NEW2018年5月発売

高速アナログ入力ユニット
NXシリーズ NX-HAD401/402
アナログ検査をPCレスに

高速アナログ入力ユニット X-HAD

専用計測器・PCで行っていた
高速アナログ検査を
汎用コントローラで実現

自動車業界をはじめとする様々な業界の部品検査工程では、品質追求のため複数のアナログデータをより細かく取得することが求められ、多くの製造現場で、データロガーなどの専用計測器やPCを用いた計測が行われてきました。
製造現場のIoT化にいち早く取り組んできたオムロンは、品質改善に使える同期したアナログデータを、もれなく、きれいに、簡単に取得できる高速アナログ入力ユニットをご提案します。

専用計測器・PCで行っていた高速アナログ検査を汎用コントローラで実現

*1. 2018年1月現在 当社調べ。

いま現場では

生産現場では、品質担保のために設備や製品に関わるアナログデータを取得し活用しています。

アプリケーション例:回転特性検査

ベアリングやモータなどの回転体の特性を検査する
回転特性検査機を汎用コントローラ化

回転体特性検査

従来は、ベアリングやモータなどの回転体の特性を検査するためには、高速にアナログデータが取得できる専用計測器や計測用PCボードが必要でした。しかし、その専用計測器や計測用PCボードによって様々な課題が発生していました。

  • 専用計測器は基本機能以外に自由な設定追加ができない
  • PCはプログラミング時にC言語など専門スキルが必要
  • 専用計測器はブラックボックス化されプログラム変更が困難
  • データを蓄積するデータベース接続のPC設定スキルが必要
● 回転特性検査
回転特性検査

そこでオムロンは、専用計測器や計測用PCボードでしか実現できなかった高速なアナログデータを汎用コントローラで取得することで、このような課題を解決することに貢献します。

オムロンからの提案

簡単に シンプルなシステム構成で導入・
運用・メンテナンスが簡単

  • 汎用コントローラでイニシャルコストを低減
  • PC独自の専門スキルなしでプログラミングが可能
  • 検査項目追加などによるプログラム変更が可能
  • データベース直結コントローラ*1で、PCレスで簡単に製造現場をIoT化
● 回転特性検査
回転特性検査

*1. マシンオートメーションコントローラ NJ/NXシリーズ データベース接続CPUユニット使用時

汎用PLCでアナログ検査を実現するため、オムロンはここにこだわりました!

もれなく 最速5μsの高速データ取得で
微細な変化も見逃さない(高速性)

専用計測器でしか対応できなかったアナログ検査アプリに必要な高速なデータ取得を汎用PLCで実現!最速5μsの高速サンプリングで挙動変化を見逃しません。

もれなく(高速性)

4Ch同時に最速5μsの高速性を実現します

4Ch同時に最速5μsの高速性を実現します

きれいに 全Ch完全絶縁でノイズのない
データの取得が可能(安定性・同期性)

アナログ検査のためには、使える状態のきれいなデータが必要!
全Ch完全絶縁でノイズのないきれいなデータの取得が可能。複数Chでもきれいなデータを取得できます。

きれいに(安定性・同期性)

複数Chでも同期したデータが取得できるから比較分析が可能。同時サンプリングでデータ比較が簡単です。

複数Chでも同期したデータが取得できる

さらにEtherCAT®のタイムスタンプ機能によりユニット間の同期も実現します。

Master clockとSlave clockが完全同期

商品のさらに詳しい情報は