加

耐環境型リモートターミナル NXR-ILM08C-ECT(2023年12月発売)

耐環境型リモートターミナルの特長

IP67対応で、制御盤レス化を実現

情報化と省配線を両立
IP67対応で、制御盤レス化を実現
IP67対応で、制御盤レス化を実現

情報化と省配線を両立

IO-Link I/Oハブとの組み合わせにより省配線システムが構築可能。情報化と省配線を両立できます。

情報化と省配線を両立 情報化と省配線を両立

生産設備の立ち上げ・
保守のムダを大幅削減し、
安定稼働に貢献

生産現場の各作業工程におけるリモートターミナルに関係するムダな作業や非効率作業を徹底的に分析し、設備の立ち上げ・保守の工数の削減、および安定稼働に貢献する機能を搭載しております。

生産設備の立ち上げ・保守のムダを大幅削減し、安定稼働に貢献 生産設備の立ち上げ・保守のムダを大幅削減し、安定稼働に貢献

設定・立ち上げ工数を大幅削減

ソフト設計者の工数削減

現場作業者が、あらかじめセットされた設定パターンにロータリスイッチを合わせるだけで、IO-Linkマスタユニットのポート設定ができるので、設定工数やソフト設計者の工数を減らすことができます。

従来

形NXR-ILM08C-ECT

ポートごとにツールで設定
ツール内でポートごとにIO-Link/デジタル入力/デジタル出力を個別設定

I/Oポート一括設定
あらかじめポートごとの設定がパターン化されており、スイッチを合わせるだけで、ポート設定が完了します。

ソフト設計者の工数削減
ソフト設計者の工数削減

Sysmac Studioの簡単設定で人為的ミス削減

Sysmac Studioの画面から、接続している実IO-Linkデバイス機器を一括で照合・取得することが可能です。さらに、設定したデバイスのプロセスデータ構造やデバイス変数を自動生成し、面倒なプログラミング作業を削減でき、人為的なミスを防ぎながら、設定工数を抑えることができます。

Sysmac Studioの簡単設定で人為的ミス削減 Sysmac Studioの簡単設定で人為的ミス削減

通信品質の見える化で安定稼働

Ethernet通信*1、およびIO-Link通信の通信状態を数値化し、ネットワークの敷設不備を稼働前に確認できます。稼働中においては通信状態の変化を把握でき、突発停止前に設備の点検が可能になります。

[見える化事例]システム全体通信異常回数モニタ

 
ターミナルBの通信異常詳細モニタ

*1. EtherCATは、NJ/NXシリーズCPUユニットまたはNYシリーズ産業用PCでサポートしている機能です。

簡単交換、最短復旧でMTTRを短縮

故障時の交換・設定をツールレスで実行可能

ユニット故障時にソフト設計者が現場に行かなくても、作業者がパソコンを用いず、ロータリスイッチの操作のみで復旧可能です。形NXR-ILM08C-ECTのポート設定は、パソコンでの設定に比べ、復旧までの時間が95%削減*2できます。

従来

形NXR-ILM08C-ECT

スキルを要するソフト設計者が、設定ツールを用いて再設定

スキルがなくても、作業者がスイッチを設定位置に合わせるだけで設定完了

【従来】
【形NXR-ILM08C-ECT】 【形NXR-ILM08C-ECT】

*2. 当社にて条件を設定し算出(2023年11月調べ)