事例番号
ap10004
情報更新

近接センサの交換工数削減

現場の課題

近接センサは検出距離が短いため、設置位置が安定検出領域になるよう適切な距離に調整するには、多くの時間がかかります。また、作業者のスキルによって調整位置がばらつくことがあり、不安定な検出により検出ミスが発生し、設備突発停止の原因にもなっています。

改善の内容

世界最長検出距離(*1)を実現した近接センサ E2E NEXTシリーズなら専用の”e-治具”を使うことで、交換時間を約10秒(*2)に大幅短縮できます。交換はe-治具に交換用のセンサを嵌め込み固定するだけ。微妙な調整が不要なので、作業者のスキルに拠ることなく、誰が交換しても同じ位置に取付け可能です。
*1. 2017年9月現在、当社調べ。* 2. センサ取付け時の距離調整にかかる時間。当社調べ。

  • 近接センサの交換工数削減
  • 近接センサの交換工数削減
近接センサの交換工数削減 近接センサの交換工数削減

改善のポイント

近接センサ E2E NEXTシリーズの検出距離は、従来品の近接センサ E2Eの約2倍。例えば、M12なら検出距離は7mm(*3)で従来のM18と同じです。この⻑距離検出とe-治具を組み合わせることで、既存設備を「約10秒でセンサ交換できる設備」にアップグレードできます。
*3. 2線式の場合。

事例はご参考ですので、「適合性等」については保証いたしかねます。詳細は免責事項をご覧ください。

使用している商品